カラーとモノトーン

_dsc6371

【Nikon D5 AF-S NIKKOR 600mm f/4G ED VR
1/1000 f8 ISO100 DxO OpticsPro11で現像】

成田空港さくらの山にある空の駅さくら館内にある

FLIGHT SHOP CHARLIE`S

チャーリィさんから

「オープニングの日は来なくてもいいから」
普段の日に立ち寄ってよ、と言われており
成田での取材前にようやく立ち寄ることができ
何点かグッズを購入した

せっかくさくらの山に来たのだから
ヒコーキを撮ろうとロクヨンにD5をつけて出動

RWY34Lからの離陸機を狙った
といより、スピードバード1機狙い

この日の夜は
「ウルトラスーパームーン」
が68年ぶりに観賞できるとあって
盛り上がるはずだが、、、

成田はあいにくの曇り空
そして夜は雨の予報

まあ曇りでも雨でも
ヒコーキは飛ぶわけで
写真だって当然撮る

ただ、頭の中では

カラーのままでいくか
いっそモノトーンで表現するか

ということを考えている

曇り空だからモノトーン

はマイナス思考から来ているのかと問われれば
半分正解で半分は不正解

前にも書いたが
曇り空のときは晴れの日よりも
表現の幅が広がるイメージを持っている

晴れの日ではシャドウで隠されてしまっているかもしれない
機体下部の細部まで光が回り込んでいるため
見えないところまで見えてるからだ

_dsc6371-1

ちなみにモノトーンへの表現は
Adobe Photoshop CC の

「チャンネルミキサー」

で行っている

その手法はいづれここで触れたいと思う

あくまでも写真は
最終形態をイメージして撮る

カラーでバッチリ綺麗に仕上げたいのか
モノトーンで仕上げたいのか

重厚に仕上げたいか
ポップな雰囲気で仕上げたいか

現像ソフトでなんとかなる
もしくはなんとかする

といった感覚は一切持たず
この最終形態をイメージして撮る

それを元に撮影されたRAWデータからでこそ
結果的にいい写真に仕上がることを忘れてはならない

同じRAWデータから作成された
カラーとモノトーン

比較のために上下に並べておく

_dsc6371

_dsc6371-1