後付けウィングレット

_DSC4000

成田空港ではよく見かける
後付けウィングレットのB767-300

ひょっとしたら珍しい光景ではないのかもしれないが
羽田空港で撮ることができた

B767がデビューした頃
L-1011トライスターやDC-1Oそれにジャンボなど
個性あふれる機体が多かったこともあり
特徴のないシンプルな機体だと感じたものだ

いまでもその感は否めないが
ウィングレットがつくと雰囲気が少しかわる

B747-400が世に出てきて
ウィングレット全盛期がやってきたと思われたが
B787-8,-9やB747-8、エアバスA350XWBの主翼のように
主翼端に後退角をつけたレイクド・ウィングチップが
主流になってきている

_DSC9544

感覚的に書けば
より鳥の翼に近づいた
といっていい

翼端渦の軽減もしくは上方へ移動して空気抵抗を減らし
結果として燃費を減らす空力的進化もまた
ヒコーキの楽しみの一つ

_DSC4989

ジャンボの質感

_DSC9502

この距離感でジャンボを撮影したのが久しぶりだったのだが

この質感と重量感、っそいてディテールが

懐かしくもあり嬉しくもあり

キングオブヒコーキだと称する方もおられるが

まさにその称号にふさわしいといっていい

しばらくは成田にハマりそうだ

成田空港 RWY34L ランディング

ヒコーキ写真が原点です !

ヒコーキを撮りたくて写真をはじめました

中学の頃から月刊エアラインを読んでは

「いつかはエアラインの表紙を飾るぞ!」

と密かに誓っていました

 

2014年3月号で、それが実現しました

まさに30年越しの想いを果たすことができました

 

ご縁をいただき私の写真を受け入れてくださり

そしていまこうして日々ヒコーキと向き合うことができる喜びは

筆舌に尽くしがたいものがございます

 

できるだけ写真を大きくご覧いただけるサイト作りを目指していきます

私のヒコーキ写真にシビれていただければ幸いです