安心感とインパクト

誰を対象に論じるかはよくわからず書きはじめるが、ご依頼を受け続けることはどういうことか。プロフェショナルの定義としては「写真を生業にしている」、「写真でお金を稼いでいる」、と単に写真とお金を結び受ける傾向にあるけれども写真とお金だけにテーマを絞って言えば、依頼主に「お金を払ってでもこの人に写真を撮ってもらいたい、取材に行ってもらいたい」と思ってもらえる存在であること。さらにはそういう存在であり続けること。

そこに尽きる気がしている。

私は23歳(1996年)で名古屋の広告写真スタジオに入社し、4年間のアシスタントを経て2000年にフォトグラファーに昇格。2007年にチーフフォトグラファーとなり2010年に独立をした。

広告写真スタジオは名古屋でも大きくて実力があり、カリスマ経営者と飛びっきり腕のいいフォトグラファーがいたから、厳しかったけれども運が良かった。

毎日誰よりも早く他の人が来る2時間前にはスタジオに出社し、毎日スタジオが保有する数台の車を洗い、ストロボヘッドのコードなどあらゆる機材を磨き、そしてコーヒーを入れて先輩方が出社するのを待つ。

とはいえ、東京のスタジオで有名フォトグラファーに見出されるためにレンタルスタジオで修行を積むのが当たり前であって、いくら頑張ったとはいえその人たちと比べたら結局はぬくぬくと温室育ちのようだったとも思うけれども、いわゆる下積みするべき時に、しっかりと下積みしておいてよかったと心底思う。

もうあの頃には戻れないからね。

下積みしたから凄いだろ、とか、こうあるべきなんだよ、なんてことが言いたいわけではなくって、あの頃やったことが結果的に自分自身の財産になっているんだなとこの歳(今年48歳)になって思うのね。

アシスタント時代、ただ単に早く出社していたわけではなくって、当時は100%フィルム時代だから納品箱にポジフィルムがファイリングされて入っているわけよ。

大手広告代理店や百貨店の撮影をしていたスタジオだから、写真にはめちゃくちゃ厳しい。先輩たちの写真のクオリティー、マジで半端なかったからね。

そのマジで半端ないクオリティーのポジフィルムを、一人で大きなビュアーで毎日見ていたの。

良い写真を見ているだけで、自分の撮影技術が上がったり写真がうまくなることはないんだけれど、意味のない時間では決してなかったと思うのよね(おネエぽく)。

その後もいろんな経験を積んできたから、ちょっとやそっとのことでは慌てないし、動じないのはあるかもしれない。

そこから生まれる安心感は、依頼する側としてはあるのかもしれないね。

あとはさ、インパクトなのよ。

航空写真家 深澤明 という名前の、インパクトなのよ(再びおネエっぽいけど、現実はそうではない、、、)。

今年はいろいろと展開しないとね。「深澤明」の名前が今まで以上に目に触れるように、仕掛けていこう。

最後まで読んでくれてありがとう。

環境大臣が育休中、誰がそのかわりをするのか、気になる深澤明が長々とブログを書きました。

櫻井くん、、、ごめん

隠れちゃいました、、、櫻井くん。ごめん。A350-900のシルエット的には良いアングルなんですけどね(笑)。しかし、何度も書くけれども、A350XWBは美しい。しつこいようだけれど、美しい。

自動車同様、航空輸送に関しても環境問題への対策は重要なテーマであることは明白です。A350XWBについていえば、炭素繊維複合材を機体の53%に使用し、さらにA350のために新規開発されたロールス・ロイス社製新世代エンジン「Trent XWB」を搭載。機体の軽量化やすぐれた静粛性・快適性に加えて低騒音・低燃費、CO2などの排出量削減(25%削減)といった革新的な技術でもって環境負荷の低減を図っている機体。

単に美しい、だけではないのですな!

そこをしっかり強調しておけば、櫻井くんも許してくれるだろうか。(←根拠ナシw)

個人的にはB767の進化版、つまりB767neo的な存在が出てくれてもよかったのになぁと思うのですよ。

それがB787だという考えもあるでしょうけれども、「B6はちょうどいい。ナナハチではちょっと大きんだよね」という声もよく聞きます。

国内線での運航だと、B767とB787ではそう大きく燃費は変わらないそうです(これも関係者から聞いた話ですが)。要するに運航効率の話ですね。

もちろん、機体やエンジンの性能だけがモノをいう訳ではなく、着陸時にフラップの角度を深くするタイミングをできるだけ遅らせたり、エンジンの回転数を上げずに逆噴射したり、スポットまでのタキシング中にクリティカルエンジンをカットオフしたり、運航側の工夫によって燃料消費量も騒音も、CO2排出量も削減できるわけで。

まあ、写真撮るときには関係ないんですけどね、と言いたいところですが、離陸ショットを狙うときなんかはかなり影響します。

つまり、フルパワーで飛んでない場合が多いですからね。当然離陸滑走距離は延びるし、上昇率も低くなります。

ほら、よく遭遇しますでしょ。なかなかエアボーンしないB737とか!

地球を守り、環境保全を最優先するならば、世界中の空からヒコーキを無くせば良いのですが、いまさらそれは無理なことですからね。車もヒコーキもない世の中なんて、考えられないですもんね。

あ、櫻井くん、ホントごめん。櫻井くんに謝っていたことも忘れて環境問題なんて語っちゃってた。

今度撮るときにはしっかり5人の顔が見えるアングルでシャッター切るね。

【2019.5.27】超望遠の出番

JALのデカール機は機体胴体の主翼後方にデザインされている場合が多く、そこを見せようとするとどうしても後追い気味になる。

トリッピーからニャッキーまでしっかり捉えたいとするならば、 ロクヨンに1.4倍テレコンを使用して青空バックでこのように狙うのもありだね。

ただし、光の当たり方と撮影したアングルによっては機体下部へ向けてシャドウ部がグラデーションで濃くなっていき、キャラクターの足元の色もそれに従って色が濁ってくる。

それにしても、適度に風があり青空だし。気持ちのいい朝だった。

冬しか超望遠は厳しいかなと思っていたが、距離が近いこともあってRWY34Rからの離陸機を城南島海浜公園から狙うと綺麗に撮れた。

【2019.5.2】半逆光もしくは逆光ぎみの意味

B737-800ではあったが、飛んでいるヒコーキの存在感は抜群。

常にカメラを手に機窓を眺めている。寝不足だから、寝ればいいのにね。

機内Wi-Fi完備のエアラインではなかったから、目をこらして見るしかない。

この角度ですれ違うとあっという間なのは、上空でヒコーキをすれ違ったご経験がある方はよくお分かりと思う。まさに、あ!!という間だ。

よくCMなどで見る空飛ぶヒコーキの映像が、実写であれCGであれ、半逆光もしくは逆光ぎみで捉えているものが多いのをご存知だろうか。

https://www.youtube.com/watch?v=fnaZq_8BRGs
ANAウィーン線の就航CMのラストの飛行シーン

ANA A380 FLYING HONU の地上シーン
JAL HAWAII の長谷川潤とヒコーキの飛行シーン 

例えばね、人物を撮影するとき、雰囲気を重視するとき。ライティングできる状況にしろ、自然光で捉えるにしろ、逆光もしくは半逆光気味に撮ることは常に考えているし、やろうとすることなのね。

私はド順光写真は「どエロ写真」と言われて育った。

上の長谷川潤のシーンも、どれ一つとして順光側から光を当てていないように見えるのは、そこに注目するとよくわかるだろう。

ヒコーキも、そう。女性を撮るときと同じように光を扱うと、雰囲気が出せるということ。

【2019.4.29】超絶迫力アングルかも?!

JALの777-200の何気ないテイクオフシーン。その背後を走る工事車両(ダンプカー)に注目してみた。

このダンプカーの運転手は、ここを通る度に超絶迫力アングルでテークオフシーンを目の当たりにしているのかも?!と思ったら、気になって仕方ない。

もちろん、運転手の方は仕事に集中されているだろうから、いちいち「すんごい迫力だ!」と思っておられるとは限らないのだが。

このダンプカーの助手席に乗ってカメラを構えたら、、、なんて。

なかなか滑走路横まではいけないので、少しだけそんな妄想をしてしまった。