第一報

Nikon D6の発売が3月から5月に延期されることが正式に本日午後に発表されましたね。新型コロナウイルスの影響は特筆して語る必要のないぐらい甚大なものになりつつあります。

発売延期の第一報は、先週6日の金曜日の朝にもたらされました。予想はしていたので、特に驚きはしませんでした。

こればかりは致し方ありません。私は発注していませんが、以前Z6とZ7も当初より発売が遅くなっていましたよね、確か。カメラには付きものです。ヒコーキもそうでしょう?あえて触れませんが。

メーカーは最大限の努力をして世の中に良いものを出そうとされている訳ですから、苦渋の決断を強いられることもしばしばあることだと思います。

我々ユーザーはわがままであり、言いたい放題ですからね。

大金をはたいて手に入れたものが、満足いくものでなければ確かに文句の一つも言いたいでしょうし、プロにとってはまさに心からの信頼関係が結ばれる相棒ですからね。

だからこそ「カメラなくして仕事はできず」の人種にとっては、カメラやレンズを作ってくれるメーカーは神様みたいなものなのですよ。

少なくとも私はそう思っています。いつも。

「ありがとう、Nikon!」って心の中で唱えてから仕事に向かっています。←大真面目に、ホントの話。

待ってるよ、D6。

焦らされると、、かえって興奮してくるぜ!(笑)