去りゆくものが尊いのか

こだわりとしては「超望遠で」とテーマに決めて撮っていた先日。朝の羽田から成田へ移動してBランの着陸機を狙っていた。

おお、来たね、R2-D2。

レンズを80-400mmに変えた。

そのまま超望遠(ロクヨンにテレコン付けて、840mmとか1200mmとか)でもいいのかもしれないけれど、どこか寂しく切なさを感じていたのだろうか。

思い入れはないと思っていても、大事に撮っておこうと思ったんだろうか。

自分のことなのに、言葉にできないなんて、大人じゃないか。

理由は、どうでもいいか。

そうしたらスーパードルフィンもね、きたよ。

そうだったね。成田でもドルフィン撮れるんだったね。

写真的なことを常に考えているんだけれど、単に綺麗な写真だなと思う。

でもそれだけのこの2枚。

ちょっとね、ループに入っちゃったんだよね。

ちょうど1年前に一時SNSを休止したんだけど、春前はこういう気分や状況に落ち入りやすいのか。

それも自分だと、受け入れているけどさ。

綺麗じゃなきゃいけないことはないし、綺麗なだけじゃつまらない。

欲張りで、自分に対するプライドが高いのだろう。

そして、去りゆくものが尊い、という気持ちは比較的うすい。

「終わりか、そうか。」

ところが、唯一といっていいぐらい切ない時があったんだよ、昔に。トライスターが鹿児島から羽田に向かって最後の離陸をしたとき、まるで天国のような撮影環境であったかつての展望デッキからポジフィルムで撮ったんだけれど、泣きながらシャッター切ってた。航空を学ぶ大学生の頃に。

ダイレクトプリントをiPhoneで複写した写真だけれど、その時の写真を貼っておこう。今でもこみ上げてくる思いがあるよ、この写真には。

RWY34の滑走路へ向かう時、管制官へパイロットの方が「ANAのトライスターは今日でラストフライトを迎えます。22年間どうもありがとうございました。」っていったんだ。それをエアバンドで聴いていたボクは、急に涙がこみ上げて来てしまって。その後、どうやってファインダーを覗いてシャッターを切っていたのか。ただ、泣いていたのはよく覚えている。

「22年間本当にお疲れ様でした。」と男性の管制官が応えて、見事に離陸していった。時折雲がかかる微妙な天気だったけれど、日が当たるのを信じて露出も固定して撮った。

右旋回して霧島連山の近くを飛び、宮崎方面へ点になって見えなくなるまで眺めてた。

生まれて初めて9歳の時に乗ったヒコーキがトライスターだった。羽田から函館へ飛んだんだよね。興奮した。あの瞬間から始まったんだろう。

トライスターは、尊く感じたな。

空の上から

先日、2時間超えのロングフライトにてヘリコプターからの空撮案件を実施してきた。

被写体は地上にあるやや巨大施設ばかりだが、この日は寒く1,500ft付近の外気温は-1℃ほどだった。

撮影ポイント間の移動中や東京ヘリポートへの帰投中、動画や写真を撮って楽しむようにしている。

第三京浜の港北ジャンクション近くにある日産横浜スタジアム。芝が綺麗だね。

敷地も広い。左下の駐車場で警備員のバイトをしたことあるよ。

厚木基地から離陸した軍用機がヘリの上を飛んでいった。軍用機に詳しくないからわからないけれど、4発ジェット機だね。

富士山の近く、とまではいかないけれど、かなり大きく見えるポイントまで飛んでいった。この辺りはさらに空気が冷たかったなぁ。

ちなみに、乗り物の酔い止めは必ず飲む。体調にかかわらず。この日も睡眠バッチリとまではいかなかったけれど、飲んでおくと精神的にも安心だからね。

過去に何度も限界まで気持ち悪くなったこと、あるし。

山岳コースのゴルフ場の上空はいくつか飛んだ。アンジュレーションは上空からはわからないけれど、真ん中のロングホールは比較的真っ直ぐね。フェアウェイの芝が綺麗だ。

1番のサプライズはドクターイエローとの遭遇。なんとなく逢えそうな予感はしていたんだけどね。なんの根拠もなく。面白いね、人生って。

東京ヘリポートへ帰投中、搭乗していたヘリが大きく左へ旋回したので「なんだろう?」と思ったら、このヘリが真っ直ぐ突っ込んできたんだって。

「基本的に自家用ヘリは避けないので」とこちらが事前に回避した理由をパイロットが言っていた。

東京ヘリポートの全景。この後右旋回しつつ帰投した。

ロビンソンR44とR22のどちらかに搭乗することけれど、圧倒的にR44が多い。

ところで、昨年とあるFM番組にゲスト出演して、2週にわたってのリピート放送をネット経由で多くの方に聴いていただいた。

その音声データをYoutubeにアップしたので、興味があったら時間のあるときにでも聴いてみて!

ヘリ空撮やヒコーキ搭乗時の動画と共に構成したよ〜♪

見慣れたのか、それとも。。

ルフトハンザの新塗装。目にする機会は増えたが、見慣れたのだろうか。

それとも、洗練されたイケてるデザインなのか。

この機体を撮ったとき、旧デザインよりこっちの新しい塗装の方がカッコいいと思った。

垂直尾翼からの流れで機体胴体へ同一カラーでペイントされているデザイン自体は、カンタスにも採用されているデザインだから目新しいわけではないけどね。

機体のデザインは黄色をなくしてブランドカラーをプレミアム感を象徴する「ルフトハンザブルー」一色にしたとはいえ、先だってフランクフルトで経由した際に見た空港のカウンターやチケット、LOUNGEへの動線や自動チェックイン機などには「イエロー」が効果的に使われているように見えた。

デザインのリニューアルに関するビジュアルを見ると、上の写真の左から2番目のカウンター前面の板は、「ルフトハンザブルー」に順次変更されていくみたいだし、いまは過渡期。

何でも新しいものの方が見慣れてくるせいか、旧ロゴや旧デザインよりもカッコいいなと思うことの方が多い。

ヒコーキの形状も同じで、確かにB747-400やMD-11Fは好きな機体だけれど、B787やエアバスA350XWBの方が洗練されている感はある。

好みの問題もあるけれど、主翼形状にしろ、ウィングレットにしろ、当然キャビン内にしろ、新しい方がカッコいい。

トヨタのエスティマにしても、最終形が一番カッコいいなとも思うし。

アンティークや古き良きモノを愛する人たちもいるけれども、あくまでも私感としては新しいモノ好きだ。

そこをベースに考えても、強引に話を転換すれば、青木勝さんの写真は色褪せないし、今でもココロにグッとくるものがあった。

あの印象に残る感じは、なんなのだろうか。

さらにヒコーキ写真の奥深さに魅了されたし、あくなき意欲も生まれてきた。

あの日からオートホワイトバランスで撮るのをやめたしね、私。

かつては「一つでも変動要素を少なくしたい」という考えから、オートホワイトバランスは使わず晴天モードで撮っていたのだが、機体の白色にこだわり試行錯誤した結果、NikonのD5になってから「白色を優先する」Auto0というオートホワイトバランスが思いほか優秀で、それを突き詰めていた。

「機体の白にこだわるよりも大事なこと」

に意識がいくようになっていたので再び晴天モードに変えた。

このタイミングで青木勝さんのお話をお聞きしようと思ったのには、きっと大きな意味があったのだろうと思う。

「これで良し」「このスタイルで完成だ」

というのは一生ないだろうと思うほど、写真だけに限らず芸術の世界は奥が深い。

写真への飽きることのない探究と同時に、新しいことへの挑戦もしたい。

誰に批判されようが、皮肉を言われようが構わない。

動画だって撮るし、編集だってする。まだまだ素人のヨチヨチ状態だけれど、コツコツと積み上げていきたい気持ちしかない。

持っている情報やスキルだけでは価値がなく、行動量の多さが価値を生み出す。そんな時代だからこそ、いろいろとやりたいね。

【中日本航空専門学校50周年記念】フォトコンテスト作品募集開始

入学パンフレットの撮影をさせていただいております「中日本航空専門学校(CNA)」が創立50周年を迎えます。

その50周年を記念する事業としてフォトコンテストを開催し、本日2月3日から作品の募集が開始されました。

募集している写真テーマは2つ。

「一般部門 空港や飛行機の写真」は家族旅行や仲間との旅先での飛行機や空港に関する写真などです。

そしてもう1つのテーマはズバリ!「カッコいいヒコーキ写真」です。

ヒコーキ写真をこよなく愛するこのブログを読んでくださっているあなた!力作をお待ちしております。

ウェブでの応募のみですので、簡単お手軽に応募していただけると思います。

そして、このフォトコンの審査員を中日本航空専門学校の安藤校長と共に、

私深澤明が務めさせていただきます。

応募期間は2月3日から5月7日までで、結果は5月下旬以降に「CNA50周年記念ウェブサイト」にて発表されます。

応募規約をよくお読みいただき、奮ってご応募ください。

詳しくは「50周年特設サイト」 Anniversary 50th special web site

内のフォトコンテストページをご覧ください。

なお、入選された方は6月28日(日)に中部国際空港セントレアにて

フォトコンテスト表彰式を行います。

入選者は表彰式当日に実施する「セントレア特別撮影会」にご招待いたします。普段なかなか立ち入ることのできないセントレア内のバルコニーから撮影ができます(予定)。

6月28日(日)といえば、その前日の6月27日(土)は航空写真家深澤明のド本気講座

航空写真家特別対談企画 深澤明×ルーク・オザワ がセントレアで開催されます。

6月最終週の土日は、セントレアが熱いです!!

皆さまのご応募お待ちしております!!!