それでも、良いものは良い

羽田空港での取材を終えて、すぐに事務所へ戻る、、、つもりでしたが少しだけ2タミの展望デッキへ。ヒコーキを撮らずに帰るわけにはいかない(笑)。

どっぷり一日どん曇りかと思ったら、少しだけお日様が顔を出してくれました。嬉しかったなぁ。

実はデッキへ上がって1ショット目がルフトのジャンボだった。夏スケジュールから羽田から飛び立つエアラインが増えることが今からとても楽しみだ。

ところで、「協力者がいなくても、自分一人でもやり抜くんだ!」という強い気持ちで進んでいくと、自然と協力してくれる人が現れてきて、「協力者がいればやろう」と思うと、なかなか協力者が現れない、という話を聞いた。

そうかもしれないね。

つまり、協力者が現れることを「条件」にしてはいけない、というのが真意で、一人ででもやり遂げると全力で取り組んでいると、自然と同じパワーを持ったり、あるいは欠けている部分を補ってくれたりする人、助けてくれる人が現れてお互いが引きつけ合うということみたい。

あとは、誰もやってないことを、誰よりも早く始めることも大事かな。

後発組の方が有利、という事例もあるけれどね。

787と350の関係みたいに。

ま、ここではそれは割愛しておこうかな。

朝、羽田空港の駐車場についた時、目の疲れを強く感じたので2タミのB1Fにあるドラッグストアへ。目薬を探した。

迷わず「サンテ メディカル12」を購入。これはホントに良い。

とある方から紹介されてから、他にも色々な目薬を使ってきたが、「サンテ メディカル12」が一番目の疲れ、充血、ピント機能に効く気がしている。

それでも、良いものは良いね、という話。

フォトグラファーにとって、目は大事ですからね。

カロリーメイトは何年ぶりに食べたかな。覚えてないぐらい前のこと。普段買うこともないけれどいただきまして。今日は貴重な食料となりました。ありがとうございました!

最後に今日の夕暮れの風景を。遠くに短くコントレールをひくヒコーキが。

ガラス越し

皆さまこんにちは!航空写真家の深澤明です。

普段はわざわざガラス越しで撮影はしませんが、空港によってまたは状況によってガラス越しで撮影せざるを得ないこともあります。また、取材時にガラス越しで撮影しなければならないこともしばしばあります。

常に「忍者レフ」はカメラバッグに入っていますが、使ったり使わなかったりです。

この日は夕暮れ時の雨上がりでいい状況でしたので、いろいろと撮っていて楽しめました。

ほぼ真横から夕陽を浴びるこの季節は、日暮れまでいろいろと狙えますね。順光側の2タミへ立ち位置を取るか、逆光側で機体や翼への映り込み狙いなどで1タミへ行くか。どっちも狙いたくなって本当にワクワクいたします。

少しローキーにして、機体の滑り感を出してみたり。やや渋めのトーンで表現してみてもいい感じです。

ちなみに上の写真(JALのB767)は鹿児島空港の搭乗口横のガラスから撮ったテイクオフショットです。白色優先のオートホワイトバランス(Auto0)のJPEG写真ですが、まあまあの発色をしてくれています。

その写真をRAWデータから現像してトーンを整えるとこんな感じ。

このレベルまで持ってくることができれば、仕事でも通用する領域に入ってきます。なので普段からあらゆる状況で撮影して、JPEGデータの状態、RAWデータの現像を経験しておくことが大事なのです。

不思議とその経験が活きる場面が必ずきます。

樹木でいうと、根っこをいっぱい伸ばしている感じでしょうか。揺るぎない大樹となるために。

夕暮れ時の大型機

皆さんこんにちは!航空写真家の深澤明です。

今日は寒かったですね。早朝の羽田の展望デッキは風も強く、ワイヤーフェンスがヒューヒューと音を鳴らしていましたよ。「セントレアかっ!」と思わずツッコミたくなるほどでした。

ところで、先日成田で久しぶりにFLYING HONU2号機に遭遇。1号機は一足先に降りていましたが、2号機は日没直前といった時間帯でした。

この時間帯は色温度を上げて暖色系に仕上げますと、全体の明度が高くなくても視認性がよく見えますね。逆に寒色系に仕上げますと、全体的に暗く重く感じます。

そこで一つ思い出しました。たまに「JPEG撮影したから自然に撮れている」的な趣旨の発言を書かれる方がいらっしゃいますが、「JPEG撮影したからそのままナチュラルに撮れている」というのは勘違いです。

JPEG写真は各カメラメーカーが積み上げてこられた叡知の結晶ではありますが、それがイコール自然な再現、とは言いきれません。

こちらは羽田空港で撮影したルフトハンザの747-8です。この季節は陽も暮れかけた時間帯に離陸していきます。

都会的な背景で渋く重めのイメージで撮ってみたかったので、露出はかなりアンダー目に撮影しました。

「これが私の作品だ!」

と思って撮る反面、例えば新規就航便やデリバリー便が到着する時間帯がもしこの写真のような夕暮れ時ならどう表現しようか。

と実験的にいろいろと試すこともします。

SNSやブログにコンセントレートしているわけではないので、すべてをさらけ出しているわけではありませんが、何かの気づきやきっかけになればと思い、深澤明のアタマのなかとココロのなかは、これからもそっとお見せします。

とはいえ、写真が1番の答え、なんですけどね。