月別アーカイブ: 2019年5月

【2019.5.31】メンテ系

ちょこちょことメンテ系取材が続いた。

自分でインタビューして、撮影して、原稿を書く。

本職のライターさんに怒られそうだが、この前クライアントから「インタビューもうまいですね」と褒められた。お世辞半分でも嬉しい。ありきたりではつまらないし、いかにいろいろなことを引き出すか。

曲がりなりにも工学部航空工学科を卒業しておいてよかったのかも。

【2019.5.29】どこまで無理がきくのか

撮りっぱなしJPG写真

機窓から写真。RWY05(D滑走路、一番手前の左右方向)を離陸して右旋回をしたあと、羽田空港の全景を望むアングルへきた。クリアな日に狙いたい構図だ。

ところがご覧の通り、視程が良くない。

こういった写真はどこまで無理がきくのだろうか。

まずは、このjpg撮りっぱなし写真をAdobe PhotoshopCCでトーン調整してみる。

撮りっぱなしJPG写真をAdobe PhotoshopCCでトーン調整

なんとか見られるレベルまでは持ってこれた。RWY22(B滑走路、奥の左右方向)あたりからは霞んでいるが、Adobe PhotoshopCCでの追い込みをしたときの特徴として、色調のナチュラルさが損なわれない感覚がある。

次に、DxOPhotoLab2で現像してみる。

DxOPhotoLab2で現像して書き出した写真

DxOPhotoLab2お得意の「Clear View Plus」を駆使して書き出した写真だ。ご覧の通り、DxOPhotoLab2の「Clear View Plus」を使用すると、クリアになった部分もあるが色調が損なわれているのがわかる。

さらにDxOPhotoLab2で現像して書き出したままの上の写真を、Adobe PhotoshopCCで調整をすると

DxOPhotoLab2で現像して書き出した写真ををさらにAdobe PhotoshopCCでトーンと色調を補正した写真

なんとかここまでは持ってこれたなというのが正直な感想。

というのも、この一連の検証の意義はどうしてもこのような霞んだ状況でも形にしなければならない取材や仕事のとき、どこまでが納品写真として成立するのか。

霞んだ状況が目の前にあって、「あとでこういった現像をすればここまでは持ってこれそうだな」と想定して撮っているかが大事なのではないかと思っている。

DxOPhotoLab2はいつも口にしている通り、ヒコーキ写真にはとても有効的な現像ソフトであることに間違いはない。ノイズ処理に関しては見事だし、「Clear View Plus」も使い方のよっては大きな威力を発揮する。

しかしながら、無理がきく、ということは世の中の摂理として何かが必ず犠牲になっているということ。

では、PhotoshopCCの Camera Rawの「かすみ除去」を駆使して現像したらどうなるか。

Adobe PhotoshopCCの Camera Raw で現像して書き出した写真をさらにトーン調整した写真

ぞれぞれの現像の特徴が出ているけれども、これはパッと見のレベルの話であることを付け加えておく。

プロの現場だと、このパッと見も大事なのだが、ピクセルが破損していないかどうかがチェックされる。いくら見た目が綺麗でも、ピクセルが破損していたら(ピクセルが崩れている、と表現されることもある)、印刷物向け写真として失格であることも多々ある。

最終的に使用されるサイズにもよるけどね。

ある意味事実を捻じ曲げているのだから、そりゃ無理しているわな、ということにあるが、納品物として成立させるためには多少の無理もきかせないと、ということ。

Adobe Photoshop のフォトグラファー向けプラン 980円/月〜がオススメ

https://www.adobe.com/jp/products/photoshop.html#photographer

DxO PhotoLab2は30日無料トライアルでまずはお試しあれ

【2019.5.28】那覇空港国内線展望デッキ

JTA B737-800 JA04RK

早朝のSKY便で沖縄(那覇)入り。天気予報は曇りだったし、梅雨時期だからそれほど期待もしていなかったが、到着したら見事な晴れ。迷わず国内線の展望デッキへ。

撮影していたら休憩中だったJTAのディスパッチャーの方が声をかけてくださりしばしヒコーキ談義。

しかし、やっぱり沖縄の光は違うね!

一足先に到着したおかげで、羽田や大阪、福岡などからの到着便を次々と迎えることができた。

写真的には代わり映えのしないシーンだが、晴れ渡った日にこのデッキからの撮るのも何だか相当ご無沙汰な気がして、夢中になって撮影していた。

CAL B747-400 B-18215

ジャンボをド順光で撮影できるのも那覇の魅力だね。RWY18で良かった。存在感があるね、ジャンボは。FLYING HONUも沖縄の海に似合いそうだけど。

JAL B777-300 JA752J

JALが羽田から立て続けにB777-300が飛来してちょっとビックリ。那覇と新千歳は人気が高いね。

このワンワの着陸を撮って沖縄でのミッションの前哨戦は終了とした。暑くてそろそろ休憩モードでもあったし、なんたってお腹が空いちゃったから。カメラを片付けて空港食堂へ!!

三枚肉そばを食べた。もう一つぐらい食べられそうだったけど、腹6分目ぐらいで。

いざ出陣!!

【2019.5.27】超望遠の出番

JALのデカール機は機体胴体の主翼後方にデザインされている場合が多く、そこを見せようとするとどうしても後追い気味になる。

トリッピーからニャッキーまでしっかり捉えたいとするならば、 ロクヨンに1.4倍テレコンを使用して青空バックでこのように狙うのもありだね。

ただし、光の当たり方と撮影したアングルによっては機体下部へ向けてシャドウ部がグラデーションで濃くなっていき、キャラクターの足元の色もそれに従って色が濁ってくる。

それにしても、適度に風があり青空だし。気持ちのいい朝だった。

冬しか超望遠は厳しいかなと思っていたが、距離が近いこともあってRWY34Rからの離陸機を城南島海浜公園から狙うと綺麗に撮れた。

【2019.5.26】成田の夕暮れ

取材終わりに時計を見ると、日没まで40分。撮りたいと思い描くシーンを撮影するには場所の移動が必要だが、若干間に合わないと判断。

成田の夕暮れは16運用時より34運用時の方が写欲を掻き立てられる。

そこは人ぞれぞれ捉え方が違うようで、いろいろな人の意見を聞いているととても参考になる。

いずれもJPG撮影だが、特にこねくり回すこともなく、いたってストレートに。

これからの梅雨時期や夏の、雨上がりの夕暮れ時など、どんな光景を出逢うのか。

嗚呼、毎日が楽しいなぁ。

人知れず悔しい想いもするけれど、ふとした会話で癒されたり。

それも含めて、毎日が楽しいなぁ。

【2019.5.24】天気予報

本日5月24日、ついにANAのFLYING HONU1号機(JA381A)が成田=ホノルル線に就航。2号機のエメラルドグリーン(JA382A)も笑顔で見送ってたかな(笑)。あの目はなかなかかわいいと思う。

2号機は6月中にデビューするそうだ。3号機が冬空の成田に降り立つのが今から楽しみだ。

FLYING HONUに対抗するように2日前の5月22日に「ARASHI HAWAII JET」を国際線にデビューさせたJAL。

嵐ファンの関心を一気にかっさらい、「ARASHI HAWAII JET」を見たい!撮りたい!乗りたい!!ひょっとして嵐デビュー地のハワイで活動休止前に最後のコンサートが行われるのでは?!とハワイに絡んだ話題を一気にかっさらおうとする戦略はなかなか強かだなという印象。

巷では鶴亀合戦などと呼ばれているけれども、こうしたエアライン間の顧客獲得競争はとてもいいことだと思う。企業としては当然、お互い指をくわえて見ているわけにはいかないのだし。

さて、次の関心事はJALのエアバスA350-900XWBの導入かな。ANAのB777Fは、旅客が絡まないからマニアしか関心がないだろうし。

とにかく、2020年に向けてはまだまだ話題豊富なエアライン業界。2020年以降は話題が枯渇しないかその先がやや不安だが。

さて、タイトルと違った時事ネタを書き連ねたが、日々仕事の原稿を書きつつもブログでこれだけ文章を書くのだから撮ることと合わせて書くことが嫌いではないのだろう。

自分のブログなので文字数や内容を気にせず書きたいように書いているから、ある意味肩慣らしというか状態をフラットにする感覚で必要なことなのかもしれない。無意識だけどね。

ところで!皆さんは信頼している天気予報ってあるだろうか。

空港へ行くか行かないか天気予報で決める場合も大いにあると思うが、案外当たらないとたかを括っていると曇ってくるタイミングや降雨の時間まで予報通りで

「最近の天気予報ってすごいね」なんて思ってみたり。

曇り時々晴れと書いてあったのに、実際には下の写真みたいにドピーカンだったり。

ホームグランドの空港なら実際に天気を見て決めてからでも遅くはないけど、遠征となればそうもいかないし。

私も出張で撮影は月に何度もあるから各地の天気予報は当然気になる。一週間後だけどずっと雨予報だなぁとか。

でもね、私の場合はあまり気にしないようにしてるの、実際は。

こればっかりは仕方ないからね。雨でも何でもどんとこい!!とゆったりと構えているわけ。

するとね、不思議なことに雨のタイミングが早まって空抜けのいい青空になってくれたり、そもそも雨自体が吹っ飛んじゃったり。

逆もあるよ。晴れ予報がドン曇りになったり。でも結果的にはドン曇りの方がフラットなやわらかい光になってくれたから写真的には好都合だったり。

結論からいえば、天気に関してはかなり達観している。

なるのようにしかならない。大事なのは、その状況でベストを尽くす。もうね、これだけ。

1年のうちほとんどを撮影しているとね、いちいち天気予報で一喜一憂していると、精神的に持たない。だから、自衛本能なのかもしれない(爆)。

コンビニ各社がウェザーニュースと契約してピンポイントの天気予報情報を有料で買っているけれども、新製品発売日や時間帯、商品の納入個数の決定材料としても相当依存していると聞いた。

もちろん、各航空会社、空港もウェザーニュースの発信する天気予報が頼りにされている。

天気が各分野のビジネスに与える影響は相当大きい。

一喜一憂しないといいながら、私も常々天気予報は見ているしね。

【2019.5.23】深呼吸しながら

城南島の朝は気持ち良すぎた。

やや冷んやりとした空気が穏やかな風となって頬をかすめていく。

ロクヨンはもちろん手元にあったが、一度も使わなかった。

心身ともにニュートラルにキャリブレーションされた感じ。

そんなに機械的人間ではないけれど、色んな意味で、いい間が取れた気がした。

【2019.5.22】光の芯はどこだ

光の芯がどこにあり、どのぐらいの強さなのか。

写真は「光の明暗差が大事」と日頃から口にしているのだが、光の芯の位置と強さがわかっていると、そこを基準点にすることができる。

そこに露出を合わせたときに、それよりも暗い部分がどう写るのか。

頭で自然と考え、捉えていることなので理屈にしようとするとややムズカシイが、逆にいえば光の芯の位置と強ささえ捉えていれば、明暗差を活かして表現幅も広がるということ。