B737 JPG FINE 撮影 Nikon D6 セントレア 光の探究

夏の終わりに

 沖縄や九州地方に大型で非常に強い台風10号が近づきつつある。台風の進路の右側は特に暴風や大雨に注意が必要とのことで、九州地方の方は心配でならないことと思う。やや離れた関東地方でも大雨の可能性があるということだが、台風10号の進路に当たる地域にお住まいの方々への心配が絶えない。明日の夜は安心して寝ていられないぐらいだと思われる。何もしてあげられないが大きな被害が起きないことを心から祈るばかりだ。

 遠く離れたここ横浜でも、19時46分に大雨警報が発令された。すでに雷雨となっている。台風は夏の終わりの風物詩ではあるけれども、日本の南海上で発生して1週間も経たずに大型化して直撃するとなると、地球温暖化が進む一方である以上今後は夏を迎える度にさらに大型化、猛烈化することは容易に想像でき、夏の訪れが恐怖に感じてしまうかもしれない。

 「夏は暑ければ暑いほど好き」な私ではあるが、そうも言っていられなくなるのではと危惧している。

 ところで先日、セントレアで夏の景色と逢ってきた。暑い暑いと言いながら、セントレアの展望デッキは適度な風が吹くため堪え難いほどの暑さではなかった。そもそも今年の夏は暑い中でたくさんのヒコーキ写真を撮っていたから、暑さへの耐性は例年以上にあったことも確かだ。過信は禁物だが、中学時代にバスケットボール、高校時代に軟式野球で鍛えた身体は、暑さへの対処法と限界点がなんとなくわかる。そのデットラインを年齢と共に引き下げていく必要はあるけどね。

 セントレアの展望デッキはやっぱり撮っていて面白い。航空写真家深澤明、になる前からセントレアには縁があり、開港前から何度か立ち入らせていただき、開港前夜、当日の記録撮影。さらには全店舗の外観、各店舗のイチオシ商品を3日間で撮影するなど、いろいろな仕事をさせていただいた舞台でもある。

 この展望デッキからどれだけの写真を撮ってきたことか。鹿児島、羽田、成田と並ぶ私のホーム空港と思えるぐらい愛着がある。

 夏の終わりに、自分の原点に立ち返り、見つめ直す良い時間を過ごしたと思う。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA