シルエット

DL_B777-200_NRT20150409_02

太陽と絡めるショットを狙うときは
シルエットにする場合が多い

ヒコーキの持つシャープさやしなやかさを
捉えることができる

この写真のように雲に表情があると
エンジンの噴射も捉えることができていい感じだ

エアボーンする位置で「お!これは絡むぞ!」と直感するのだが
行き先やヒコーキの種類によっても位置が変わるし
いかんせん太陽はぐんぐん沈んでいくので
少ないチャンスをモノにできるかは運も必要

あとは強く念じるしかない
「こい!こい!」と

結果がすべてではあるが
狙っていること自体が次にも繋がる

想いを形にするということ
これを繰り返すことで養われる能力がある

さて、単純に「シルエットを狙おう」としても
露出はどうすればよいか

太陽と絡めるか絡めないかにもよるけれども
夕陽の場合の答えは

「空に露出を合わせる」

二度と同じ空はないのだから
飽くことない世界へどっぷり浸かりたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA