ド本気講座 伊丹 実践編 11/23 開催決定!-満員御礼-

Nikon D5 600mm
1/250 f8 ISO100
JPG FINE 撮影 伊丹スカイパーク

この講座はおかげさまで
満員御礼となりました
ありがとうございます!!

ついに!
伊丹でも「ド本気講座 実践編」を
11月23日金曜日(勤労感謝の日)に
開催いたします

撮影から現像、プリントまでのノウハウを
一気に解説いたします

撮影は伊丹スカイパークにて10:00から行います

光線状態から考えますと
撮影は午後からが理想ですが
そうしますと講座が夜中までになっちゃいますからね

午後は13:30から
前回の「ド本気講座」を開催しました
東リ いたみホール 会議室1で行います

撮影してきたデータを取り込み
その場で現像を研究します

そして、その場でエプソンプリンタ SC-PX5VII
を使用してプリントいたします

その日の撮影データではなく

「この写真の現像で悩んでいた」

という過去の撮影データも
是非ご持参ください

それらも含めて、現像をとことん追求しましょう

私にできるアドバイスは
なんでもいたします

基礎編に続いて皆様の
これからのヒコーキ撮影ライフが
より充実されることを祈って
精一杯やらせていただきます

皆様のお申し込み
お待ちしております

「航空写真家深澤明のド本気講座 伊丹 実践編」

の詳細は下記の通りです

講師
航空写真家 深澤 明

開催日
2018年11月23日 金曜日(勤労感謝の日)

時間・場所
10:00~12:15 伊丹スカイパーク北側 「大空の丘」だんだんテラス(石階段)

13:30~18:30 東リ いたみホール(伊丹市立文化会館)会議室1

※雨天決行

募集人数
限定10名

アクセス

伊丹スカイパーク
阪急伊丹駅から 市バス6番乗り場25系統『神津経由大阪国際空港行き』
または22・23系統『岩屋循環』に乗車、「伊丹スカイパーク上須古」下車すぐ

JR伊丹駅から 市バス6番乗り場
22・23系統『岩屋循環』に乗車、「伊丹スカイパーク上須古」下車すぐ

大阪国際空港から 9番乗り場伊丹市営バス25系統『神津・阪急伊丹経由JR伊丹行き』
「伊丹スカイパーク上須古」下車すぐ

所要時間はいずれも約10~20分

http://www.city.itami.lg.jp/skypark/access.html

東リ伊丹ホール

阪急伊丹駅から北へ徒歩約3分
JR伊丹駅より西へ徒歩約8分
http://hccweb1.bai.ne.jp/itamihall/acces/acces.html

住所
兵庫県伊丹市宮ノ前1ー1ー3

受講費 (インク、プリント用紙代込み)
16,000-
(銀行振込みにて事前にお支払い 口座番号はメールにてご連絡)

主催
エースフォトグラファー株式会社

お申し込みはこちらのフォームからお願いいたします

Nikon D5 600mm
1/500 f8 ISO320
JPG FINE 撮影 伊丹スカイパーク

ご不明点やご質問はこちらのメールアドレスまでどうぞ
a-fukazawa@ace-photographer.com

お申し込みお待ちしております!

地味だけれど奥が深い明暗差を意識した写真

Nikon D5 80-400mm (260mm)
1/1000 f8 ISO200 C-PLフィルター
JPG FINE 撮影

地味、というのは
ころがり(タキシング中)など
派手な動きではない意味も込めているが
写真の醍醐味の一つに
明暗差を楽しむことがある

エアライナーの塗装は
基本的に白基調だ

当然のことながら
その白を白に見せるための
露出設定となる

例えば、展望デッキで
同行者などの人物を撮る露出設定と比較すれば
順光でエアライナーを撮ろうとすると
露出をマイナス方向
つまりは暗めに設定しないと
白が飛んでしまいがちだ

Nikon D5 80-400mm (155mm)
1/1000 f8 ISO200 C-PLフィルター
JPG FINE 撮影

ヒコーキ撮影では、晴れるのが望ましいが
雲が多いと、ある種のワクワク感が湧く

それは、太陽の光が照らす部分と
影になった部分
その明暗差を楽しむことができるからだ

C-PLフィルターも使用して
より強調することもあるが
極端に言えば、いかなる撮影時にも
光の明暗差しか念頭にない

そこの明るさが明るいか暗いかではなく
どれだけの差が、その世界の中にあるか

Nikon D5 80-400mm (400mm)
1/1000 f8 ISO100
JPG FINE 撮影

もちろん、主役であるヒコーキに
光が当たっていてほしい

もし当たっていなくても
ファインダーを覗きながら

「当たれ、当たれ」

と念じながらシャッターチャンスを待つ

当然のことながらカメラの露出設定は
光が当たったときイメージ通りに仕上がる
設定にしている

もし光が当たらなかったら
シャッターは切らない

取材や仕事は別ですよ
違う思考回路で撮っておりますので

あくまでも、自主的なヒコーキ撮影時の話です

Nikon D5 80-400mm (175mm)
1/1000 f8 ISO100
JPG FINE 撮影

ハミングバードディパーチャーする機に
光が当たっていなくても
落胆はしない(笑)

狙い方はいくらでもあるものです

たかが順光 されど順光

Nikon D5 80-400mm (80mm)
1/500 f8 ISO200 C-PLフィルター
JPG撮りっぱなし (リサイズ)

「とあるプロから、白を余して撮影する」
と教わりましたが、それに対してどう思われるか

という質問をいただいた

見解としては

白を余して撮る事に、間違いはない

恐らくポジフィルム時代から
白を飛ばさないように余して撮ってこられたであろうし
ややアンダー気味に撮影する方が
「写真が上手い」とも言われていた

Nikon D5 600mm
1/800 f8 ISO100
JPG撮りっぱなし (リサイズ)

今回掲載した写真たちは
サイズの関係でリサイズはしているけれども
あえてJPGの撮りっぱなしだ

私はポジの時代から
いかに白を白く見せるかにこだわって
白が飛ばないギリギリを狙って
露出を設定してきた

それは、デジタルになってからも変わらない

撮りっぱなし写真でも十分使えるものを
撮ることを考えている

と、取り立てて書くことではないけれども

「RAWデータで撮影しているから」
あとから調整できると撮影時にあまり追い込まない

ということも稀に耳にする

人ぞれぞれのやり方だから
自由でいいのだが

WB(ホワイトバランス) も同様だが
白が白く見えるようにというのは
とても大事なことだと思っている

夕暮れ時や月とのショット、夜景など
ドラマティックなシーンにいるヒコーキは
それだけでもカッコいい

そして、そのカッコよさをどう自分なりに捉え
表現するか

そこに作品性や個性が出てくると思う

ただ、あくまでも基本は
誰でも簡単に撮れると思われがちの
順光でのヒコーキをどう撮るのか

それは、日没後のほんのわずかな光をどう捉え
どう表現するのか、に匹敵して余りあるぐらい
重要かつ大事なことのように思えてならない

Nikon D5 80-400mm (400mm)
1/500 f8 ISO200 C-PLフィルター
JPG撮りっぱなし (リサイズ)

白が白く見えること
この AIR DO

ややトーンを調整したくなるが
これでも十分と見れば十分

Nikon D5 80-400mm (320mm)
1/500 f8 ISO200 C-PLフィルター
JPG撮りっぱなし (リサイズ)

Nikon D5 600mm
1/800 f8 ISO160
JPG撮りっぱなし (リサイズ)

この「白を白に感じさせる」ことは
基本中の基本なのかもしれない

そこを意識しているかいないかで
写真の仕上がりに大きな差が出てくる気がする

たかが順光 されど順光

ヒコーキ写真と向き合えば向き合うほど
その奥深さを痛感する

ド本気講座 基礎編 福岡 10/27 開催決定です!

さて、告知が立て続けですが!

10月27日に福岡にて
ド本気講座 基礎編 を開催いたします

東京、大阪に続いて
初の九州開催です

「是非九州でも開催を!」
と東京会場まで足を運んでくださった
熱心な受講者からの熱いラブコールもあり
この度の実現となりました

デジタルの基礎知識
カメラの設定
撮影時の留意点や狙いどころ
光の捉え方や現像に至るまで

基礎編と言えども中身は濃いなんてものではありません

是非ともこの機会にドップリ
ド本気の世界に浸ってください

後悔はさせません

ド本気講座 福岡 の内容は下記の通りです

「人の心に響く写真の撮り方と仕上げ」
(覚えておくべきデジタル知識はこれだけ)

講師
航空写真家 深澤 明

開催日
2018年10月27日 土曜日

時間
13:00 ~ 18:00

人数
限定20名

会場
天神もしくは中洲のセミナールーム(後日ご連絡いたします)

内容
いい写真とは何か/写真のトーンとは/光はこうして捉える/デジタルで覚えていくべきことはこれだけ!!/JPG撮影ではダメなのか/ワンソースマルチユースの極意 (例.WEB上での綺麗な見せ方)/作品レベルにまで昇華させよう/など
                              
受講費
10,000-
(銀行振り込みにて事前にお支払い 口座番号はメールにてご連絡)

主催
エースフォトグラファー株式会社

お申し込みはこちらのフォームからお願いいたします

PCから
https://www.secure-cloud.jp/sf/1534766245VlbZCAIM

スマホから
https://www.secure-cloud.jp/sf/sp/1534766245VlbZCAIM

お申し込みお待ちいたしております!!

ホワイトバランスを日陰モードにしてみた

Nikon D5 80-400mm (80-400mm)
1/500 f8 ISO640
RAW撮影 DxOPhotoLabで現像

夕暮れ時になると
カメラのWB(ホワイトバランス)を
いままでは「曇天モード」で撮影をしていた

やや色温度を上げることによって
赤みやマゼンタ、オレンジ系の色が
より強調できるからだ

しかしながら、この前の城南島海浜公園での撮影時
目の前に繰り広げられている光景と
カメラのモニターで表示された世界観に
やや乖離があった

自分のイメージからも
やや離れていた

そこで、WBの設定を「日陰モード」にして
撮影をしてみた

すると、何とも言えない色合いになり
撮影へのテンションも静かに上がった

Nikon D5 80-400mm (400mm)
1/500 f8 ISO250
RAW撮影 DxOPhotoLabで現像

JPG+RAWで撮影をしているが
JPGが描き出す写真は
(もちろん、JPG撮影時の設定も大事だが)
露出やWBをしっかり追い込んで
撮りっぱなしでも十分であるべき

そう常に意識している

JPG写真を念のため

これは早い者勝ちです!ド本気講座 実践編 東京10/13 開催決定!

お待たせいたしました!!

ド本気講座では口頭で告知しておりましたが
ついに、撮影から現像、そしてプリントまでの

一連のワークフローを徹底解説いたします

当日撮影した写真データや過去に撮影した写真データを
ご持参いただき、講座会場でライブ現像いたします

「現像をどこまで追い込んだらいいかわからない」

「何が正解なのか」

と、現像におけるフィニッシュにお悩みの方が多いと思います

お任せください!!

この「ド本気講座 実践編」を受講すれば
必ずそのお悩み、解決できます

また、現像した結果とプリントの
マッチングが上手く行かない

そんな悩みにもメスが入ります!

しかも、その当日朝から昼前までは
皆様と同じ場所で深澤明も撮影いたします

撮影時のお悩みもなんでもぶつけてください

実践編は即座に身につくノウハウの塊です

別に、私のノウハウを売りたい訳ではありません

写真が上手くなりたい
今の世界観を飛び越えていきたい
思い通りの写真を撮りたい

そういった向上心をお持ちの皆様の
お役に立ちたいだけです

「ド本気講座」の基礎編で学ばれたことを
より確固たる実力にする機会にも最適ですし

この実践編を受講されてからの基礎編も
おそらくスポンジに水が染み込むがごとく
知識として吸収されることと思います

この講座を開催する旨をお話したところ
多くの方が受講を希望されておりましたので
正直早い者勝ちになると思います

どうぞご興味がある方は
お早めのお申し込みをオススメいたします!!

なお、講座で出力したプリントは
すべてお持ち帰りしていただけます

「ド本気講座 実践編」
必ず身につく撮影から現像、プリントまでのワークフロー

講師
航空写真家 深澤 明

開催日
2018年10月13日 土曜日

時間と場所

撮影の部
羽田空港第1ターミナル 展望デッキに集合
(9:00~11:00)

現像からプリントの部
the SOHO 1階  (パティオ 右奥の部屋)
(13:00~18:30)

人数
限定10名

現像とプリント会場
the SOHO 1階  (パティオ 右奥の部屋)

アクセス
ゆりかもめ 「テレコムセンター」駅 徒歩5分   
「船の科学館」駅 徒歩5分
http://www.the-soho.com/access.html

住所
東京都江東区青海2丁目7-4

受講料
プリントインク代、プリント用紙代含む
16,000-

主催
エースフォトグラファー株式会社

お申し込みはこちらのフォームからお願いいたします

PC用
https://www.secure-cloud.jp/sf/1534121454kaIJLXBe

スマホ用
https://www.secure-cloud.jp/sf/sp/1534121454kaIJLXBe

お申し込みお待ちいたしております!!

「ド本気バイブル」発売決定!

ド本気講座にご参加いただいた皆様から

「復習のために講座をビデオ撮影して販売してほしい」

「予習・復習できるテキストブックがほしい」

という声を頂戴しておりました

ビデオ撮影して有料配信する予定はいまのところございませんが
オンディマンド印刷にて「ド本気バイブル」を発売することに
いたしました

講座で触れたデジタルの基礎
撮影時の設定や光の捉え方

また、現像からプリントに至るまでのワークフローを
完全網羅しています

オンディマンド印刷なので
やや高価に思われるかもしれませんが
それこそこの一冊があれば
ヒコーキの撮影からデータハンドリング
ウェブやプリントへの出力まで
手に取るように理解できると思います

今後、ド本気講座へ出席される場合の予習に
そして受講された際の復習に
是非ともご活用くださいませ

豊富な写真と共に
ワークフローに沿った適切な解説

是非ともお手元に一冊!!

また、今後は東京、大阪に限らず
「ド本気講座」をいろいろなところで開催予定ですので
ご期待ください!!

「ド本気バイブル vol.1」

内容

・カメラの設定
・レンズ選択
・構図の考え方
・光の捉え方
・適正露出とは
・ヒコーキ撮影における狙いどころ
・RAW撮影かJPG撮影か
・現像の極意
・これだけを覚えておけばいいデジタルの基礎
・ワンソース・マルチユースの考え方
・作品へ昇華させるということ
・SNSやブログへアップロードする
・プリントのやり方
・深澤明作品集

A4版全32ページ カラー
(発行元 : エースフォトグラファー株式会社)

定価 送料込み 5,000-

ただし、8月31日までにご注文ご入金いただける場合は
ヒコーキ撮影応援キャンペーンといたしまして

送料込み 4,200-

でご提供いたします

「ド本気バイブル」の発送予定日は
9月15日です

このチャンスをお見逃しなく

なお、「ド本気バイブル」は
今後の「ド本気講座」でも販売をいたします

「ド本気講座」の会場では
4,500-にて販売いたします

送料込みですので、8月中のご注文、ご入金が
断然お得ですね!

お申し込みはこちらのフォームからお願いいたします

パソコンから
https://www.secure-cloud.jp/sf/1538697648cySDedRE

スマホから
https://www.secure-cloud.jp/sf/sp/1538697648cySDedRE

ご質問やお問い合わせはこちらのメールアドレスまで
a-fukazawa@ace-photographer.com

それではよろしくお願いいたします