【2019.5.20】空の青さをそのままに

JAL B787-9 JA871J

空の青さをそのまま活かしたくて、所有しているレンズで1位2位を争う青空が綺麗に写るレンズで撮影をした。もちろん、撮りっぱなしのJPG写真だ。

レンズによって機体の白色、空の色、鶴丸の赤の色など微妙にそれぞれ違う。

色だけでなく、同じ露出設定にしても1/3段から1/2段、レンズによっては2/3段ぐらい違うものもある。

ぞれぞれの特徴を感覚的に理解しておくことも必要だ。

MAS A350-900XWB 9M-MAC

梅雨入り前の五月晴れは光線状態もよく、気持ちのいい写真が撮れる。何もせず撮りっぱなしで十分過ぎる綺麗さだ。

ALK A330-300 4R-ALO

空をやや濃くしたければC-PLフィルターを使用するのもアリだが、ストレートにいこう。

JPG FINE 撮影

Nikon D5 AF-S NIKKOR 600mm f/4E FL ED VR
1/1000 f8 ISO200 JPG FINE 撮影

マレーシア航空のA350-900(9M-MAC)
「ネガラク(マレーシアの国家「我が国」)」特別塗装機は
ど順光でこそ映える機体だと思っていて
昨日狙い通りに撮れた

成田のBラン34運用での着陸狙いが
光の当たり方としてはベストかな

Nikon D5 AF-S NIKKOR 600mm f/4E FL ED VR
1/1000 f8 ISO200 JPG FINE 撮影

撮影しながら耳を澄ますと

キジやウグイス
そのほかの小鳥のさえずりが聞こえてくる

爽やかに駆け抜ける風も感じながら
「いい季節だな〜」
と一人つぶやいてみる

離陸は11時ごろだったが
さくらの丘から狙った

まだまだトップライトぎみ

Nikon D5 AF-S NIKKOR 80-400mm f/4.5-5.6G ED VR
1/640 f8 ISO160 JPG FINE 撮影

さて、ここのところ
JPG FINE 撮影の写真を
アップすることを多くしている

以前前日に JPG撮影
次の日に RAW撮影

の比較をFBで掲載したが

JPGでどこまでクオリティをあげることができるのか

その後いろいろと試みていて
かなりいい感じまで上がってきている

今回アップした写真もJPG FINE 撮影だ

別にJPG撮影を推奨!!
RAW撮影を否定!!

というわけではない

撮影プラス現像
仕上がりイメージをしっかりと持ち
その仕上げに最適な露出で撮る

このスタンスは変わらない

しかしながら
現像しないでハイクオリティな写真が得られれば
それはそれで、その写真の最終形態によっては
十分なわけで

常々口にしていたことの
自己否定とも言えなくもない

凝り固まった頭とワークフローの
見直し、再構築

とでも言おうか

さらにDxO PhotoLabの凄さと使いやすさを
再認識しつつ

以前から耳にしていた
「フラッグシップカメラほどJPG画像がいいよ」
というフレーズについて

何がどういいか
何に対してならいいのか

いま改めて考えてみる

DxO PhotoLabが生み出す
ハイクオリティな写真がわかっているからこそ

「このレベルならJPGでもOK!」

との判断が下せる

つまりは、自分のOKポイントをどこに置くか

ここがとっても重要なのだ

ということも再認識している