A321neo」タグアーカイブ

【2019.4.19】B767の進化系

B767-300ER(JA614J)

B767の進化系があれば案外使い勝手の良さが活きるのではないかなと思う今日この頃。

いやいや、それこそB767の進化系がB787でしょ!

というご意見もあると思うが、日本の767ユーザーの航空会社の方々とお話をすると

「787は767の後継機としては大きいんですよね、、」

ということをよく耳にする

それに加えて

「767はちょうどいい使い勝手なんですよ」とも

少しずつ退役が始まっているとはいえ、国内線と近距離国際線においての767の存在感はいまだに健在だ

そもそも論として、JALが787を羽田=伊丹線に投入やANAの国内線での787の使い方(短い飛行距離で回数を飛ばす)は世界的に見ても、とてもレアな運航状況と言える

B787-8(JA817A)

航続距離が長く燃費がいい787を国内線で飛ばすと、767とほぼ燃費が変わらないということも聞く

だったら、日本だけの特別な事情かもしれないけれど、767の進化系があったらエアライン側は喜ぶのではないかなと

つまり、A320やA321、A330に対するneoシリーズのように

B767neoとか ← エアバスのシリーズをパクるわけにはいかないぞ!

A321neo(JA132A)

それなら、B767 Advanced ← これも新幹線のパクリになるか!

B767 MAX ! ← これはいまちょっとイメージ良くないか、、、

B767 next , B767 Zシリーズ、、、なんて冗談みたいになるけれど

燃費のさらにいいエンジンを搭載してね

いいと思うんだけどなぁ、日本だけを考えるとね

9月から羽田=福岡線でデビューするJALのA350-900はとても楽しみではあるけれど、本来なら国内をちょこちょこ往復するような機種ではないと思うしね

B797がどのような仕様になり、B767の後継機的立場になるのかも含めて注目しているけれども、日本の空の事情って特殊なんだなと改めて思う