AIRLINE(月刊エアライン)4月号

201604AIRLINE_01

2016年2月29日発売の
AIRLINE(月刊エアライン)4月号

表紙はダラス・フォートワース空港のランプエリアで
撮影させていただいたJALの787-8です

JL12便 成田=ダラス・フォートワース線フライトレポート
787で飛ぶダラス そして、その先へ

中央ヨーロッパと結ぶ翼、LOTポーランド航空日本乗り入れ!
成田→ワルシャワ初便 LOT80便に乗る。

日本トランスオーシャン航空 BOEING737-800
2月10日、那覇=福岡、那覇=宮古でデビュー!

ピーチ 羽田=ソウル・仁川線就航
羽田国際線第二弾も深夜早朝便でGO!

今年6月、ついに国際宇宙ステーションへと旅立つ
ANA767パイロットから宇宙へ!
大西卓哉 宇宙飛行士

今月の機内食

などを担当させていただいております

お手にとってご覧いただけますと幸いです

さて、ダラス・フォートワース空港の話題を少しだけ

20160125_JAL_DFWap_0009

JL12便がダラス・フォートワース空港に到着するのは夜明け前です

入国後ターミナルに隣接する駐車場へ行ってみると
見事な日の出を迎えることができました

日本で見る太陽とは少し違い
オレンジ色も濃かったのが印象に残っています

それにしても、ダラス・フォートワース空港はアメリカン航空だらけ!

当たり前か
アメリカン航空の本社がある同社のハブ空港ですからね

20160125_JAL_DFWap_0055

新塗装は「ザ・アメリカン」といった感じで好きですが
やはりボクのイメージはこのポリッシュ塗装がいまだに強烈です

20160125_JAL_DFWap_0219

20160125_JAL_DFWap_0259

JALの成田=ダラス・フォートワース線は
4月末発売の「航空旅行 VOL.17」のJAL特集でも
フライトレポートが掲載されます

現地ダラスやフォートワースの観光地のご紹介と
成田への帰り便も取材を敢行

こちらも合わせてご期待ください!

ANAサービスパーフェクトガイド

Let`s Travel with ANA
「ANAサービスパーフェクトガイド」

青い翼でゆく
空の旅のすべて

航空旅行特別編集 イカロスMOOK
が発売されております

Travel with ANA_Report 01
「ANA BUSINESS STAGGERED」で体験
新たなロングホールに
サービスの神髄を見た。
[成田〜ブリュッセル線/NH231便]

のフライトレポートを担当させていただいております

2015_ANA_mook_0001

到着地のベルギーでは
ブリュッセルとブルージュを散策

中世の香り漂う魅力的な街でした

2015_ANA_mook_0002

2015_ANA_mook_0003

Travel with ANA_Report 03
ANA並みのホスピタリティを感じた
バニラエアの
心温まる快適フライト
[成田〜新千歳線/JW907便]

のフライトレポートも担当させていただいております

2015_ANA_mook_0005

その他、ラウンジや旅客サービス、キャビンシートなど
撮影させていただいておりますので
ぜひご一読くださいませ

2015_ANA_mook_0004

2015_ANA_mook_0006

2015_ANA_mook_0007

2015_ANA_mook_0008

県営名古屋空港らしさ

JH_ERJ-175STD_JA09FJ_NKM_20151020_0002

ヒコーキ以外の分野での2日間の撮影後
ほんの1時間弱であったが
県営名古屋空港に立ち寄った

夕暮れ時の静かな時間、と思いきや
航空自衛隊のC130輸送機が
バンバンタッチアンドゴーをしていたり
ヘリの駐機場も軽快なエンジン音が響いていたり
なんだか賑やかだなという印象だった

以前、今月末に発売される
「航空旅行 Vol.15」の国内線巡礼紀行で
フジドリームエアラインズ(FDA)の
名古屋(小牧)~出雲線、初秋の出雲地方を取材してきたのだが
その出雲線のシップがちょうどランディングしてきた

最新号機のJA09FJのゴールドだった

その少し前
F-15J Eagleが毅然とタキシングしてきた

F-15JEagle_92-8912_NKM_20151020_0004

ボクはほとんど軍用機は撮らない

このときも、これがF-15J Eagleなんだ!
という意識もない

毛嫌いしてもいけないなと思い
狙ってみた

軍用機が嫌い、というより
エアライナーが好き過ぎるだけなのが実情だ

広告写真の仕事で関わりのある
デザイナーやアートディレクターには

戦闘機がかっこいい

といわれる方が多い

理由は、極限までそぎ落とした
無駄のないデザインがいいのだそうだ

デザインとしてみるか
存在目的としてみるか

視点によって捉え方も変わってくる

F-15JEagle_92-8912_NKM_20151020_0008

短い滑走距離で離陸していくパワーと迫力は
素晴らしかった

それだけスクランブル発進での発進性能、上昇性能が
求められているのだろう

F-15JEagle_92-8912_NKM_20151020_0002

小牧山があり、C130輸送機が離陸していき
F-15J Eagleがタキシングをしている

これはまさに県営名古屋空港の象徴的1枚なのかもしれない

そしてここに、MRJがいてくれれば
なおその象徴としての価値が高まる

期待は膨らむばかり

お出迎え

NZ_B787-9_ZK-NZE_NRT_20151008_0001

久しぶりに成田空港のRWY34Lエンド付近の
お気に入りポイントで撮影をした

午後から順光になってくるし
着陸機は絶え間なく飛んでくるし
撮っていて楽しい

日没も近づいてきたころ
ニュージーランド航空のB787-9がアプローチしてきた
しかも、オールブラックの特別塗装機だ

ニュージーランド航空といえば「航空旅行 vol.14」にて
フライトレポートや現地取材などをさせていただいた
思い入れのあるエアライン

そのフライトレポートのとき
かつてないほどのご協力をいただいた
客室乗務員チーフのTommyさんが
この特別塗装機に乗務されているのではないかなと
シャッターを切った瞬間に思った

こういうときの予感はだいたい当たる

のちにFacebookで
16:30に着陸しましたー!
とコメントをいただいた

ご縁というのは
面白いものであり
尊いものだ

とっても嬉しいお出迎えとなった

航空旅行 vol.14

Kokuryoko_201509_0002

イカロス出版から現在発売中の「航空旅行 vol.14」にて

最新鋭機ボーイング787-9ドリームライナーでゆく
心でもてなす夢フライト
ニュージランド航空 NZ99便 オークランド発成田行き

で撮影を担当させていただきました

その後ろ頁
ニュージーランド航空国内線で巡る
北島2都初冬の旅では
オークランドのウェリントンを旅しております

Kokuryoko_201509_0001

是非NZへの旅気分を感じていただけたらと思います

また、旅情のフライトを求めてー国内線巡礼紀行では

大陸的風景を求めて「北海道の翼」で空間移動
エア・ドゥ 羽田〜女満別線/釧路〜羽田線

でも撮影を担当させていただきました

霧の摩周湖や硫黄山、釧路湿原など
道東の魅力たっぷりの旅の気分も
是非感じていただけたらと思います

Kokuryoko_201509_0003