JAL」カテゴリーアーカイブ

【2019.5.20】空の青さをそのままに

JAL B787-9 JA871J

空の青さをそのまま活かしたくて、所有しているレンズで1位2位を争う青空が綺麗に写るレンズで撮影をした。もちろん、撮りっぱなしのJPG写真だ。

レンズによって機体の白色、空の色、鶴丸の赤の色など微妙にそれぞれ違う。

色だけでなく、同じ露出設定にしても1/3段から1/2段、レンズによっては2/3段ぐらい違うものもある。

ぞれぞれの特徴を感覚的に理解しておくことも必要だ。

MAS A350-900XWB 9M-MAC

梅雨入り前の五月晴れは光線状態もよく、気持ちのいい写真が撮れる。何もせず撮りっぱなしで十分過ぎる綺麗さだ。

ALK A330-300 4R-ALO

空をやや濃くしたければC-PLフィルターを使用するのもアリだが、ストレートにいこう。

【2019.4.29】超絶迫力アングルかも?!

JALの777-200の何気ないテイクオフシーン。その背後を走る工事車両(ダンプカー)に注目してみた。

このダンプカーの運転手は、ここを通る度に超絶迫力アングルでテークオフシーンを目の当たりにしているのかも?!と思ったら、気になって仕方ない。

もちろん、運転手の方は仕事に集中されているだろうから、いちいち「すんごい迫力だ!」と思っておられるとは限らないのだが。

このダンプカーの助手席に乗ってカメラを構えたら、、、なんて。

なかなか滑走路横まではいけないので、少しだけそんな妄想をしてしまった。

地味だけれど奥が深い明暗差を意識した写真

Nikon D5 80-400mm (260mm)
1/1000 f8 ISO200 C-PLフィルター
JPG FINE 撮影

地味、というのは
ころがり(タキシング中)など
派手な動きではない意味も込めているが
写真の醍醐味の一つに
明暗差を楽しむことがある

エアライナーの塗装は
基本的に白基調だ

当然のことながら
その白を白に見せるための
露出設定となる

例えば、展望デッキで
同行者などの人物を撮る露出設定と比較すれば
順光でエアライナーを撮ろうとすると
露出をマイナス方向
つまりは暗めに設定しないと
白が飛んでしまいがちだ

Nikon D5 80-400mm (155mm)
1/1000 f8 ISO200 C-PLフィルター
JPG FINE 撮影

ヒコーキ撮影では、晴れるのが望ましいが
雲が多いと、ある種のワクワク感が湧く

それは、太陽の光が照らす部分と
影になった部分
その明暗差を楽しむことができるからだ

C-PLフィルターも使用して
より強調することもあるが
極端に言えば、いかなる撮影時にも
光の明暗差しか念頭にない

そこの明るさが明るいか暗いかではなく
どれだけの差が、その世界の中にあるか

Nikon D5 80-400mm (400mm)
1/1000 f8 ISO100
JPG FINE 撮影

もちろん、主役であるヒコーキに
光が当たっていてほしい

もし当たっていなくても
ファインダーを覗きながら

「当たれ、当たれ」

と念じながらシャッターチャンスを待つ

当然のことながらカメラの露出設定は
光が当たったときイメージ通りに仕上がる
設定にしている

もし光が当たらなかったら
シャッターは切らない

取材や仕事は別ですよ
違う思考回路で撮っておりますので

あくまでも、自主的なヒコーキ撮影時の話です

Nikon D5 80-400mm (175mm)
1/1000 f8 ISO100
JPG FINE 撮影

ハミングバードディパーチャーする機に
光が当たっていなくても
落胆はしない(笑)

狙い方はいくらでもあるものです

シンプルゆえの奥深さ

シンプルがゆえに
アプローチショットは奥深い

ここにズラッと並べてみる
まずはデルタのA350-900

実に落ち着きはらい
気品の高さを感じる

Nikon D5
AF-S NIKKOR 600mm f/4E FL ED VR
AF-S TELECONVERTER TC-14E III
1/1250 f8 ISO250

R2-D2とこうして対面したのは
案外初めてかもしれない

Nikon D5
AF-S NIKKOR 600mm f/4E FL ED VR
AF-S TELECONVERTER TC-14E III
1/1250 f8 ISO250

787塗装は
今のうちに撮っておかないとね

Nikon D5
AF-S NIKKOR 600mm f/4E FL ED VR
AF-S TELECONVERTER TC-14E III
1/1250 f8 ISO320

そして、トリプルセブンの-300ERは
やはり長い

Nikon D5
AF-S NIKKOR 600mm f/4E FL ED VR
AF-S TELECONVERTER TC-14E III
1/1250 f8 ISO250

収まりがいいのは-200ER

Nikon D5
AF-S NIKKOR 600mm f/4E FL ED VR
AF-S TELECONVERTER TC-14E III
1/1250 f8 ISO250

しかしながら、やはりジャンボの美しさには
惚れ惚れとする

Nikon D5
AF-S NIKKOR 600mm f/4E FL ED VR
AF-S TELECONVERTER TC-14E III
1/1250 f8 ISO250

と言いながら、A380の威圧感も好き

Nikon D5
AF-S NIKKOR 600mm f/4E FL ED VR
AF-S TELECONVERTER TC-14E III
1/1250 f8 ISO320

ヒコーキ写真というと
気象条件の奇抜さというか美しさに
作品性の高さが依存されている感が否めないが

ここ最近、シンプルな写真の奥深さに
意識が行っている

順光できっちり撮る

このことに集中することも
実に奥が深く
ある意味難しい

単に写し止めるだけ
と言えばそれまでなので
ピントと構図、露出が合っていれば
それなりにはなるのだが

定点的に撮ると
その機に最適な立ち位置というのは
当然のことながらそれぞれ異なることがよくわかる

それがわかる前提条件としては
単レンズで撮ることだ

今回は600mmに1.4倍テレコンバーターを装着し
840mm相当にしてフルサイズのカメラで撮っている

機体の長さが長くなればなるほど
立ち位置をどうすべきかは
上の写真を見ればお分かりと思う

この微妙な立ち位置の変化
それに伴うレンズ選択が頭に入っていると
あらゆる場面、例えば初めて取材で訪れた空港などで
応用が効く

とまあ、わざわざそんな手の内は明かす必要はないのだが
時間されあれば羽田や成田へ足繁く通うには
理由があるということ

シンプルがゆえの奥深さを知ってしまった以上
イメージトレーニングや思い込みだけでは
どうにもならない世界がある

Nikon D5
AF-S NIKKOR 600mm f/4E FL ED VR
AF-S TELECONVERTER TC-14E III
1/1250 f8 ISO320

成田のA滑走路(RWY34L)には
大型機ばかりがアプローチしてくるが
たまにA320やQ400も入ってくる

Nikon D5
AF-S NIKKOR 600mm f/4E FL ED VR
AF-S TELECONVERTER TC-14E III
1/400 f14 ISO320

A320からA380、B777-300ERまで

長さや大きさがまちまちなヒコーキが短時間で撮れるので
RWY34Lランディングの時は
とても素晴らしい撮影時間となる

それと同時に
その「奥深さ」をまざまざと感じる
時間でもある

特別感

憧れていた
空港の制限区域内でヒコーキを撮ることを

一番最初に制限区域に入って仕事させていただいたときは
それはそれは興奮した

しかし、その興奮もおかげさまで遠い記憶

数え切れないほど、そして様々な空港で
入れてもらっている

特別な立場にいる

ということは十分自覚するようにしている

仕事とはいえ
制限区域に入れてもらうことが
当たり前ではないのだから

当たり前だ、と思った瞬間
全てが終わりへと向かう気がしている

人間は弱いものだし
勘違いをするもの

心して生きていかないと

そういう日々の意識は
とても大切だ

早朝のHND 2タミ展望デッキ

Nikon D5
AF-S NIKKOR 600mm f/4E FL ED VR
AF-S TELECONVERTER TC-14E III
1/2000 f11 ISO100
DxO OpticsPro11で現像

この季節
羽田空港(HND)の1タミ、2タミの両展望デッキのオープンである
午前6時30分よりも日の出時間が遅い

「ヒコーキと太陽を絡めたい」

という狙いを持ち2タミのデッキへ向かった

平日ということもあり
他にカメラを持つ人も少なかった

レンズを向ける先は、D滑走路(RWY05)の離陸機だ

Nikon D5
AF-S NIKKOR 600mm f/4E FL ED VR
AF-S TELECONVERTER TC-14E III
1/500 f8 ISO800
DxO OpticsPro11で現像

デッキについて1枚目に撮ったのが
このスカイマークの離陸

早朝の撮影ではドピーカンより
多少雲があったほうが好きだ

ヒコーキの背景として
地球らしいキャンバスになってくれる

ロクヨンに1.4倍のテレコンつけている

Nikon D5
AF-S NIKKOR 600mm f/4E FL ED VR
AF-S TELECONVERTER TC-14E III
1/1000 f8 ISO100
DxO OpticsPro11で現像

太陽自体は雲に隠れてくれた方が
濃淡で絵作りできて楽しい

明暗差と言ってもいい

写真表現で一番大事だと思うのは
この明暗差をどう生かすか

その究極の醍醐味が
雲がある早朝ヒコーキ撮影に詰まっている

Nikon D5
AF-S NIKKOR 600mm f/4E FL ED VR
AF-S TELECONVERTER TC-14E III
1/1000 f11 ISO100
DxO OpticsPro11で現像

もちろん、太陽自身が顔を覗かせてくれてもいい

この日は太陽と直接絡むことはなかったが
構図を考える上で実に写欲をそそる場面が多かった

Nikon D5
AF-S NIKKOR 600mm f/4E FL ED VR
AF-S TELECONVERTER TC-14E III
1/8000 f8 ISO400
DxO OpticsPro11で現像

C滑走路(RWY34R)にラインナップした「ベア・ドゥ北海道ジェット」

太陽の光に包まれて
冬の朝らしい雰囲気となった

Nikon D5
AF-S NIKKOR 600mm f/4E FL ED VR
1/1000 f8 ISO200
DxO OpticsPro11で現像

そして、2タミでの密かな楽しみは
このA滑走路(RWY34L)への着陸機狙いだ

1タミのデッキから見る工場群の印象と
少し異なっているのがいい

大きな機体が来ないかなと思っていたら
B777-300ERがアプローチしていることを
Flightradar24で確認すると
意識のすべてをこの瞬間に傾けた

何しろ、シャッターチャンスは一瞬だから

羽田の冬の早朝も
やっぱり面白い

京浜島に行くとき

_dsc9278

Nikon D5
AF-S NIKKOR 600mm f/4E FL ED VR
1/1000 f8 ISO100
DxO OpticsPro11で現像

青空でヒコーキが撮りたいな

そんなときは京浜島つばさ公園に行く
しかも、午後遅い時間からがいい

_dsc9297

Nikon D5
AF-S NIKKOR 600mm f/4E FL ED VR
1/1000 f8 ISO125
DxO OpticsPro11で現像

この日はすでにルフトのB747-8は飛び去っていた
それからというもの、離陸はややアイドルタイムを迎える

エアバンドに入ってくるのはC滑走路ランウェイ34Rへの
着陸機ばかり

離陸機を撮るチャンスも少なく
アングルも退屈しそうなのだが
何か不思議と惹きつけるものがある

このショットは
D滑走路ランウェイ05からの離陸機と絡んでくれた

_dsc9346

Nikon D5
AF-S NIKKOR 600mm f/4E FL ED VR
AF-S TELECONVERTER TC-14E III
1/1000 f8 ISO200
DxO OpticsPro11で現像

できるだけ飛行コースから離れて
ヒコーキ全体を撮るのも楽しいが
やはりボクの性分だろう

少しでもヒコーキに近づきたい

その思いが溢れ出てる写真が
必然的に多くなる

それにしても
抜けのいい深く青い空だ

_dsc9464

Nikon D5
AF-S NIKKOR 600mm f/4E FL ED VR
AF-S TELECONVERTER TC-14E III
1/1000 f8 ISO250
DxO OpticsPro11で現像

実は夕方になりかけるときに離陸する
このJALのナナハチをどう撮るか
いつも考えている

とてもいい光線状態のときに
離陸してくれるからだ

それに加えてナナハチは
離陸するときの迎角が大きくないから
低く飛んでくる

翼をいっぱいに広げて
とても美しい

_dsc9497

Nikon D5
AF-S NIKKOR 600mm f/4E FL ED VR
AF-S TELECONVERTER TC-14E III
1/1000 f8 ISO250
DxO OpticsPro11で現像

かなり太陽は低くなっているから
お腹も部分までよく見える

現像して気がついたが
左エンジンのブラストを太陽があぶり出してくれて
機体に模様のように映っている

こういう写真に萌えてしまうのだ

_dsc9500

Nikon D5
AF-S NIKKOR 600mm f/4E FL ED VR
AF-S TELECONVERTER TC-14E III
1/1000 f8 ISO250
DxO OpticsPro11で現像

ナナハチの飛ぶ姿に見とれてしまい
ずっとその姿を追ってしまう

_dsc9508

Nikon D5
AF-S NIKKOR 600mm f/4E FL ED VR
AF-S TELECONVERTER TC-14E III
1/1000 f8 ISO250
DxO OpticsPro11で現像

あ、鳥がフレームインしてきた

際立たせる

jl_erj_170_hnd_20160818_0002

【Nikon D5 AF-S NIKKOR 80-400mm f/4.5-5.6G ED VR
1/1000 f8 ISO200  DxO OpticsPro11で現像】

タキシング中のヒコーキがその場でスタンバイさせられるほどの
激しい雷雨が降り

そして、止んだ

濃い灰色の世界に支配されていたRWYに
日没直前の太陽の光が低く差し込む

その光は離陸滑走するヒコーキのタイヤから出す水しぶきを
特別な存在にしてくれた

jl_b7367-800_ja327j_hnd_20160818_0001

【Nikon D5 AF-S NIKKOR 80-400mm f/4.5-5.6G ED VR
1/1000 f8 ISO200  DxO OpticsPro11で現像】

これらの写真は水しぶきである
ハイライトを際立たせた

露出も自ずと決まってくる

何を際立たせるかはすべて
撮影者に決定権がある

写真の差は世界観の差だ

世界観の差は、写真の経験年数に依存しない

人はぞれぞれ同じ光景を目の当たりにしても
見る場所も違えば
伝えたいことも違う

その伝えたいことを伝わるようにするために必要なのが
技術だ

同じ場所から複数人が狙っていれば
同じライティングをされたヒコーキが
それぞれの目の前にあるはず

地球規模の共通なライティングを目の当たりにして
それぞれが何を際立たせた写真に仕上げたいか

世界観が違うからこそ面白く

違うからこそ難しく

違うからこそ、単純でもある

jl_b767-300er_ja623j_hnd_20160818_0003

【Nikon D5 AF-S NIKKOR 80-400mm f/4.5-5.6G ED VR
1/800 f8 ISO100  DxO OpticsPro11で現像】

青空で気持ち良く撮る

ba_b787-9_g-zbkk_nrt_20160901_0002

【Nikon D5 AF-S NIKKOR 80-400mm f/4.5-5.6G ED VR
1/640 f8 ISO200 PLフィルター使用  DxO OpticsPro11で現像】

エアボーン直後の低く飛び出したこのショットがいい

BAの塗装は素敵だ

B767のような容赦ない迎角ではなく
ゆったりと上昇していく787の優美さにぴったりだ

ba_b787-9_g-zbkk_nrt_20160901_0005

【Nikon D5 AF-S NIKKOR 80-400mm f/4.5-5.6G ED VR
1/640 f8 ISO200 PLフィルター使用  DxO OpticsPro11で現像】

ここは成田国際空港の撮影ポイント「さくらの丘」

「さくらの山」
「ヒコーキの丘」
「東雲の丘」

に比べると
やや撮影されている航空ファンも少ない印象だ

しかしながら晴天時のRWY16テイクオフ時には
行きたくてウズウズする

青空の中で素直に撮れる
至福の撮影ポイントなのだ

am_b878-8_n783am_nrt_20160901_0001

【Nikon D5 AF-S NIKKOR 80-400mm f/4.5-5.6G ED VR
1/640 f8 ISO200 PLフィルター使用  DxO OpticsPro11で現像】

jl_b787-8_ja834j_nrt_20160901_0001

【Nikon D5 AF-S NIKKOR 80-400mm f/4.5-5.6G ED VR
1/1000 f8 ISO250 PLフィルター使用  DxO OpticsPro11で現像】

「さくらの丘」は80-400mmのズームレンズ1本あれば
思う存分楽しむことができる

去りゆく夏を惜しむかのような写真だが
来年の夏はもっと頻繁に撮りに行こう

jl_b787-8_ja834j_nrt_20160901_0002

【Nikon D5 AF-S NIKKOR 80-400mm f/4.5-5.6G ED VR
1/1000 f8 ISO250 PLフィルター使用  DxO OpticsPro11で現像】

時にはモノトーンのように

JL_B767-300ER_JA602J_HND_20160823_0001

【Nikon D5 AF-S NIKKOR 600mm f/4G ED VR
1/1250 f8 ISO640 DxO OpticsPro11で現像】

低く垂れ込めた雲
ここは城南島海浜公園

なんだかんだ言っても
青空でヒコーキを撮りたいから
悪天候時に城南島に向かったことが珍しい

この日は何かに吸い寄せられるようにして
たどり着いた感があった

羽田空港が北風運用だったのも
風向き予報からすると意外だった

しかしながら
比較的低高度で離陸機が雲に吸い込まれていく光景を目の当たりにして
興奮度が一気に高まった

NH_B777-300_JA756A_20160823_0001

【Nikon D5 AF-S NIKKOR 600mm f/4G ED VR
1/1250 f8 ISO640 DxO OpticsPro11で現像】

雲をバックにベイパーを捉えるのは難しいことではないが
理想は真っ黒に近い濃い灰色だ
明るい曇り空だと目立たないことが多い

いずれにせよ、ベイパーに色がつくわけではないので
ベイパーと雲の濃淡差で表現することになる

色という概念を捨てる必要はないのだが
時にはモノトーンのように表現してみるのもいい

NH_B777-200_JA706A_HND_20160823_0001

【Nikon D5 AF-S NIKKOR 600mm f/4G ED VR
1/1250 f8 ISO400 DxO OpticsPro11で現像】

しかし、空にはロマンがありますね

雲に包まれていった先に
笑顔や涙や希望や絶望があるんだろうと思うと
撮っていて涙が出る思いです

ヒコーキ写真、と言っても
ミリタリーには一切興味がなく
エアライナーばかり追い続けているのは
この思いのせいなのです

今回はほんの1/1250秒、お邪魔したけれど
笑顔や涙や希望や絶望のひとかけらも知らず
思いやることも、ましては力になることもできず
そもそもそんなこと思っていても
単なるお節介であり大きなお世話でしかないんだけれど

なんかね
嬉しいような、切ないような

ヒコーキにはね
言葉にできない、いろーーーんな感情が
入り混じるのです

移動手段の一つ、でしかないのに

今回のシャッタースピードに選んだ1/1250秒に
そのすべてを注ぎ込む生き方しか知らないのですよ

それしか
知らないのです