ANA

去りゆくものが尊いのか ANA

去りゆくものが尊いのか

こだわりとしては「超望遠で」とテーマに決めて撮っていた先日。朝の羽田から成田へ移動してBランの着陸機を狙っていた。 おお、来たね、R2-D2。 レンズを80-400mmに変えた。 そのまま超望遠(ロクヨンにテレコン付けて、840mmとか1200mmとか)でもいいのかもしれないけれど、どこか寂しく切な…
【AIRLINE3月号】日本の旅客機JAレジストリー A350

【AIRLINE3月号】日本の旅客機JAレジストリー

AIRLINE3月号が発売されております。 特集は 1機1機に付与された登録記号の物語 日本の旅客機 JAレジストリー 全689機、一挙掲載! です。 上の写真は、その中で扉写真に採用されたもので、JPG撮りっぱなしです。 視程の良い日でした! 私の撮影スタイルとして、スポッティング写真へのプライオ…
それでも、良いものは良い ANA

それでも、良いものは良い

羽田空港での取材を終えて、すぐに事務所へ戻る、、、つもりでしたが少しだけ2タミの展望デッキへ。ヒコーキを撮らずに帰るわけにはいかない(笑)。 どっぷり一日どん曇りかと思ったら、少しだけお日様が顔を出してくれました。嬉しかったなぁ。 実はデッキへ上がって1ショット目がルフトのジャンボだった。夏スケジュ…
先々の楽しみを創造する ANA

先々の楽しみを創造する

寒いようで寒くない今朝の羽田空港の気温は8℃だったけれども、風が強かったおかげで空気は澄んでいた。時より強く吹く風にレンズを煽られながらも、必死に食らいつく。 紫外線が強いのか、昼ごろに顔がヒリヒリしてきてた。 さて、青木勝さんとの楽しかったド本気講座も終わり、受講された皆さまから「楽しかった」「参…
青木勝さんといえば ANA

青木勝さんといえば

ジャンボですよね。明日のド本気講座新春特別企画では、ジャンボの魅力をいっぱい語り合いたいです。あとは、お互いニコンユーザーですからね。カメラやレンズの話も盛り上げていきたいです。 朝は雪になるのかしら。 参加される皆さま、くれぐれもお気をつけておいでください。 ん〜〜〜〜〜、あと1番違い。。。 あ、…
どう魅せるか ANA

どう魅せるか

いよいよレジェンド青木勝さんとの対談企画である週末の土曜日が近づいてきた(ド本気講座新春特別企画-詳細はこちらをクリック)。 青木さんから送られてきた講座で展開させていただく写真たちに、思わず息を飲んだ。それを受けての私の写真のセレクト作業。私のヒコーキ写真をガッツリとご覧いただくのは初めてのことだ…
櫻井くん、、、ごめん A350

櫻井くん、、、ごめん

隠れちゃいました、、、櫻井くん。ごめん。A350-900のシルエット的には良いアングルなんですけどね(笑)。しかし、何度も書くけれども、A350XWBは美しい。しつこいようだけれど、美しい。 自動車同様、航空輸送に関しても環境問題への対策は重要なテーマであることは明白です。A350XWBについていえ…
ガラス越し ANA

ガラス越し

皆さまこんにちは!航空写真家の深澤明です。 普段はわざわざガラス越しで撮影はしませんが、空港によってまたは状況によってガラス越しで撮影せざるを得ないこともあります。また、取材時にガラス越しで撮影しなければならないこともしばしばあります。 常に「忍者レフ」はカメラバッグに入っていますが、使ったり使わな…
羽田で出逢ったふたり ANA

羽田で出逢ったふたり

こんにちは!航空写真家の深澤明です。 今日の羽田で出逢ったふたりをご紹介します。 まず最初のひとり目は、Flightradar24に機影が映らないドルフィンです。 ランディングロールするところを「ビースリーか」ぐらいのテンションで眺めていたら、何やらやたら短い。 まさか羽田でドルフィンが自力で動いて…
時代を問わないもの A350

時代を問わないもの

こんにちは!航空写真家の深澤明です。 ヒコーキ写真を撮っていていつも想うのは、時代を問わないものってあるのだろうか。そういった写真を残せるのだろうか、ということ。 ある一つのことをとことん突き詰めていくと、見えてきた境地は普遍的なものなのではないか。 無意識のうちにできている、いわゆる無意識有能の神…