ド本気講座 伊丹 実践編 11/23 開催決定!-満員御礼-

Nikon D5 600mm
1/250 f8 ISO100
JPG FINE 撮影 伊丹スカイパーク

この講座はおかげさまで
満員御礼となりました
ありがとうございます!!

ついに!
伊丹でも「ド本気講座 実践編」を
11月23日金曜日(勤労感謝の日)に
開催いたします

撮影から現像、プリントまでのノウハウを
一気に解説いたします

撮影は伊丹スカイパークにて10:00から行います

光線状態から考えますと
撮影は午後からが理想ですが
そうしますと講座が夜中までになっちゃいますからね

午後は13:30から
前回の「ド本気講座」を開催しました
東リ いたみホール 会議室1で行います

撮影してきたデータを取り込み
その場で現像を研究します

そして、その場でエプソンプリンタ SC-PX5VII
を使用してプリントいたします

その日の撮影データではなく

「この写真の現像で悩んでいた」

という過去の撮影データも
是非ご持参ください

それらも含めて、現像をとことん追求しましょう

私にできるアドバイスは
なんでもいたします

基礎編に続いて皆様の
これからのヒコーキ撮影ライフが
より充実されることを祈って
精一杯やらせていただきます

皆様のお申し込み
お待ちしております

「航空写真家深澤明のド本気講座 伊丹 実践編」

の詳細は下記の通りです

講師
航空写真家 深澤 明

開催日
2018年11月23日 金曜日(勤労感謝の日)

時間・場所
10:00~12:15 伊丹スカイパーク北側 「大空の丘」だんだんテラス(石階段)

13:30~18:30 東リ いたみホール(伊丹市立文化会館)会議室1

※雨天決行

募集人数
限定10名

アクセス

伊丹スカイパーク
阪急伊丹駅から 市バス6番乗り場25系統『神津経由大阪国際空港行き』
または22・23系統『岩屋循環』に乗車、「伊丹スカイパーク上須古」下車すぐ

JR伊丹駅から 市バス6番乗り場
22・23系統『岩屋循環』に乗車、「伊丹スカイパーク上須古」下車すぐ

大阪国際空港から 9番乗り場伊丹市営バス25系統『神津・阪急伊丹経由JR伊丹行き』
「伊丹スカイパーク上須古」下車すぐ

所要時間はいずれも約10~20分

http://www.city.itami.lg.jp/skypark/access.html

東リ伊丹ホール

阪急伊丹駅から北へ徒歩約3分
JR伊丹駅より西へ徒歩約8分
http://hccweb1.bai.ne.jp/itamihall/acces/acces.html

住所
兵庫県伊丹市宮ノ前1ー1ー3

受講費 (インク、プリント用紙代込み)
16,000-
(銀行振込みにて事前にお支払い 口座番号はメールにてご連絡)

主催
エースフォトグラファー株式会社

お申し込みはこちらのフォームからお願いいたします

Nikon D5 600mm
1/500 f8 ISO320
JPG FINE 撮影 伊丹スカイパーク

ご不明点やご質問はこちらのメールアドレスまでどうぞ
a-fukazawa@ace-photographer.com

お申し込みお待ちしております!

千里川夕暮れ

Nikon D5
AF-S NIKKOR 600mm f/4E FL ED VR
1/1000 f8 ISO200
DxO Optics Pro 11で現像

夕暮れを迎える前に
伊丹空港の千里川へ行った

まだだいぶ陽が高いが
B737-500をロクヨンで狙ってみた

「いま来て欲しい!」というときに
必ずしもトラフィックがあるわけではなかったが
ヒコーキ撮影の聖地たる所以を
日没に向けてまざまざと感じることとなる

Nikon D5
AF-S NIKKOR 600mm f/4E FL ED VR
1/1000 f8 ISO125
DxO Optics Pro 11で現像

トリプルが降りてきた
さすがにロクヨンのレンズでは太陽と絡まずだったが
夕暮れに降り立つ雰囲気はとてもよく
ファインダー越しに惚れ惚れとしてしまった

Nikon D5
AF-S NIKKOR 600mm f/4E FL ED VR
1/400 f8 ISO200
DxO Optics Pro 11で現像

RWY32Lにラインナップするトリプルに
夕陽が当たる

山を背景にして
ヒコーキを輪郭を浮かび上がらせるこのアングルは
伊丹ならではと言える

Nikon D5
AF-S NIKKOR 80-400mm f/4.5-5.6G ED VR
1/1000 f5.6 ISO200
DxO Optics Pro 11で現像

太陽の位置と雲の模様がいい感じになってきた

ここでレンズをロクヨンから
80-400mmのズームに切り替えた

周りを見渡すと
カメラを構える人の数も増えてきた

この夕焼けのチャンスを逃すまいと
必死にシャッターを切っている

もちろん、ボクも同じ

B737-800のシルエットが
とてもシャープに見えて魅力的だ

Nikon D5
AF-S NIKKOR 80-400mm f/4.5-5.6G ED VR
1/1000 f5.6 ISO200
DxO Optics Pro 11で現像

やがて陽が沈んだ

しかし、昼間から空を覆っていた薄雲の存在が
夕焼け空への期待を膨らませる

JALのB6がいいタイミングで
降りて来てくれた

フライトレーダーとの「にらめっこ」で
次は何がくるかなと
内心ワクワクなのだ

Nikon D5
AF-S NIKKOR 600mm f/4E FL ED VR
1/200 f5.6 ISO400
DxO Optics Pro 11で現像

黄色からオレンジへと変化していた空は
やがてマゼンタ色の世界になってきた

ここでレンズをロクヨンにして
ラインナップしたB6を狙った

機体や主翼へのマゼンタ色の空の写り込みが
とても美しかった

Nikon D5
AF-S NIKKOR 600mm f/4E FL ED VR
1/500 f5.6 ISO640
DxO Optics Pro 11で現像

そして、B6は
マゼンタ色の空へ飛び立っていった

Nikon D5
AF-S NIKKOR 600mm f/4E FL ED VR
1/500 f5.6 ISO640
DxO Optics Pro 11で現像

ここで不思議なことに
空は再びオレンジ色の世界になっていく

しかも、瞬間的だが
とても強いオレンジ色になる

ちょうどそこへ
B737-500が降りて来た

一番最初のドルフィンと比べると
時間経過によってこんなに表情が違う

Nikon D5
AF-S NIKKOR 80-400mm f/4.5-5.6G ED VR
1/500 f5.6 ISO400
DxO Optics Pro 11で現像

このぐらいになると
肉眼ではかなり微かなオレンジ色に
なっている

ややアンダー目に露出を設定して
空の色や表情を出すことに注力した

Nikon D5
AF-S NIKKOR 80-400mm f/4.5-5.6G ED VR
1/320 f5.6 ISO640
DxO Optics Pro 11で現像

ラストはこのトリプルだ

オレンジ色と紫色が混じって来て
夜の訪れを告げている

夢中に撮っていたら
レンタカーを返す時間が迫っていた

東京行きの最終便で帰らねばならず
やむなく撤収した

まだまだ陽が伸びてくる

伊丹の夕暮れを極めるなら
ヒコーキでの帰京は諦めるとするか

今回は夕暮れの空の色の変化も含め
伊丹を堪能した

魅惑のITM

jl_b777-300er_ja741j_itm_20160926_0001

【Nikon D5 AF-S NIKKOR 600mm f/4G ED VR
1/1000 f8 ISO200 DxO OpticsPro11で現像】

ヒコーキそのものに迫りたいボクにとって
ITM(大阪国際空港・伊丹)ほど魅力ある空港はない

今回、イタミーズからのアドバイスもあり
猪名川土手へ初めて行ってみた

「伊丹スカイパーク」があまりにも楽しすぎて
http://www.city.itami.lg.jp/skypark/
その他のポイントといえば千里川堤防ぐらいしか行ったことがなかったが
RWYの正面から大型機のテイクオフを撮れる猪名川土手に
すっかりハマってしまった

何を今更ではあるが
HNDベースのボクとしては
貴重なITM遠征での時間のほとんどを
スカパーに費やしていたから
致したかないところでもある

jl_b777-300_ja8945_itm_20160926_0005

【Nikon D5 AF-S NIKKOR 600mm f/4G ED VR
1/1000 f8 ISO250 DxO OpticsPro11で現像】

600mmレンズを手持ちで撮影するスタイルには
ぴったりの距離感だった

真正面からにせよやや斜めからにせよ
いかにヒコーキを引きつけられるかが重要で
十分引きつけてからシャッターを押した時の
背景とのバランスもとてもいい

次回は何日か滞在しそのうちの1日は
終日猪名川土手で狙ってもいいかなと思うほどだ

nh_b787-8_ja821a_itm_20160926_0005

【Nikon D5 AF-S NIKKOR 600mm f/4G ED VR
1/1000 f8 ISO100 DxO OpticsPro11で現像】

猪名川土手の最大の魅力は
エアボーンしたヒコーキが頭上を通り過ぎた後
脚を収納しきっていない形態を
下から間近で狙えるところ

先述の通り、ヒコーキに迫りたいボクにとっては
これこそが生唾ものだ

さて、猪名川土手への移動手段だが
HNDからのANA始発便でITM入りして
ちょうどいいJR伊丹駅行きのバスに乗って
「伊丹スカイパーク上須古」で下車
セブンイレブンで買い出しをして
後はテクテク歩いた

次の日は、イタミーズからのアドバイスもあり
JR北伊丹駅から歩いたが
15分ほどで着くからアクセスもいい

機材は重いけれども
現場では「足で稼ぐ」のが基本

大好きなヒコーキ撮影のために
大好きな空港周辺を歩くのだから
楽しくないはずがない

ただ、600mmレンズが仮になかったとしたら
イタミーズが教えてくれた「レンタサイクル」を利用してもよさそうだ

nh_b767-300_ja8578_itm_20160926_0003

【Nikon D5 AF-S NIKKOR 600mm f/4G ED VR
1/1250 f8 ISO100 DxO OpticsPro11で現像】

さて、スカパーの魅力はなんたってこれ
迫力のテイクオフショットをアップで狙う

大空へ飛び立つ勢いと
中に乗っている人の想い
見送り人の想い
到着地で待っている人の想い

それらが入り混じったこの瞬間に
グッと迫りたい

nh_b737-800_ja70an_itm_20160926_0001

【Nikon D5 AF-S NIKKOR 600mm f/4G ED VR
1/1250 f8 ISO100 DxO OpticsPro11で現像】

ITMのさらに好きなところは
この太陽の光だ

強さ、角度が最高にいい

季節や天候による変化もあるし
他空港だって順光はあるけれども
スカパーからのショットは何かが違うのだ

おそらく目の前のヒコーキに対して
アタマの中で勝手にライティングをしていて

そのアタマの中のライティングと
実際の太陽光によるライティングが
ほぼほぼ合致しているからに他ならない

ベースであるHNDですら
これらが合致することは稀であって
心のどこかではもどかしさを感じているのだが
スカパーからのシュートには
そのもどかしさが皆無と言っていい

午後の順光時には
スカパーから離れたくない

nh_b777-200_ja701a_itm_20160926_0006

【Nikon D5 AF-S NIKKOR 600mm f/4G ED VR
1/1000 f8 ISO100 DxO OpticsPro11で現像】

エアボーン直後の後追いショットは
背景の山がヒコーキの存在感を引き立ててくれる

ヒコーキそのものを主役にしやすいロケーションだ

jl_b737-800_ja349j_itm_20160926_0001

【Nikon D5 AF-S NIKKOR 600mm f/4G ED VR
1/1250 f8 ISO100 DxO OpticsPro11で現像】

また、雲の存在が
スポットライトのような演出もしてくれる時がある

機体に光が当たるタイミングでシャッターを押すために
露出はマニュアルで固定して狙う

結局いいタイミングで光が当たらずエアボーンしていき
シャッターを切らないことも多い

そのぐらい狙いは明確にしている

jl_b777-300_ja8944_itm_20160926_0002

【Nikon D5 AF-S NIKKOR 600mm f/4G ED VR
1/1250 f8 ISO100 DxO OpticsPro11で現像】

雲が適度にあって視程も良く
いい空だった

jl_crj-200_ja205j_itm_20160926_0001

【Nikon D5 AF-S NIKKOR 600mm f/4G ED VR
1/500 f8 ISO200 DxO OpticsPro11で現像】

夕暮れが近づくと
スカパーから千里川堤防へ歩いていく

この日はオレンジ色に焼けてくれた
かなりラッキーだ

nh_b737-800_ja62an_itm_20160926_0003

【Nikon D5 AF-S NIKKOR 600mm f/4G ED VR
1/1250 f8 ISO6400 DxO OpticsPro11で現像】

定番ショットではあるが
やはりここからは美しい

nh_b777-200_itm_20160926_0001

【Nikon D5 AF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8E ED VR
1/250 f4 ISO3200 DxO OpticsPro11で現像】

完全に日が暮れる前に
大型機であるトリプルが降りてくてくれると
テンションが上がる

jl_b767-300_itm_20160926_0001

【Nikon D5 AF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8E ED VR
1/160 f4 ISO12800 DxO OpticsPro11で現像】

カメラの性能が良くなって
日が暮れてからもしばらく撮影を楽しめるようになった

動きの少ない夜景よりも
動きがあった方が面白みがある

定番中の定番ショットだが
こういった撮影環境が羨ましい

次回の夕暮れは
デッキから狙ってみようか

沈みゆく太陽が照らすヒコーキが
きっと美しく輝いているだろうから

またITM遠征へ行き
どっぷりヒコーキ撮影漬けの時間を過ごしたい

理想の光の当たり方

JL_B767-300_JA8980_ITM_20150613_0003

それは低い位置からバチっと強く
しかも背景はやや落ち気味

いわゆるスポットライトが低い位置から
当たっているイメージ

特にJALの「ONE WORLD」塗装機に
映える光だ

実はこの光
なかなか撮れそうで撮れない

冬場の早朝羽田空港第二ターミナルデッキか
夏場の夕方伊丹空港近くのスカイパークか

すべての空港でその光を追い求めた訳ではないから
いまだ探究心の塊ではあるが
いまのところ上記二箇所でしか捉えられていない

ここで難しいのは
ヒコーキのボディの白色の決め方

朝陽なんだから
もしくは夕方なんだから
白色が赤っぽくなるのは当たり前

しかしながらその赤をそのまま生かして
いい雰囲気になるかといえば
そうとも言い切れない

ましてや印刷原稿となり得るヒコーキ写真で
その赤っぽさは必要かどうか

JL_B767-300_JA8980_ITM_20150613_0006

かといって完全な白色にするのは
不自然極まりない

ちょうど心地いい白色が必ずあるはず

ちなみにカメラのオートホワイトバランスは
一切使用していない

白色を探るのは
RAW現像時の楽しみの一つだ

ヒコーキ写真は天候に左右される

理想の光に出逢うべく
空港通いはやめられない

伊丹空港に行きたい理由

B777-200_JA714A_ITM_20150828_0004

ズバリ、このテイクオフショット

角度とジェットブラスト、背景
すべてがたまらないのだ

ヒコーキへのこの距離感と足場がしっかりしている環境
伊丹スカイパークはボクにとってパラダイス

飽きることなくずっと撮っている

B777-200_JA714A_ITM_20150828_0003

夕陽がいい角度でヒコーキを照らしてくれるのだが
今回は残念ながらその時間帯は曇ってしまった

またリベンジに必ず行く
理想のテイクオフショットを求めて

2つ目の質問

NH_B777-200_ITM_20150713_03_1

それにしても、何度も書いてしまうが
伊丹空港の撮影環境は素晴らしい

スカイパークのすぐ裏にでも
部屋を一つ借りたいぐらい

この日はスカイパーク到着時からテールウィンドで

「これはひょっとしたら。。。」

と期待していたところ
すでにRWY32RにラインナップしていたANAのDHC8-Q400を一旦RWYから離脱させ
RWY14Lからテイクオフさせるという形で、念願のランウェイチェンジ!!

写真のANAのB777-200もRWY32Lへ向けてタキシングしていたが
全日空整備の建物前あたりで急遽Uターンして
RWY14Rからテイクオフした

嬉しかったなぁ

めったに来ることのない伊丹空港で
RWY14Rのテイクオフが撮れたなんて

さて、前回の投稿で2つの質問のうち1つ目の質問について書いたが
2つ目の質問はいったいどんなものだったのか

それはこのサイトにおける「写真表示サイズ」についてだ

あんなに大きな写真サイズで表示して大丈夫なの?

何が大丈夫なのかって
無断転用などされないのかという意味だ

ブログの写真をクリックしていただくとわかるが
写真の表示サイズが大きい

さらに大きくご覧いただきたいので
「Photo Gallery」では写真をクリックした後
下に表示される

icon

の真ん中のクロスする矢印をクリックしていただくと
PCの全画面表示になる

ボクのヒコーキ写真はぜひこの全画面表示で
ご覧いただきたい

普通ならサイズを1000px以下にするとか
Copyright © 2015 Akira FUKAZAWA All Rights Reserved.
を右下に入れるとか、透かしで入れるとか
するんじゃないのと

確かにね、皆さんそうされているし推奨されている

ボクが目指しているものは
とにかく迫力あるヒコーキ写真
シビれるヒコーキ写真

それを大きな画面でご覧ただいて
「かっこいい」
「すごい!」
と思っていただきたい

その写真たちに文字を重ねたくない
ドカンといこうぜ!

だから
「iPadやPCの壁紙にさせていただてまーす」
とよく言われる

どうぞどうぞの大歓迎でございます

その代わり
「うわ!この写真すごいね。誰が撮ったの?」
と聞かれたら、さりげなくボクのこのサイト
宣伝しておいてね

というスタンスです

嗚呼、また伊丹空港へ行って
写真が撮りたい

2つの質問

NH_B737-800_ITM_20150713_01_1

「ライティングを創っていたフォトグラファーだから
光の捉え方が違うのか」

という趣旨の質問を受けた

「その通り!違う」

と答えた

外での撮影はヒコーキ写真に限らず
自由にライティングすることはできない

と同時に、そこには理想のライティングがある

「太陽の1灯ライティング」だ

スタジオでライティングを組むとき
理想に置いているのは1灯ライティング

しかも、被写体からの距離が離れれば離れるほどいい

まさに太陽は理想通りのライティングなのだ

その光をどう捉えるか
どの角度で当たっているときに捉えるか

自分で被写体に対してライティングして
試行錯誤し続けてきたことによって得られた
経験や感覚、結果への予測

それを一言でいうと

「技術」なのだろう

この「太陽の1灯ライティング」の醍醐味を最も味わえ
その「技術」をいかんなく発揮できるのは
実は伊丹空港のスカイパークなのだ

特に日没近くの光は独特の強さがある

ライティングにおけるストロボの質の違いといっていいほど

地形や空気の流れなど要因は様々あるのだろうが
ボクの伊丹空港への探究心の強さは
ここに原因がある

さて、2つの質問のもう1つは
次回のブログにしよう

雨上がりの夕暮れ

JL_B737-800_ITM_20150413_01

雨が降っていたが
思い切って伊丹のスカイパークへ行った

水しぶきをあげて離陸するシーンを妄想しつつ撮影していると
陽が落ちる少し前に雨があがった

太陽こそ顔を出さなかったが
モノトーンの世界に色彩が帯びてきた

鮮やかでなくていい
深みさえあればそれでいい

足を運べば
必ずそこにはドラマがある

陽がどっぷりと暮れる頃
再び降り出した雨

まるで奇跡のような色彩時間に想いを馳せながら
帰路についた