感傷的にはならないけれど

皆様こんにちは!航空写真家の深澤明です。

ANAの国内線用787のロゴ機は、このJA818Aがラスト1機となりました。先日京浜島からその勇姿を撮影できました。

とはいえ、通常塗装の787-9が一番バランスが良くカッコいいと思っているということもあり、787-8も早くすべてが通常塗装にならないかな、ぐらいなので実はそれほど感傷的な気分にはなっていないです。

でもね、これが青空バックで綺麗に撮れたのは素直に嬉しいとは思います。

JA817Aは通常塗装になってピッカピカだった。この前伊丹で撮影した際にも感じたが、ANAの787がだいぶ戻ってきていますね。

ところで、先日とある取材で航空系の学部がある大学の座学に潜入して撮影したのですが、教授が学生にターボファンエンジンの話をしていて、口頭レベルだけれど次々に学生に質問していたのです。

「現代のターボファンエンジンのアスペクト比って大体どのくらい?」

「ギヤードターボファンエンジンってなあに?」

その中で、「ANAの787に装着されているトレント1000って、何軸構造だかわかる?」というのがありました。

もちろん、詳しい人は即答でしょうけれど!。

【2019.6.19】明暗差を楽しむ

Nikon D5 AF-S NIKKOR 80-400mm f/4.5-5.6G ED VR (80mm)
1/160 f9 ISO100 WB Auto0 C-PL Filter
JPGFINE

雲が多くて視程が良いとき。これは最高にワクワクする状況だ。

明るいか、暗いか。ではなく、明暗差がどれだけあるか。

通常の撮影も、そこしか考えていない。

【2019.6.17】撮りっぱなしJPG

Nikon D5 AF-S NIKKOR 80-400mm f/4.5-5.6G ED VR (220mm)
1/1000 f8 ISO200 WB Auto0
JPGFINE

この光ならば色被りもほとんどないので、JPGの撮りっぱなしで十分だね。

ゴミ取りしてリサイズしてマーク入れただけ。

気持ちいいなぁ、こういう撮影。

Nikon D5 AF-S NIKKOR 80-400mm f/4.5-5.6G ED VR (240mm)
1/1000 f8 ISO200 WB Auto0
JPGFINE

【2019.6.3】1日にできること

限りがあるね。時間というのは。1日にできること。たくさんあるけれど、計画通りに進むときもあれば、進まないときもある。バッファを設けておかないと、ギッチギチでは何かが狂ったときにはすべてが崩れてしまう。

ところで、こういう映り込みって、たまらないな。

【2019.5.26】成田の夕暮れ

取材終わりに時計を見ると、日没まで40分。撮りたいと思い描くシーンを撮影するには場所の移動が必要だが、若干間に合わないと判断。

成田の夕暮れは16運用時より34運用時の方が写欲を掻き立てられる。

そこは人ぞれぞれ捉え方が違うようで、いろいろな人の意見を聞いているととても参考になる。

いずれもJPG撮影だが、特にこねくり回すこともなく、いたってストレートに。

これからの梅雨時期や夏の、雨上がりの夕暮れ時など、どんな光景を出逢うのか。

嗚呼、毎日が楽しいなぁ。

人知れず悔しい想いもするけれど、ふとした会話で癒されたり。

それも含めて、毎日が楽しいなぁ。

【2019.5.22】光の芯はどこだ

光の芯がどこにあり、どのぐらいの強さなのか。

写真は「光の明暗差が大事」と日頃から口にしているのだが、光の芯の位置と強さがわかっていると、そこを基準点にすることができる。

そこに露出を合わせたときに、それよりも暗い部分がどう写るのか。

頭で自然と考え、捉えていることなので理屈にしようとするとややムズカシイが、逆にいえば光の芯の位置と強ささえ捉えていれば、明暗差を活かして表現幅も広がるということ。

【2019.5.20】空の青さをそのままに

JAL B787-9 JA871J

空の青さをそのまま活かしたくて、所有しているレンズで1位2位を争う青空が綺麗に写るレンズで撮影をした。もちろん、撮りっぱなしのJPG写真だ。

レンズによって機体の白色、空の色、鶴丸の赤の色など微妙にそれぞれ違う。

色だけでなく、同じ露出設定にしても1/3段から1/2段、レンズによっては2/3段ぐらい違うものもある。

ぞれぞれの特徴を感覚的に理解しておくことも必要だ。

MAS A350-900XWB 9M-MAC

梅雨入り前の五月晴れは光線状態もよく、気持ちのいい写真が撮れる。何もせず撮りっぱなしで十分過ぎる綺麗さだ。

ALK A330-300 4R-ALO

空をやや濃くしたければC-PLフィルターを使用するのもアリだが、ストレートにいこう。

【2019.5.17】エゴコロ

エゴコロって、鍛えることができるのだろうか。

写真にセンスの有無は確実にある。エゴコロもそう。元々兼ね備えているような人って必ずいる。

どのレベルの話をするかを規定しないのは若干危険だが、頑張ればなんとかなるものなのかな。

なんとか、なるといいな。