それでも、良いものは良い

羽田空港での取材を終えて、すぐに事務所へ戻る、、、つもりでしたが少しだけ2タミの展望デッキへ。ヒコーキを撮らずに帰るわけにはいかない(笑)。

どっぷり一日どん曇りかと思ったら、少しだけお日様が顔を出してくれました。嬉しかったなぁ。

実はデッキへ上がって1ショット目がルフトのジャンボだった。夏スケジュールから羽田から飛び立つエアラインが増えることが今からとても楽しみだ。

ところで、「協力者がいなくても、自分一人でもやり抜くんだ!」という強い気持ちで進んでいくと、自然と協力してくれる人が現れてきて、「協力者がいればやろう」と思うと、なかなか協力者が現れない、という話を聞いた。

そうかもしれないね。

つまり、協力者が現れることを「条件」にしてはいけない、というのが真意で、一人ででもやり遂げると全力で取り組んでいると、自然と同じパワーを持ったり、あるいは欠けている部分を補ってくれたりする人、助けてくれる人が現れてお互いが引きつけ合うということみたい。

あとは、誰もやってないことを、誰よりも早く始めることも大事かな。

後発組の方が有利、という事例もあるけれどね。

787と350の関係みたいに。

ま、ここではそれは割愛しておこうかな。

朝、羽田空港の駐車場についた時、目の疲れを強く感じたので2タミのB1Fにあるドラッグストアへ。目薬を探した。

迷わず「サンテ メディカル12」を購入。これはホントに良い。

とある方から紹介されてから、他にも色々な目薬を使ってきたが、「サンテ メディカル12」が一番目の疲れ、充血、ピント機能に効く気がしている。

それでも、良いものは良いね、という話。

フォトグラファーにとって、目は大事ですからね。

カロリーメイトは何年ぶりに食べたかな。覚えてないぐらい前のこと。普段買うこともないけれどいただきまして。今日は貴重な食料となりました。ありがとうございました!

最後に今日の夕暮れの風景を。遠くに短くコントレールをひくヒコーキが。

先々の楽しみを創造する

寒いようで寒くない今朝の羽田空港の気温は8℃だったけれども、風が強かったおかげで空気は澄んでいた。時より強く吹く風にレンズを煽られながらも、必死に食らいつく。

紫外線が強いのか、昼ごろに顔がヒリヒリしてきてた。

さて、青木勝さんとの楽しかったド本気講座も終わり、受講された皆さまから「楽しかった」「参加してよかった」という喜びの声を寄せていただき感謝感激です。青木さんとガッツリとヒコーキ写真対談ができて、実は一番喜んでいるのは間違いなくこの私です。しか〜し、まだまだ語り合い足りないので、青木勝さんとの対談はまた企画しますね!

お正月に成田山新勝寺で「勝守り」も手にしたし、2020年はワクワクする年になりそうだ。

人生を充実し、かつ楽しいものにするには先々のワクワクや楽しみを創造することにあると思う。

ほら、よく言うでしょ。子供たちに東京ディズニーリゾートへいく約束をするのは半年前から宣言しておけって。

そうしたら、その日が来るまでの半年間(長いと思えば3ヶ月でもいいかも!)、東京ディズニーリゾートへ行くことへのワクワクを楽しめるから。

旅行などの楽しいことって、その日を待ちわびている時、内心「楽しみすぎる!」と思えることの多いほうが絶対に幸せなんじゃないかなって。

だから、ド本気講座も早々決めていって自分自身でワクワクを創り出しているし、1枚ものの大きなカレンダーに各エアラインの新規就航日や行き先をバンバン書き込んでいるんだけれど、もうそれらを見るだけで楽しくて仕方ないわけ。

一人でニヤニヤしてます。

羽田空港2タミの国際線用ターミナル部分がだいぶ完成してきている。左から早朝、昼間、夕方の様子だ。

中はどんななのかな。楽しみすぎる!

楽しみといえば2月1日土曜日、大阪にて「ド本気講座 航空写真家対談企画 深澤明×岡本豊」が開催されます。

ボーイング787Love!の岡本氏とは同年代と言うこともあり、ざっくばらんなヒコーキ写真本音トークを繰り広げたいな。

ダメだ、自分で企画しておきながら、自らがワクワクしている。

楽しみすぎる!!

青木勝さんといえば

ジャンボですよね。明日のド本気講座新春特別企画では、ジャンボの魅力をいっぱい語り合いたいです。あとは、お互いニコンユーザーですからね。カメラやレンズの話も盛り上げていきたいです。

朝は雪になるのかしら。

参加される皆さま、くれぐれもお気をつけておいでください。

ん〜〜〜〜〜、あと1番違い。。。

あ、独り言です。

どう魅せるか

いよいよレジェンド青木勝さんとの対談企画である週末の土曜日が近づいてきた(ド本気講座新春特別企画-詳細はこちらをクリック)。

青木さんから送られてきた講座で展開させていただく写真たちに、思わず息を飲んだ。それを受けての私の写真のセレクト作業。私のヒコーキ写真をガッツリとご覧いただくのは初めてのことだろうから、慎重にもなる。あれもこれもと思うけれども、結局は直球勝負をするしかない。戦いでもないけれど、一枚でも「いいね」のお言葉をいただきたいのが本音。

この緊張感は、前回のルーク・オザワさんとの対談企画で思う存分味わったけれども、今回も格別な想いだ。

自ら企画したとはいえ、なかなかシビレる内容だと思う。

お聞きしたいことはいろいろとあるし、生の声を波長としてからだ全体、脳みそと心にたっぷりと降り注ぎ込みたい感覚。

予報のよれば、土曜日は寒く、雪がチラつくかもしれいない。

参加される方々はくれぐれもお気をつけておいでください。

そんな寒さも吹き飛ばす、熱気ムンムンな3時間にしますから!!

櫻井くん、、、ごめん

隠れちゃいました、、、櫻井くん。ごめん。A350-900のシルエット的には良いアングルなんですけどね(笑)。しかし、何度も書くけれども、A350XWBは美しい。しつこいようだけれど、美しい。

自動車同様、航空輸送に関しても環境問題への対策は重要なテーマであることは明白です。A350XWBについていえば、炭素繊維複合材を機体の53%に使用し、さらにA350のために新規開発されたロールス・ロイス社製新世代エンジン「Trent XWB」を搭載。機体の軽量化やすぐれた静粛性・快適性に加えて低騒音・低燃費、CO2などの排出量削減(25%削減)といった革新的な技術でもって環境負荷の低減を図っている機体。

単に美しい、だけではないのですな!

そこをしっかり強調しておけば、櫻井くんも許してくれるだろうか。(←根拠ナシw)

個人的にはB767の進化版、つまりB767neo的な存在が出てくれてもよかったのになぁと思うのですよ。

それがB787だという考えもあるでしょうけれども、「B6はちょうどいい。ナナハチではちょっと大きんだよね」という声もよく聞きます。

国内線での運航だと、B767とB787ではそう大きく燃費は変わらないそうです(これも関係者から聞いた話ですが)。要するに運航効率の話ですね。

もちろん、機体やエンジンの性能だけがモノをいう訳ではなく、着陸時にフラップの角度を深くするタイミングをできるだけ遅らせたり、エンジンの回転数を上げずに逆噴射したり、スポットまでのタキシング中にクリティカルエンジンをカットオフしたり、運航側の工夫によって燃料消費量も騒音も、CO2排出量も削減できるわけで。

まあ、写真撮るときには関係ないんですけどね、と言いたいところですが、離陸ショットを狙うときなんかはかなり影響します。

つまり、フルパワーで飛んでない場合が多いですからね。当然離陸滑走距離は延びるし、上昇率も低くなります。

ほら、よく遭遇しますでしょ。なかなかエアボーンしないB737とか!

地球を守り、環境保全を最優先するならば、世界中の空からヒコーキを無くせば良いのですが、いまさらそれは無理なことですからね。車もヒコーキもない世の中なんて、考えられないですもんね。

あ、櫻井くん、ホントごめん。櫻井くんに謝っていたことも忘れて環境問題なんて語っちゃってた。

今度撮るときにはしっかり5人の顔が見えるアングルでシャッター切るね。

ガラス越し

皆さまこんにちは!航空写真家の深澤明です。

普段はわざわざガラス越しで撮影はしませんが、空港によってまたは状況によってガラス越しで撮影せざるを得ないこともあります。また、取材時にガラス越しで撮影しなければならないこともしばしばあります。

常に「忍者レフ」はカメラバッグに入っていますが、使ったり使わなかったりです。

この日は夕暮れ時の雨上がりでいい状況でしたので、いろいろと撮っていて楽しめました。

ほぼ真横から夕陽を浴びるこの季節は、日暮れまでいろいろと狙えますね。順光側の2タミへ立ち位置を取るか、逆光側で機体や翼への映り込み狙いなどで1タミへ行くか。どっちも狙いたくなって本当にワクワクいたします。

少しローキーにして、機体の滑り感を出してみたり。やや渋めのトーンで表現してみてもいい感じです。

ちなみに上の写真(JALのB767)は鹿児島空港の搭乗口横のガラスから撮ったテイクオフショットです。白色優先のオートホワイトバランス(Auto0)のJPEG写真ですが、まあまあの発色をしてくれています。

その写真をRAWデータから現像してトーンを整えるとこんな感じ。

このレベルまで持ってくることができれば、仕事でも通用する領域に入ってきます。なので普段からあらゆる状況で撮影して、JPEGデータの状態、RAWデータの現像を経験しておくことが大事なのです。

不思議とその経験が活きる場面が必ずきます。

樹木でいうと、根っこをいっぱい伸ばしている感じでしょうか。揺るぎない大樹となるために。

羽田で出逢ったふたり

こんにちは!航空写真家の深澤明です。

今日の羽田で出逢ったふたりをご紹介します。

まず最初のひとり目は、Flightradar24に機影が映らないドルフィンです。

ランディングロールするところを「ビースリーか」ぐらいのテンションで眺めていたら、何やらやたら短い。

まさか羽田でドルフィンが自力で動いている姿を見られるとは思っていなかったから正直オドロキマシタ。

そしてふたり目はこちら。

泣く子も黙るシグナスです。

朝一の城南島から第1ターミナル展望デッキに移動した際、ANA格納庫の前にいるなとは朝から見ていましたが、その後インタミのデッキを経て2タミデッキへきてみると、先ほどのドルフィンに続いてこれまたFlightradar24には機影が映らない気品あふれる大型機が目に入りました。

新千歳へ向けてなので早々とエアボーン。

まったくタイミングを計ったわけではありませんでしたが、結果的にはこのふたりに逢うために「2タミデッキへ!」と引き寄せられたかのよう。

何はともあれ、出逢えて良かった。

時代を問わないもの

こんにちは!航空写真家の深澤明です。

ヒコーキ写真を撮っていていつも想うのは、時代を問わないものってあるのだろうか。そういった写真を残せるのだろうか、ということ。

ある一つのことをとことん突き詰めていくと、見えてきた境地は普遍的なものなのではないか。

無意識のうちにできている、いわゆる無意識有能の神の領域にはまだまだ遠い。

ただ一つ言えることは、自分の人生を、命を、時間を、意識をすべて注ぎ込みたいと思えるのがヒコーキ写真だ。

やや、パラノイヤチックではあるけれどね。

JPEG写真であえてノイジーなままで。

もう少しストイックでありたいと想う今日この頃。

夕暮れ時の大型機

皆さんこんにちは!航空写真家の深澤明です。

今日は寒かったですね。早朝の羽田の展望デッキは風も強く、ワイヤーフェンスがヒューヒューと音を鳴らしていましたよ。「セントレアかっ!」と思わずツッコミたくなるほどでした。

ところで、先日成田で久しぶりにFLYING HONU2号機に遭遇。1号機は一足先に降りていましたが、2号機は日没直前といった時間帯でした。

この時間帯は色温度を上げて暖色系に仕上げますと、全体の明度が高くなくても視認性がよく見えますね。逆に寒色系に仕上げますと、全体的に暗く重く感じます。

そこで一つ思い出しました。たまに「JPEG撮影したから自然に撮れている」的な趣旨の発言を書かれる方がいらっしゃいますが、「JPEG撮影したからそのままナチュラルに撮れている」というのは勘違いです。

JPEG写真は各カメラメーカーが積み上げてこられた叡知の結晶ではありますが、それがイコール自然な再現、とは言いきれません。

こちらは羽田空港で撮影したルフトハンザの747-8です。この季節は陽も暮れかけた時間帯に離陸していきます。

都会的な背景で渋く重めのイメージで撮ってみたかったので、露出はかなりアンダー目に撮影しました。

「これが私の作品だ!」

と思って撮る反面、例えば新規就航便やデリバリー便が到着する時間帯がもしこの写真のような夕暮れ時ならどう表現しようか。

と実験的にいろいろと試すこともします。

SNSやブログにコンセントレートしているわけではないので、すべてをさらけ出しているわけではありませんが、何かの気づきやきっかけになればと思い、深澤明のアタマのなかとココロのなかは、これからもそっとお見せします。

とはいえ、写真が1番の答え、なんですけどね。

感傷的にはならないけれど

皆様こんにちは!航空写真家の深澤明です。

ANAの国内線用787のロゴ機は、このJA818Aがラスト1機となりました。先日京浜島からその勇姿を撮影できました。

とはいえ、通常塗装の787-9が一番バランスが良くカッコいいと思っているということもあり、787-8も早くすべてが通常塗装にならないかな、ぐらいなので実はそれほど感傷的な気分にはなっていないです。

でもね、これが青空バックで綺麗に撮れたのは素直に嬉しいとは思います。

JA817Aは通常塗装になってピッカピカだった。この前伊丹で撮影した際にも感じたが、ANAの787がだいぶ戻ってきていますね。

ところで、先日とある取材で航空系の学部がある大学の座学に潜入して撮影したのですが、教授が学生にターボファンエンジンの話をしていて、口頭レベルだけれど次々に学生に質問していたのです。

「現代のターボファンエンジンのアスペクト比って大体どのくらい?」

「ギヤードターボファンエンジンってなあに?」

その中で、「ANAの787に装着されているトレント1000って、何軸構造だかわかる?」というのがありました。

もちろん、詳しい人は即答でしょうけれど!。