MD-11F」カテゴリーアーカイブ

【2019.6.13】MD-11Fのうしろに

FedEx MD-11F N623FE

終日RWY34運用が続いていた成田空港。RWY34Lにラインナップするヒコーキを「さくらの丘」から狙う。

風が強く気温も低かったため、陽炎の悪影響は限りなく無いに等しい。ということでロクヨンに1.4倍テレコンを着けて840mmで撮影。

さて、RWYにせりあがってきたぞ!とファインダー越しにMD-11Fを狙っていると、なにやら背後に大きな目が。

うお!FLYING HONU1号機がトーイングされてきて絡んできた!!

(という驚きは確かにあったが、このタイミングを狙いすましていたという説が有力、笑)

特徴のあるヒコーキ同士が絡んでくれて、ちょっと嬉しかった。

FedEx MD-11F N618FE

これはFLYING HONUとのシーンの15分後に現れた別のMD-11F。

FedEx MD-11F N592FE

そして、これはFLYING HONUとのシーンの18分前に現れた別のMD-11F。

およそ30分の間に3機のMD-11Fに逢えるなんて、、シアワセ。

【2019.6.12】梅雨時期の気持ち

梅雨時期って撮影側の都合からすると、スッキリしない天気だなぁだけれど、時折太陽がヒコーキを明るく照らしてくれたり、曇天感満載だったり、雨が降ったり。

その変化量の大きさを楽しもう、という気持ちになっている。

梅雨の晴れ間は抜けが良いしね。

明日なんか、良いんじゃない?

【2019.5.9】引き寄せの法則か、確率論か

NRT RWY34L Final

晴れ 曇り 雨

と単純には分けられないけれど、撮影に行くとなれば晴れた方が良いだろうか。

曇り空には曇り空のドラマが待っているからか、あまり曇りを気にしない。むしろ嬉しいぐらいの時もある。

基本的にヒコーキは外で撮るわけだから、全天候型で構えている。

とはいえ、内容によるけどね。作品として狙うならどんな天気でも自分なりの表現をすれば良いし、記録性やレポート性の高い写真でクライアントのPR要素が高ければ高いほど雨より晴れの方が良いのは確かなのだが。

いつも思うのは、場数を多くすれば良いシーンに巡り合える確率が上がるのか、それとも良いシーンを引き寄せるのか、ということ。

同じシーンが繰り広げられていてもそこを見逃さず捉える人もいればその現象すら見ていなかった人もいるだろうし、そもそも人によっては興味のない世界かもしれない訳で。

写真の深さは単に上手いか下手くそかだけでは語れないね。

でもひょっとしたら、上手いと感じる要因の一つとして、人とは違う視点や表現したい世界があって、見る側をハッとさせる部分を兼ね備えていることが挙げられるかもしれないね。

雲が低い場合に、このシーンを想定もしくは期待しているか。

もしくは、まだまだ遠いとしてもレンズ越しにカメラを覗いているか。

それと、一つだけ確信があるのは、写真撮影には集中力が必要だし、集中している時の方が圧倒的に良い写真が撮れている。

長時間の撮影、連日の撮影であったとしても、人間の集中力は体力と同様限界があるから、メリハリをつけたりしっかり休んだりとセルフコントロールすることが大事だなと痛感している。

ところで、私の結論としては引き寄せの法則があると思っている。運がある、ということだ。確率論だけでは語れないものがある。

FedEx MD-11F

MD-11Fの離着陸を日本国内で撮ろうと思えば
成田か関空の選択肢しかないかな

悪天候によるダイバード以外は

関空では展望ホールのオープン前に狙うとしたら
船上撮影が有効的だ

夏のこの青空の下で軽量なのか
成田へ向けて急上昇してクライムして行った

B767に匹敵する迎角の大きさといっていい

スクートやアエロメヒコのB787の
倍ぐらいの角度がないかな?
と思わせるほどの急上昇に見えた

とにかく運が良いね!

フェデックスは6月19日に、ボーイング767と777をそれぞれ12機ずつ
確定発注したとすでに報じられている通り
運行効率の良い機材への更新を進める

当然のことながら、MD-11Fの退役は時間の問題だが
フェデックスは今日現在で65機のMD-11Fを
世界中で飛ばしているようだから
案外もう少し長く飛んでくれているのでは?
なんて淡い期待を抱いているのだが

さて、どうなるか

Nikon D5 600mm
1/1250 f8 ISO160
JPG FINE 撮影
(3枚とも)

KIX 船上から