DxOPhotoLab2」カテゴリーアーカイブ

【2019.5.29】どこまで無理がきくのか

撮りっぱなしJPG写真

機窓から写真。RWY05(D滑走路、一番手前の左右方向)を離陸して右旋回をしたあと、羽田空港の全景を望むアングルへきた。クリアな日に狙いたい構図だ。

ところがご覧の通り、視程が良くない。

こういった写真はどこまで無理がきくのだろうか。

まずは、このjpg撮りっぱなし写真をAdobe PhotoshopCCでトーン調整してみる。

撮りっぱなしJPG写真をAdobe PhotoshopCCでトーン調整

なんとか見られるレベルまでは持ってこれた。RWY22(B滑走路、奥の左右方向)あたりからは霞んでいるが、Adobe PhotoshopCCでの追い込みをしたときの特徴として、色調のナチュラルさが損なわれない感覚がある。

次に、DxOPhotoLab2で現像してみる。

DxOPhotoLab2で現像して書き出した写真

DxOPhotoLab2お得意の「Clear View Plus」を駆使して書き出した写真だ。ご覧の通り、DxOPhotoLab2の「Clear View Plus」を使用すると、クリアになった部分もあるが色調が損なわれているのがわかる。

さらにDxOPhotoLab2で現像して書き出したままの上の写真を、Adobe PhotoshopCCで調整をすると

DxOPhotoLab2で現像して書き出した写真ををさらにAdobe PhotoshopCCでトーンと色調を補正した写真

なんとかここまでは持ってこれたなというのが正直な感想。

というのも、この一連の検証の意義はどうしてもこのような霞んだ状況でも形にしなければならない取材や仕事のとき、どこまでが納品写真として成立するのか。

霞んだ状況が目の前にあって、「あとでこういった現像をすればここまでは持ってこれそうだな」と想定して撮っているかが大事なのではないかと思っている。

DxOPhotoLab2はいつも口にしている通り、ヒコーキ写真にはとても有効的な現像ソフトであることに間違いはない。ノイズ処理に関しては見事だし、「Clear View Plus」も使い方のよっては大きな威力を発揮する。

しかしながら、無理がきく、ということは世の中の摂理として何かが必ず犠牲になっているということ。

では、PhotoshopCCの Camera Rawの「かすみ除去」を駆使して現像したらどうなるか。

Adobe PhotoshopCCの Camera Raw で現像して書き出した写真をさらにトーン調整した写真

ぞれぞれの現像の特徴が出ているけれども、これはパッと見のレベルの話であることを付け加えておく。

プロの現場だと、このパッと見も大事なのだが、ピクセルが破損していないかどうかがチェックされる。いくら見た目が綺麗でも、ピクセルが破損していたら(ピクセルが崩れている、と表現されることもある)、印刷物向け写真として失格であることも多々ある。

最終的に使用されるサイズにもよるけどね。

ある意味事実を捻じ曲げているのだから、そりゃ無理しているわな、ということにあるが、納品物として成立させるためには多少の無理もきかせないと、ということ。

Adobe Photoshop のフォトグラファー向けプラン 980円/月〜がオススメ

https://www.adobe.com/jp/products/photoshop.html#photographer

DxO PhotoLab2は30日無料トライアルでまずはお試しあれ