B777F JPG FINE 撮影 Nikon D5 ルフトハンザ 成田空港 青木勝氏

見慣れたのか、それとも。。

ルフトハンザの新塗装。目にする機会は増えたが、見慣れたのだろうか。

それとも、洗練されたイケてるデザインなのか。

この機体を撮ったとき、旧デザインよりこっちの新しい塗装の方がカッコいいと思った。

垂直尾翼からの流れで機体胴体へ同一カラーでペイントされているデザイン自体は、カンタスにも採用されているデザインだから目新しいわけではないけどね。

機体のデザインは黄色をなくしてブランドカラーをプレミアム感を象徴する「ルフトハンザブルー」一色にしたとはいえ、先だってフランクフルトで経由した際に見た空港のカウンターやチケット、LOUNGEへの動線や自動チェックイン機などには「イエロー」が効果的に使われているように見えた。

デザインのリニューアルに関するビジュアルを見ると、上の写真の左から2番目のカウンター前面の板は、「ルフトハンザブルー」に順次変更されていくみたいだし、いまは過渡期。

何でも新しいものの方が見慣れてくるせいか、旧ロゴや旧デザインよりもカッコいいなと思うことの方が多い。

ヒコーキの形状も同じで、確かにB747-400やMD-11Fは好きな機体だけれど、B787やエアバスA350XWBの方が洗練されている感はある。

好みの問題もあるけれど、主翼形状にしろ、ウィングレットにしろ、当然キャビン内にしろ、新しい方がカッコいい。

トヨタのエスティマにしても、最終形が一番カッコいいなとも思うし。

アンティークや古き良きモノを愛する人たちもいるけれども、あくまでも私感としては新しいモノ好きだ。

そこをベースに考えても、強引に話を転換すれば、青木勝さんの写真は色褪せないし、今でもココロにグッとくるものがあった。

あの印象に残る感じは、なんなのだろうか。

さらにヒコーキ写真の奥深さに魅了されたし、あくなき意欲も生まれてきた。

あの日からオートホワイトバランスで撮るのをやめたしね、私。

かつては「一つでも変動要素を少なくしたい」という考えから、オートホワイトバランスは使わず晴天モードで撮っていたのだが、機体の白色にこだわり試行錯誤した結果、NikonのD5になってから「白色を優先する」Auto0というオートホワイトバランスが思いほか優秀で、それを突き詰めていた。

「機体の白にこだわるよりも大事なこと」

に意識がいくようになっていたので再び晴天モードに変えた。

このタイミングで青木勝さんのお話をお聞きしようと思ったのには、きっと大きな意味があったのだろうと思う。

「これで良し」「このスタイルで完成だ」

というのは一生ないだろうと思うほど、写真だけに限らず芸術の世界は奥が深い。

写真への飽きることのない探究と同時に、新しいことへの挑戦もしたい。

誰に批判されようが、皮肉を言われようが構わない。

動画だって撮るし、編集だってする。まだまだ素人のヨチヨチ状態だけれど、コツコツと積み上げていきたい気持ちしかない。

持っている情報やスキルだけでは価値がなく、行動量の多さが価値を生み出す。そんな時代だからこそ、いろいろとやりたいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA