JPG FINE 撮影」カテゴリーアーカイブ

【2019.6.26 自分の中のOKラインの確立】

Nikon D5   AF-S NIKKOR 600mm f/4E FL ED VR 
AF-S TELECONVERTER TC-14E III  
1/500 f8  ISO800
JPGFINE撮影 PhotoshopCCでトーン調整

写真に正解はない、と言われるけれども、実は正解がないこともない。

正解を知っていて、OKラインが自分の中で気付けるか、もしくは築けるか。

その結果で作品の良し悪しが残念ながら決まってしまう。

Nikon D5   AF-S NIKKOR 80-400mm f/4.5-5.6G ED VR   (80mm)
1/500 f8  ISO800
JPGFINE撮影 PhotoshopCCでトーン調整

プロとアマの違いって何だろう。

「写真を生業にしている」と答えれば明確か。

写真で飯を食うって、ある意味とてもクレイジーだなとも思う。

こんなにスケジュールなどを含めて不安定な職業はないし!。

フリーランスという名を持つ人間の宿命ではあるんだけれど、なんの保証もない中で日々戦っている。

もちろん、サラリーマンも戦っているとは思う。

まずは依頼されて撮る写真がきちんと、期待通りに、またはそれ以上に撮れるというのもプロとして必要。

好き勝手に自分が「これがいい!!」と納得する作品を、時間やお金をかけて気ままに撮るのとはやや系統が違う。その気ままな写真を作品としても撮るんだけれども、食べていけるプロのフォトグラファーは、依頼にされる内容に適った写真が撮れてナンボ。

それを毎日のように繰り返している気力と体力とやる気を持ち合わせた人たちを、プロフェッショナルと呼ぶ。

そうなると、単純にそれぞれの作品を並べて、上手いの下手だの、だけでは語れない世界であることが少しは想像できるかな。

Nikon D5   AF-S NIKKOR 80-400mm f/4.5-5.6G ED VR   (195mm)
1/250 f8  ISO400
JPGFINE撮影 PhotoshopCCでトーン調整

さて、話をOKポイントに戻すと、プロはOKポイントが確立されているし、していて欲しいし、しかもそれが高い位置で確立されているし、確立されていて欲しい。

23歳の時に写真スタジオのカメラアシスタントとして入社してから23年。

その間に少〜〜しずつ高まってきているであろう、自分のOKポイント。

「いいじゃん!」とは思うけど「これで十分!」とは思えず。

こうやって死ぬまでOKポイントを高めたり広げたり、時にはひっくり返してみたりしながら歩んでいくのだろうね。

【2019.6.20】成田はシャッターチャンスの宝庫

Nikon D5 AF-S NIKKOR 600mm f/4E FL ED VR
AF-S TELECONVERTER TC-14E III
1/1250 f8 ISO100
JPGFINE

ある意味、成田って気が抜けないんだよね。昼ごはんどきがないっていうか(笑)。

いつでもどこかしらにシャッターチャンスがあるイメージ。

こんなに楽しい空港は、他にないなぁと。

最近はそう思っている。

Nikon D5 AF-S NIKKOR 600mm f/4E FL ED VR
AF-S TELECONVERTER TC-14E III
1/1250 f8 ISO100
JPGFINE

【2019.6.19】明暗差を楽しむ

Nikon D5 AF-S NIKKOR 80-400mm f/4.5-5.6G ED VR (80mm)
1/160 f9 ISO100 WB Auto0 C-PL Filter
JPGFINE

雲が多くて視程が良いとき。これは最高にワクワクする状況だ。

明るいか、暗いか。ではなく、明暗差がどれだけあるか。

通常の撮影も、そこしか考えていない。

【2019.6.18】FLYING HONU RWY34L

Nikon D5 AF-S NIKKOR 80-400mm f/4.5-5.6G ED VR (230mm)
1/160 f9 ISO100 WB Auto0 C-PL Filter
JPGFINE

ホノルルからの帰り便。明るい時間におりてきてくれるのは本当に嬉しい。

この日はさくらの丘から狙った。

【2019.6.16】目立つことは良いことだ

Nikon D5 AF-S NIKKOR24-70mm f/2.8E ED VR
1/640 f8 ISO100
JPGFINE

当然のことながら1機だけ違和感があるのだが、今さらながらここまで目立つ特別塗装機は良いね。

遠くからでも、どこにいてもすぐに認識できる。

Nikon D5 AF-S NIKKOR 80-400mm f/4.5-5.6G ED VR (320mm)
1/500 f8 ISO100
JPGFINE

この機体もそうね。目立っていて、良いね。

細かいけれど、ノーズギアが接地するタイミングを狙った。

【2019.6.15】テーマを決めて

Nikon D5 AF-S NIKKOR 600mm f/4E FL ED VR
AF-S TELECONVERTER TC-14E III
1/1250 f8 ISO200
JPGFINE

今後のこともあるので撮りたいテーマが城南島海浜公園であったのだが、先日ようやく2時間ほど時間を捻出して撮影してきた。

真夏の光も綺麗だが、梅雨時期の晴れ間もとてもいい光だ。

このクオリティならJPG撮影で十分だし。

Nikon D5 AF-S NIKKOR 600mm f/4E FL ED VR
AF-S TELECONVERTER TC-14E III
1/1250 f8 ISO200
JPGFINE

A350は主翼幅が長いし、まったく反っていないのが正面からだとよくわかる。

最近思うのは、機体そのものを撮りたい私は、羽田と成田があれば十分すぎるほど撮りたいものが撮れてしまう。

どこかへ遠征に行こう、という気にあまりならないのはそれが原因だ。

地元の空港を愛し、撮って撮って撮り込む。

そして、撮るときは独りで。

これが私に一番合うスタイルだな。

【2019.6.13】MD-11Fのうしろに

FedEx MD-11F N623FE

終日RWY34運用が続いていた成田空港。RWY34Lにラインナップするヒコーキを「さくらの丘」から狙う。

風が強く気温も低かったため、陽炎の悪影響は限りなく無いに等しい。ということでロクヨンに1.4倍テレコンを着けて840mmで撮影。

さて、RWYにせりあがってきたぞ!とファインダー越しにMD-11Fを狙っていると、なにやら背後に大きな目が。

うお!FLYING HONU1号機がトーイングされてきて絡んできた!!

(という驚きは確かにあったが、このタイミングを狙いすましていたという説が有力、笑)

特徴のあるヒコーキ同士が絡んでくれて、ちょっと嬉しかった。

FedEx MD-11F N618FE

これはFLYING HONUとのシーンの15分後に現れた別のMD-11F。

FedEx MD-11F N592FE

そして、これはFLYING HONUとのシーンの18分前に現れた別のMD-11F。

およそ30分の間に3機のMD-11Fに逢えるなんて、、シアワセ。

【2019.6.12】梅雨時期の気持ち

梅雨時期って撮影側の都合からすると、スッキリしない天気だなぁだけれど、時折太陽がヒコーキを明るく照らしてくれたり、曇天感満載だったり、雨が降ったり。

その変化量の大きさを楽しもう、という気持ちになっている。

梅雨の晴れ間は抜けが良いしね。

明日なんか、良いんじゃない?