【AIRLINE3月号】日本の旅客機JAレジストリー

AIRLINE3月号が発売されております。

特集は

1機1機に付与された登録記号の物語

日本の旅客機 JAレジストリー 全689機、一挙掲載!

です。

上の写真は、その中で扉写真に採用されたもので、JPG撮りっぱなしです。

視程の良い日でした!

私の撮影スタイルとして、スポッティング写真へのプライオリティーはそれほど高くはありませんが、青空で光が綺麗なときは意識してヒコーキ全体を入れて撮ることもあります。

求められているものは何か?を常に考えながら、といえばプロらしく聞こえますが、基本的には撮りたいものを撮りたいように撮るのが一番です。

不思議と「機体全体を入れて綺麗に撮っておきたいな」という心の声が聞こえてきて、数ヶ月そればかりを意識して撮っていると、そのような写真の提出を求められたりするのです。

第六感が働いている?!のかも。

いまは、自分のスタイルを貫く写真しか狙っていません。

さて、いよいよ明日に迫ってきました大阪でのド本気講座。

航空写真家対談のお相手は同世代の岡本豊氏です。

投影するスライドを作成していて「これ、3時間では足らないかも〜!!」

と思えるほどのワクワクが詰まった内容となりました。

ご参加予定の皆様、お楽しみに!!

なお、駆け込み参加表明も大歓迎です!

詳しくはこちらをご参照ください。

楽しみです!

ガラス越し

皆さまこんにちは!航空写真家の深澤明です。

普段はわざわざガラス越しで撮影はしませんが、空港によってまたは状況によってガラス越しで撮影せざるを得ないこともあります。また、取材時にガラス越しで撮影しなければならないこともしばしばあります。

常に「忍者レフ」はカメラバッグに入っていますが、使ったり使わなかったりです。

この日は夕暮れ時の雨上がりでいい状況でしたので、いろいろと撮っていて楽しめました。

ほぼ真横から夕陽を浴びるこの季節は、日暮れまでいろいろと狙えますね。順光側の2タミへ立ち位置を取るか、逆光側で機体や翼への映り込み狙いなどで1タミへ行くか。どっちも狙いたくなって本当にワクワクいたします。

少しローキーにして、機体の滑り感を出してみたり。やや渋めのトーンで表現してみてもいい感じです。

ちなみに上の写真(JALのB767)は鹿児島空港の搭乗口横のガラスから撮ったテイクオフショットです。白色優先のオートホワイトバランス(Auto0)のJPEG写真ですが、まあまあの発色をしてくれています。

その写真をRAWデータから現像してトーンを整えるとこんな感じ。

このレベルまで持ってくることができれば、仕事でも通用する領域に入ってきます。なので普段からあらゆる状況で撮影して、JPEGデータの状態、RAWデータの現像を経験しておくことが大事なのです。

不思議とその経験が活きる場面が必ずきます。

樹木でいうと、根っこをいっぱい伸ばしている感じでしょうか。揺るぎない大樹となるために。

いまさらではあるけれども

エアラインの塗装の表側は、ポートサイドだ。

エアライン名の英語表記は左から右だから、当然のことながらポートサイドが機首方向からの自然な流れになるし、特にJALの場合は鶴丸マークのクチバシ方向と進行方向が一致するから分かりやすい。

というのも、とある場所でJALの執行役員のインタビューをして、その後顔写真を撮るということになった。

その執行役員がJAL機のモデルプレーンを手にして「ニッコリ」のおきまりのポーズを撮る際に、右上がりに機首を向けて撮った方が縁起がいいかなと思い提案すると

「そうすると、鶴丸のクチバシ方向と機首方向が異なってしまうんですよね、、、」との指摘が。

これね、プロなら当たり前に認識しておけ!!と諸先輩方からお叱りを受けそうだが、正直にいうと現場でそのように指摘されたのは初めてだった。

機内誌やウェブサイト内で機種紹介ページでは、当たり前のようにポートサイドのイラストになっているから、常識中の常識ではあるのだけれど。

とはいえ、スポッターの写真がすべてポートサイドばかりかといえばそうでもないし、JALの2019年のフリートカレンダーをみても、ポートサイドとスターボードサイドは半々なので、一応念頭に置いておく程度でいいのだけどね。

いまさらではあるけれども、押さえるべき大事なことってあるよね。

【2019.6.17】撮りっぱなしJPG

Nikon D5 AF-S NIKKOR 80-400mm f/4.5-5.6G ED VR (220mm)
1/1000 f8 ISO200 WB Auto0
JPGFINE

この光ならば色被りもほとんどないので、JPGの撮りっぱなしで十分だね。

ゴミ取りしてリサイズしてマーク入れただけ。

気持ちいいなぁ、こういう撮影。

Nikon D5 AF-S NIKKOR 80-400mm f/4.5-5.6G ED VR (240mm)
1/1000 f8 ISO200 WB Auto0
JPGFINE

【2019.5.28】那覇空港国内線展望デッキ

JTA B737-800 JA04RK

早朝のSKY便で沖縄(那覇)入り。天気予報は曇りだったし、梅雨時期だからそれほど期待もしていなかったが、到着したら見事な晴れ。迷わず国内線の展望デッキへ。

撮影していたら休憩中だったJTAのディスパッチャーの方が声をかけてくださりしばしヒコーキ談義。

しかし、やっぱり沖縄の光は違うね!

一足先に到着したおかげで、羽田や大阪、福岡などからの到着便を次々と迎えることができた。

写真的には代わり映えのしないシーンだが、晴れ渡った日にこのデッキからの撮るのも何だか相当ご無沙汰な気がして、夢中になって撮影していた。

CAL B747-400 B-18215

ジャンボをド順光で撮影できるのも那覇の魅力だね。RWY18で良かった。存在感があるね、ジャンボは。FLYING HONUも沖縄の海に似合いそうだけど。

JAL B777-300 JA752J

JALが羽田から立て続けにB777-300が飛来してちょっとビックリ。那覇と新千歳は人気が高いね。

このワンワの着陸を撮って沖縄でのミッションの前哨戦は終了とした。暑くてそろそろ休憩モードでもあったし、なんたってお腹が空いちゃったから。カメラを片付けて空港食堂へ!!

三枚肉そばを食べた。もう一つぐらい食べられそうだったけど、腹6分目ぐらいで。

いざ出陣!!