Nikon D5」カテゴリーアーカイブ

【2019.6.19】明暗差を楽しむ

Nikon D5 AF-S NIKKOR 80-400mm f/4.5-5.6G ED VR (80mm)
1/160 f9 ISO100 WB Auto0 C-PL Filter
JPGFINE

雲が多くて視程が良いとき。これは最高にワクワクする状況だ。

明るいか、暗いか。ではなく、明暗差がどれだけあるか。

通常の撮影も、そこしか考えていない。

【2019.6.18】FLYING HONU RWY34L

Nikon D5 AF-S NIKKOR 80-400mm f/4.5-5.6G ED VR (230mm)
1/160 f9 ISO100 WB Auto0 C-PL Filter
JPGFINE

ホノルルからの帰り便。明るい時間におりてきてくれるのは本当に嬉しい。

この日はさくらの丘から狙った。

【2019.6.17】撮りっぱなしJPG

Nikon D5 AF-S NIKKOR 80-400mm f/4.5-5.6G ED VR (220mm)
1/1000 f8 ISO200 WB Auto0
JPGFINE

この光ならば色被りもほとんどないので、JPGの撮りっぱなしで十分だね。

ゴミ取りしてリサイズしてマーク入れただけ。

気持ちいいなぁ、こういう撮影。

Nikon D5 AF-S NIKKOR 80-400mm f/4.5-5.6G ED VR (240mm)
1/1000 f8 ISO200 WB Auto0
JPGFINE

【2019.6.14】クールダウン

Nikon D5 AF-S NIKKOR 600mm f/4E FL ED VR AF-S TELECONVERTER TC-14E III
1/200 f13 ISO100

昨日の新造機お披露目。本日早朝の新造機到着。

話題豊富な2019年を象徴するような日々に動き回れる幸せを噛み締めつつ、データ整理や現像、納品、原稿執筆など作業は山のようにあるが、取材後羽田1タミの展望デッキからクールダウンのつもりで1時間ほど撮影。

クールダウンでロクヨンに1.4テレコンをつけて840mm相当で撮るのも不思議かと思われるが、気分としては十分クールダウンだ。

TGのジャンボまでと決めていたので、時間は短かったが、十分楽しめた。

実は、ウォーミングアップ撮影、クールダウン撮影をよくしている。

もちろん、ガッツリ作品撮りとして撮る時もあるけどね。

Nikon D5 AF-S NIKKOR 600mm f/4E FL ED VR AF-S TELECONVERTER TC-14E III
1/1000 f8 ISO200

地味だけれど奥が深い明暗差を意識した写真

Nikon D5 80-400mm (260mm)
1/1000 f8 ISO200 C-PLフィルター
JPG FINE 撮影

地味、というのは
ころがり(タキシング中)など
派手な動きではない意味も込めているが
写真の醍醐味の一つに
明暗差を楽しむことがある

エアライナーの塗装は
基本的に白基調だ

当然のことながら
その白を白に見せるための
露出設定となる

例えば、展望デッキで
同行者などの人物を撮る露出設定と比較すれば
順光でエアライナーを撮ろうとすると
露出をマイナス方向
つまりは暗めに設定しないと
白が飛んでしまいがちだ

Nikon D5 80-400mm (155mm)
1/1000 f8 ISO200 C-PLフィルター
JPG FINE 撮影

ヒコーキ撮影では、晴れるのが望ましいが
雲が多いと、ある種のワクワク感が湧く

それは、太陽の光が照らす部分と
影になった部分
その明暗差を楽しむことができるからだ

C-PLフィルターも使用して
より強調することもあるが
極端に言えば、いかなる撮影時にも
光の明暗差しか念頭にない

そこの明るさが明るいか暗いかではなく
どれだけの差が、その世界の中にあるか

Nikon D5 80-400mm (400mm)
1/1000 f8 ISO100
JPG FINE 撮影

もちろん、主役であるヒコーキに
光が当たっていてほしい

もし当たっていなくても
ファインダーを覗きながら

「当たれ、当たれ」

と念じながらシャッターチャンスを待つ

当然のことながらカメラの露出設定は
光が当たったときイメージ通りに仕上がる
設定にしている

もし光が当たらなかったら
シャッターは切らない

取材や仕事は別ですよ
違う思考回路で撮っておりますので

あくまでも、自主的なヒコーキ撮影時の話です

Nikon D5 80-400mm (175mm)
1/1000 f8 ISO100
JPG FINE 撮影

ハミングバードディパーチャーする機に
光が当たっていなくても
落胆はしない(笑)

狙い方はいくらでもあるものです

たかが順光 されど順光

Nikon D5 80-400mm (80mm)
1/500 f8 ISO200 C-PLフィルター
JPG撮りっぱなし (リサイズ)

「とあるプロから、白を余して撮影する」
と教わりましたが、それに対してどう思われるか

という質問をいただいた

見解としては

白を余して撮る事に、間違いはない

恐らくポジフィルム時代から
白を飛ばさないように余して撮ってこられたであろうし
ややアンダー気味に撮影する方が
「写真が上手い」とも言われていた

Nikon D5 600mm
1/800 f8 ISO100
JPG撮りっぱなし (リサイズ)

今回掲載した写真たちは
サイズの関係でリサイズはしているけれども
あえてJPGの撮りっぱなしだ

私はポジの時代から
いかに白を白く見せるかにこだわって
白が飛ばないギリギリを狙って
露出を設定してきた

それは、デジタルになってからも変わらない

撮りっぱなし写真でも十分使えるものを
撮ることを考えている

と、取り立てて書くことではないけれども

「RAWデータで撮影しているから」
あとから調整できると撮影時にあまり追い込まない

ということも稀に耳にする

人ぞれぞれのやり方だから
自由でいいのだが

WB(ホワイトバランス) も同様だが
白が白く見えるようにというのは
とても大事なことだと思っている

夕暮れ時や月とのショット、夜景など
ドラマティックなシーンにいるヒコーキは
それだけでもカッコいい

そして、そのカッコよさをどう自分なりに捉え
表現するか

そこに作品性や個性が出てくると思う

ただ、あくまでも基本は
誰でも簡単に撮れると思われがちの
順光でのヒコーキをどう撮るのか

それは、日没後のほんのわずかな光をどう捉え
どう表現するのか、に匹敵して余りあるぐらい
重要かつ大事なことのように思えてならない

Nikon D5 80-400mm (400mm)
1/500 f8 ISO200 C-PLフィルター
JPG撮りっぱなし (リサイズ)

白が白く見えること
この AIR DO

ややトーンを調整したくなるが
これでも十分と見れば十分

Nikon D5 80-400mm (320mm)
1/500 f8 ISO200 C-PLフィルター
JPG撮りっぱなし (リサイズ)

Nikon D5 600mm
1/800 f8 ISO160
JPG撮りっぱなし (リサイズ)

この「白を白に感じさせる」ことは
基本中の基本なのかもしれない

そこを意識しているかいないかで
写真の仕上がりに大きな差が出てくる気がする

たかが順光 されど順光

ヒコーキ写真と向き合えば向き合うほど
その奥深さを痛感する

JPGとRAW

Nikon D5 80-400mm (400mm)
1/640 f8 ISO400 C-PLフィルター使用
RAW撮影 DxO PhotoLabにて現像

写真は並べてみると
一目瞭然だ

何でもそうだが
相対的に見た方が差がわかりやすい

微妙に時間帯の違う3枚の写真
明らかな差があるのがお分かりだろう

仕事のヒコーキ写真を納品する場合
特に意味合いのない色かぶりは丁寧に取り除く

日没が近くなるにつれて
色温度が落ちてくるので
カメラのホワイトバランスの設定を
「オート」にしていても
「白」を「白」として撮影するのには
限界がある

もちろん、JPG撮影した写真データを
「Photoshop CC 2018」を使って
色香ぶりを取り除く手段はあるが
そこはやはりRAWデータから現像して
仕上げた方がクオリティが高い

上の写真たちは

上段が JPG FINE 撮影

下段が RAW撮影 DxO PhotoLabで現像

したものだ

さて、ここで言いたいのは現像のことではなく
光の方向の話

この写真たちは成田国際空港の「さくらの丘公園」から
A滑走路(RWY16R)の離陸機を撮影したものだ

エアカナダの新塗装
ご存知の通りコクピットの窓周りが真っ黒

A350XWBのサングラス状態よりも
黒い面積が大きいので
もし自分でライティングを選べるならば
理想的には機種方向から光が当たって欲しい

またANAのR2-D2にしても
機種部分の濃いブルーに
光が当たって欲しい

と、頭の中では常に理想とするライティングと
目の前のライティングとの差を考えている

季節、時間帯によって常に変化をする
太陽の光の方向、高さ、強さ

その様々な変動要素の中で
限りなくベストを探る

シャッターを押す直前までが
フィルム時代をそう変わらないが
デジタルはシャッターを押した瞬間から
電気信号に変わる

フィルム時代に、どこの現像所に出して
ノーマルで出すか1/2増感するか
などを考えていたように

現像ソフトを使って仕上げるイメージをどう描くか

目の当たりにしたヒコーキをどう捉え
写真として、作品として昇華したいのか

それをできるだけ思い通り仕上げるために

撮影だけでなく、現像のテクニックが
必要となってくるのだ

FedEx MD-11F

MD-11Fの離着陸を日本国内で撮ろうと思えば
成田か関空の選択肢しかないかな

悪天候によるダイバード以外は

関空では展望ホールのオープン前に狙うとしたら
船上撮影が有効的だ

夏のこの青空の下で軽量なのか
成田へ向けて急上昇してクライムして行った

B767に匹敵する迎角の大きさといっていい

スクートやアエロメヒコのB787の
倍ぐらいの角度がないかな?
と思わせるほどの急上昇に見えた

とにかく運が良いね!

フェデックスは6月19日に、ボーイング767と777をそれぞれ12機ずつ
確定発注したとすでに報じられている通り
運行効率の良い機材への更新を進める

当然のことながら、MD-11Fの退役は時間の問題だが
フェデックスは今日現在で65機のMD-11Fを
世界中で飛ばしているようだから
案外もう少し長く飛んでくれているのでは?
なんて淡い期待を抱いているのだが

さて、どうなるか

Nikon D5 600mm
1/1250 f8 ISO160
JPG FINE 撮影
(3枚とも)

KIX 船上から

際立たせる

jl_erj_170_hnd_20160818_0002

【Nikon D5 AF-S NIKKOR 80-400mm f/4.5-5.6G ED VR
1/1000 f8 ISO200  DxO OpticsPro11で現像】

タキシング中のヒコーキがその場でスタンバイさせられるほどの
激しい雷雨が降り

そして、止んだ

濃い灰色の世界に支配されていたRWYに
日没直前の太陽の光が低く差し込む

その光は離陸滑走するヒコーキのタイヤから出す水しぶきを
特別な存在にしてくれた

jl_b7367-800_ja327j_hnd_20160818_0001

【Nikon D5 AF-S NIKKOR 80-400mm f/4.5-5.6G ED VR
1/1000 f8 ISO200  DxO OpticsPro11で現像】

これらの写真は水しぶきである
ハイライトを際立たせた

露出も自ずと決まってくる

何を際立たせるかはすべて
撮影者に決定権がある

写真の差は世界観の差だ

世界観の差は、写真の経験年数に依存しない

人はぞれぞれ同じ光景を目の当たりにしても
見る場所も違えば
伝えたいことも違う

その伝えたいことを伝わるようにするために必要なのが
技術だ

同じ場所から複数人が狙っていれば
同じライティングをされたヒコーキが
それぞれの目の前にあるはず

地球規模の共通なライティングを目の当たりにして
それぞれが何を際立たせた写真に仕上げたいか

世界観が違うからこそ面白く

違うからこそ難しく

違うからこそ、単純でもある

jl_b767-300er_ja623j_hnd_20160818_0003

【Nikon D5 AF-S NIKKOR 80-400mm f/4.5-5.6G ED VR
1/800 f8 ISO100  DxO OpticsPro11で現像】

時にはモノトーンのように

JL_B767-300ER_JA602J_HND_20160823_0001

【Nikon D5 AF-S NIKKOR 600mm f/4G ED VR
1/1250 f8 ISO640 DxO OpticsPro11で現像】

低く垂れ込めた雲
ここは城南島海浜公園

なんだかんだ言っても
青空でヒコーキを撮りたいから
悪天候時に城南島に向かったことが珍しい

この日は何かに吸い寄せられるようにして
たどり着いた感があった

羽田空港が北風運用だったのも
風向き予報からすると意外だった

しかしながら
比較的低高度で離陸機が雲に吸い込まれていく光景を目の当たりにして
興奮度が一気に高まった

NH_B777-300_JA756A_20160823_0001

【Nikon D5 AF-S NIKKOR 600mm f/4G ED VR
1/1250 f8 ISO640 DxO OpticsPro11で現像】

雲をバックにベイパーを捉えるのは難しいことではないが
理想は真っ黒に近い濃い灰色だ
明るい曇り空だと目立たないことが多い

いずれにせよ、ベイパーに色がつくわけではないので
ベイパーと雲の濃淡差で表現することになる

色という概念を捨てる必要はないのだが
時にはモノトーンのように表現してみるのもいい

NH_B777-200_JA706A_HND_20160823_0001

【Nikon D5 AF-S NIKKOR 600mm f/4G ED VR
1/1250 f8 ISO400 DxO OpticsPro11で現像】

しかし、空にはロマンがありますね

雲に包まれていった先に
笑顔や涙や希望や絶望があるんだろうと思うと
撮っていて涙が出る思いです

ヒコーキ写真、と言っても
ミリタリーには一切興味がなく
エアライナーばかり追い続けているのは
この思いのせいなのです

今回はほんの1/1250秒、お邪魔したけれど
笑顔や涙や希望や絶望のひとかけらも知らず
思いやることも、ましては力になることもできず
そもそもそんなこと思っていても
単なるお節介であり大きなお世話でしかないんだけれど

なんかね
嬉しいような、切ないような

ヒコーキにはね
言葉にできない、いろーーーんな感情が
入り混じるのです

移動手段の一つ、でしかないのに

今回のシャッタースピードに選んだ1/1250秒に
そのすべてを注ぎ込む生き方しか知らないのですよ

それしか
知らないのです