去りゆくものが尊いのか

こだわりとしては「超望遠で」とテーマに決めて撮っていた先日。朝の羽田から成田へ移動してBランの着陸機を狙っていた。

おお、来たね、R2-D2。

レンズを80-400mmに変えた。

そのまま超望遠(ロクヨンにテレコン付けて、840mmとか1200mmとか)でもいいのかもしれないけれど、どこか寂しく切なさを感じていたのだろうか。

思い入れはないと思っていても、大事に撮っておこうと思ったんだろうか。

自分のことなのに、言葉にできないなんて、大人じゃないか。

理由は、どうでもいいか。

そうしたらスーパードルフィンもね、きたよ。

そうだったね。成田でもドルフィン撮れるんだったね。

写真的なことを常に考えているんだけれど、単に綺麗な写真だなと思う。

でもそれだけのこの2枚。

ちょっとね、ループに入っちゃったんだよね。

ちょうど1年前に一時SNSを休止したんだけど、春前はこういう気分や状況に落ち入りやすいのか。

それも自分だと、受け入れているけどさ。

綺麗じゃなきゃいけないことはないし、綺麗なだけじゃつまらない。

欲張りで、自分に対するプライドが高いのだろう。

そして、去りゆくものが尊い、という気持ちは比較的うすい。

「終わりか、そうか。」

ところが、唯一といっていいぐらい切ない時があったんだよ、昔に。トライスターが鹿児島から羽田に向かって最後の離陸をしたとき、まるで天国のような撮影環境であったかつての展望デッキからポジフィルムで撮ったんだけれど、泣きながらシャッター切ってた。航空を学ぶ大学生の頃に。

ダイレクトプリントをiPhoneで複写した写真だけれど、その時の写真を貼っておこう。今でもこみ上げてくる思いがあるよ、この写真には。

RWY34の滑走路へ向かう時、管制官へパイロットの方が「ANAのトライスターは今日でラストフライトを迎えます。22年間どうもありがとうございました。」っていったんだ。それをエアバンドで聴いていたボクは、急に涙がこみ上げて来てしまって。その後、どうやってファインダーを覗いてシャッターを切っていたのか。ただ、泣いていたのはよく覚えている。

「22年間本当にお疲れ様でした。」と男性の管制官が応えて、見事に離陸していった。時折雲がかかる微妙な天気だったけれど、日が当たるのを信じて露出も固定して撮った。

右旋回して霧島連山の近くを飛び、宮崎方面へ点になって見えなくなるまで眺めてた。

生まれて初めて9歳の時に乗ったヒコーキがトライスターだった。羽田から函館へ飛んだんだよね。興奮した。あの瞬間から始まったんだろう。

トライスターは、尊く感じたな。

見慣れたのか、それとも。。

ルフトハンザの新塗装。目にする機会は増えたが、見慣れたのだろうか。

それとも、洗練されたイケてるデザインなのか。

この機体を撮ったとき、旧デザインよりこっちの新しい塗装の方がカッコいいと思った。

垂直尾翼からの流れで機体胴体へ同一カラーでペイントされているデザイン自体は、カンタスにも採用されているデザインだから目新しいわけではないけどね。

機体のデザインは黄色をなくしてブランドカラーをプレミアム感を象徴する「ルフトハンザブルー」一色にしたとはいえ、先だってフランクフルトで経由した際に見た空港のカウンターやチケット、LOUNGEへの動線や自動チェックイン機などには「イエロー」が効果的に使われているように見えた。

デザインのリニューアルに関するビジュアルを見ると、上の写真の左から2番目のカウンター前面の板は、「ルフトハンザブルー」に順次変更されていくみたいだし、いまは過渡期。

何でも新しいものの方が見慣れてくるせいか、旧ロゴや旧デザインよりもカッコいいなと思うことの方が多い。

ヒコーキの形状も同じで、確かにB747-400やMD-11Fは好きな機体だけれど、B787やエアバスA350XWBの方が洗練されている感はある。

好みの問題もあるけれど、主翼形状にしろ、ウィングレットにしろ、当然キャビン内にしろ、新しい方がカッコいい。

トヨタのエスティマにしても、最終形が一番カッコいいなとも思うし。

アンティークや古き良きモノを愛する人たちもいるけれども、あくまでも私感としては新しいモノ好きだ。

そこをベースに考えても、強引に話を転換すれば、青木勝さんの写真は色褪せないし、今でもココロにグッとくるものがあった。

あの印象に残る感じは、なんなのだろうか。

さらにヒコーキ写真の奥深さに魅了されたし、あくなき意欲も生まれてきた。

あの日からオートホワイトバランスで撮るのをやめたしね、私。

かつては「一つでも変動要素を少なくしたい」という考えから、オートホワイトバランスは使わず晴天モードで撮っていたのだが、機体の白色にこだわり試行錯誤した結果、NikonのD5になってから「白色を優先する」Auto0というオートホワイトバランスが思いほか優秀で、それを突き詰めていた。

「機体の白にこだわるよりも大事なこと」

に意識がいくようになっていたので再び晴天モードに変えた。

このタイミングで青木勝さんのお話をお聞きしようと思ったのには、きっと大きな意味があったのだろうと思う。

「これで良し」「このスタイルで完成だ」

というのは一生ないだろうと思うほど、写真だけに限らず芸術の世界は奥が深い。

写真への飽きることのない探究と同時に、新しいことへの挑戦もしたい。

誰に批判されようが、皮肉を言われようが構わない。

動画だって撮るし、編集だってする。まだまだ素人のヨチヨチ状態だけれど、コツコツと積み上げていきたい気持ちしかない。

持っている情報やスキルだけでは価値がなく、行動量の多さが価値を生み出す。そんな時代だからこそ、いろいろとやりたいね。

【2019.6.12】梅雨時期の気持ち

梅雨時期って撮影側の都合からすると、スッキリしない天気だなぁだけれど、時折太陽がヒコーキを明るく照らしてくれたり、曇天感満載だったり、雨が降ったり。

その変化量の大きさを楽しもう、という気持ちになっている。

梅雨の晴れ間は抜けが良いしね。

明日なんか、良いんじゃない?

【2019.6.10】成田の魅力の一つ

それはズバリ、視点を低く狙えるところ。

これはやっぱり成田の最大の魅力だな。

ん?これはどこからって?

1タミの出国後の搭乗ゲート階からのガラス越し。

なんだ!!制限エリア内じゃん。

そう。

でもね、搭乗ゲート階から、こういうアングルで撮れる空港ってなかなかないのよ。

だから、いつも早めにイミグレ通って、ヒコーキ撮りまくっちゃう。

【2019.5.26】成田の夕暮れ

取材終わりに時計を見ると、日没まで40分。撮りたいと思い描くシーンを撮影するには場所の移動が必要だが、若干間に合わないと判断。

成田の夕暮れは16運用時より34運用時の方が写欲を掻き立てられる。

そこは人ぞれぞれ捉え方が違うようで、いろいろな人の意見を聞いているととても参考になる。

いずれもJPG撮影だが、特にこねくり回すこともなく、いたってストレートに。

これからの梅雨時期や夏の、雨上がりの夕暮れ時など、どんな光景を出逢うのか。

嗚呼、毎日が楽しいなぁ。

人知れず悔しい想いもするけれど、ふとした会話で癒されたり。

それも含めて、毎日が楽しいなぁ。

【2019.5.24】天気予報

本日5月24日、ついにANAのFLYING HONU1号機(JA381A)が成田=ホノルル線に就航。2号機のエメラルドグリーン(JA382A)も笑顔で見送ってたかな(笑)。あの目はなかなかかわいいと思う。

2号機は6月中にデビューするそうだ。3号機が冬空の成田に降り立つのが今から楽しみだ。

FLYING HONUに対抗するように2日前の5月22日に「ARASHI HAWAII JET」を国際線にデビューさせたJAL。

嵐ファンの関心を一気にかっさらい、「ARASHI HAWAII JET」を見たい!撮りたい!乗りたい!!ひょっとして嵐デビュー地のハワイで活動休止前に最後のコンサートが行われるのでは?!とハワイに絡んだ話題を一気にかっさらおうとする戦略はなかなか強かだなという印象。

巷では鶴亀合戦などと呼ばれているけれども、こうしたエアライン間の顧客獲得競争はとてもいいことだと思う。企業としては当然、お互い指をくわえて見ているわけにはいかないのだし。

さて、次の関心事はJALのエアバスA350-900XWBの導入かな。ANAのB777Fは、旅客が絡まないからマニアしか関心がないだろうし。

とにかく、2020年に向けてはまだまだ話題豊富なエアライン業界。2020年以降は話題が枯渇しないかその先がやや不安だが。

さて、タイトルと違った時事ネタを書き連ねたが、日々仕事の原稿を書きつつもブログでこれだけ文章を書くのだから撮ることと合わせて書くことが嫌いではないのだろう。

自分のブログなので文字数や内容を気にせず書きたいように書いているから、ある意味肩慣らしというか状態をフラットにする感覚で必要なことなのかもしれない。無意識だけどね。

ところで!皆さんは信頼している天気予報ってあるだろうか。

空港へ行くか行かないか天気予報で決める場合も大いにあると思うが、案外当たらないとたかを括っていると曇ってくるタイミングや降雨の時間まで予報通りで

「最近の天気予報ってすごいね」なんて思ってみたり。

曇り時々晴れと書いてあったのに、実際には下の写真みたいにドピーカンだったり。

ホームグランドの空港なら実際に天気を見て決めてからでも遅くはないけど、遠征となればそうもいかないし。

私も出張で撮影は月に何度もあるから各地の天気予報は当然気になる。一週間後だけどずっと雨予報だなぁとか。

でもね、私の場合はあまり気にしないようにしてるの、実際は。

こればっかりは仕方ないからね。雨でも何でもどんとこい!!とゆったりと構えているわけ。

するとね、不思議なことに雨のタイミングが早まって空抜けのいい青空になってくれたり、そもそも雨自体が吹っ飛んじゃったり。

逆もあるよ。晴れ予報がドン曇りになったり。でも結果的にはドン曇りの方がフラットなやわらかい光になってくれたから写真的には好都合だったり。

結論からいえば、天気に関してはかなり達観している。

なるのようにしかならない。大事なのは、その状況でベストを尽くす。もうね、これだけ。

1年のうちほとんどを撮影しているとね、いちいち天気予報で一喜一憂していると、精神的に持たない。だから、自衛本能なのかもしれない(爆)。

コンビニ各社がウェザーニュースと契約してピンポイントの天気予報情報を有料で買っているけれども、新製品発売日や時間帯、商品の納入個数の決定材料としても相当依存していると聞いた。

もちろん、各航空会社、空港もウェザーニュースの発信する天気予報が頼りにされている。

天気が各分野のビジネスに与える影響は相当大きい。

一喜一憂しないといいながら、私も常々天気予報は見ているしね。

【2019.5.22】光の芯はどこだ

光の芯がどこにあり、どのぐらいの強さなのか。

写真は「光の明暗差が大事」と日頃から口にしているのだが、光の芯の位置と強さがわかっていると、そこを基準点にすることができる。

そこに露出を合わせたときに、それよりも暗い部分がどう写るのか。

頭で自然と考え、捉えていることなので理屈にしようとするとややムズカシイが、逆にいえば光の芯の位置と強ささえ捉えていれば、明暗差を活かして表現幅も広がるということ。

【2019.5.21】VNの色

オートホワイトバランス (白優先) で撮ると青っぽさが浮き出る(正確にはシアン)

VNの色は再現が難しい。光の当たり方によっても変化が大きいけれども、見た目と撮影した写真データとのギャップが大きい。

上の写真はNikon D5で白優先のオートホワイトバランスでJPG撮影したもの。

こんな色ではなかったなぁ。もっと濃い緑色の印象が強いなぁ。

そこで、ベトナム航空のウェブサイトを見てみると、、、

https://www.vietnamairlines.com/jp/ja/plan-book/our-fleets

おそらく写真だと再現性が難しかったんじゃないかな。イラストしかなかった。

その色を参考に「シアン系」の色相を回して見て色を探ってみる。

ウェブサイトのイラストには近くなった。でもね、現場ではもっと濃くて深い緑色を感じるんだよね。

イメージとしてはこのぐらいの印象。

これでもまだゴールではない気がするけれど、なかなか再現するのが難しい。

ウェブサイトでは ↑ の色味なんだけれど

印象は ↑ こっちの方が近い。

これよりは

こっちな気がする。

これね、いま予定があるわけではないのだけれど、もしVNのフライトレポートの仕事が入ったとき。もしくはVNが特集されるとき、印刷される写真データの追い込み方を想定しておかなければと思うのね。

深い青色、深い緑色は印刷領域として難しい部分だが、誤解のない色に仕上げないとと思う。

【2019.5.20】空の青さをそのままに

JAL B787-9 JA871J

空の青さをそのまま活かしたくて、所有しているレンズで1位2位を争う青空が綺麗に写るレンズで撮影をした。もちろん、撮りっぱなしのJPG写真だ。

レンズによって機体の白色、空の色、鶴丸の赤の色など微妙にそれぞれ違う。

色だけでなく、同じ露出設定にしても1/3段から1/2段、レンズによっては2/3段ぐらい違うものもある。

ぞれぞれの特徴を感覚的に理解しておくことも必要だ。

MAS A350-900XWB 9M-MAC

梅雨入り前の五月晴れは光線状態もよく、気持ちのいい写真が撮れる。何もせず撮りっぱなしで十分過ぎる綺麗さだ。

ALK A330-300 4R-ALO

空をやや濃くしたければC-PLフィルターを使用するのもアリだが、ストレートにいこう。