月刊エアライン」カテゴリーアーカイブ

AIRLINE 7月号 peach 那覇=高雄線就航 初便レポートを担当しました

今発売中のAIRLINE(月刊エアライン)7月号にて
peach 那覇=高雄線就航初便レポートを
担当しております

沖縄=台南エリアの新たな「かけ橋」として活躍し
桃色の快進撃はまだまだ続きます!

高雄へは初めて飛びましたが
空港周辺の撮影環境も良く
また訪れたい空港の一つとなりました

AIRLINE 7月号の特集は
「最新・空港ガイド」です

是非お手にとってご覧ください

AIRLINE(月刊エアライン)9月号

201609AIRLINE

本日発売のAIRLINE(月刊エアライン)9月号では

ジェットスター・ジャパン4周年
映画「アングリーバード」特別塗装機
「ハッピージェット」しあわせ運航中!

映画『シン・ゴジラ』×スターフライヤー
特別塗装機「シン・ゴジラジェット」襲来!

花開く「日本のたたずまい」
新千歳空港 JAL国内線ラウンジ リニューアルオープン!

の写真と文などを担当させていただいております

是非ご一読下さいませ!

AIRLINE(月刊エアライン)8月号

AIRLINE201608_0001

AIRLINE(月刊エアライン)8月号が
発売されております

特集は「ニッポンの首都空港」

羽田空港の第1旅客、第2旅客ターミナルの
撮影を担当させていただきました

また、香港国際空港で行われたお披露目イベント
「新時代を告げる重要戦略機が運航開始!
キャセイパシフィック航空
Airbus A350-900」

「The Pier[ザ・ピア]ビジネスクラスラウンジ
キャセイパシフィックラウンジの新たなる真骨頂」

「初号機JA701Jで最新の777-200ERキャビン空間を体験
JAL SKY SUITE III 羽田=バンコク線でデビュー!」

「ALITALIA-DAY@ローマ
アリタリア-イタリア航空 新制服発表
アリタリア新スタイル、誕生」

「10月1日、CX543(HND→HKG)での旅客型完全退役が決定
ラストスパートに入った CX 747-400 密着ドキュメント」

「今月の機内食」

の撮影を担当させていただいております

ご一読いただけますと幸いです!

AIRLINE201608_0002

完全撮り下ろしインプレッション 成田、羽田でヒコーキを撮ろう!

AIRLINE201607_0001

5月30日発売のAIRLINE(月刊エアライン)7月号では

『飛行機の撮り方』

が特集されています

AIRLINE201607_0002

AIRLINE201607_0003

その特集の中で

深澤明カメラマンの完全撮り下ろしインプレッション
成田、羽田でヒコーキを撮ろう!

が8ページにわたって掲載されております
文字通り  「完全撮り下ろし」 です!

「ヒコーキ写真家たちは、日々撮影とどう向き合っているのか。」
でもページを割いてくださっておりますので
是非お手にとってご覧下さい

NRT_toyomi_20160505_0099

今回の撮り下ろし企画で
改めて成田と羽田の有名ポイントを回りましたが
やっぱり成田の十余三(とよみ)の東雲の丘と
羽田の城南島海浜公園、それに京浜島つばさ公園

この3ポイントの魅力を再確認しました

HND_keihinjima_20160504_0031

HND_johnanjima_20160430_0082

いかんです
明日にでもまた撮影しに行きたくなります

それではAIRLINE7月号をよろしくお願いいたします

AIRLINE(月刊エアライン)6月号

AIRLINE201606_01

ただいま発売中のAIRLINE6月号の

特集 エアライン・パイロットにて

「JAL機長のフライト哲学とパイロット人生」

「ANA教官操縦士の眼差しの先」

の撮影を担当させていただきました

AIRLINE201606_02

また、「JAL SKY SUITE III」 今夏就航! では
777-200ERに搭載される SKY SUITE の新シートを

新しくなった成田空港「JALサクララウンジ」
を撮影させていただきました

是非ご一読ください!

ロサンゼルス国際空港 クラターズ・パーク

EK_A380-800_A6-EEO_LAX_20160303_0002

《EK A380-800 A6-EEO》
【Nikon D4 80-400mm f/4.5-5.6 1/1000 f8 ISO200】

A380のテイクオフショットをこれほど近くで撮影したのは
初めてかもしれない

ANAの国際線定期便就航30周年のCA歴代制服特別フライトの取材で
成田から飛んだロサンゼルス

現地時間の午前9時すぎに到着し
折り返しは翌日0時5分発の羽田行きだったので
現地で9時間ほど時間があった

同行した他のメディアは皆さんウェブ媒体なので
現地到着後すぐに執筆作業に入っていた

ボクだけ単独行動だ

空港のセブンイレブンで食料と飲み物を買い込み
迷わずタクシーでロサンゼルス国際空港のベストポイントと言われる
クラターズ・パーク(Clutter’s Park)へ向かった

clutters-park_LAX_20160303_0004

さすがは有名な撮影ポイント
カメラを構える人たちで賑わっていた

そして皆さんCanonだ

「Canonはアメリカで強い」

と聞いたことがあるが
その現実を目の当たりにした

EK_A380-800_A6-EEO_LAX_20160303_0005

《EK A380-800 A6-EEO》
【Nikon D4 80-400mm f/4.5-5.6 1/1000 f8 ISO200】

A380はこのエミレーツ含めて2,3機
クラターズ・パークから一番近いRWY25Lから
テイクオフしていった

ロサンゼルス国際空港は4本の滑走路があり
クラターズ・パークからよく見えるのは手前側の
RWY25LとRWY25Rだ

ターミナルビルの向こう側がRWY24LとRWY24Rだが
実はポイントに到着してよく観察していると
RWY25Rからテイクオフするのは
アメリカ国内線の比較的小さな機体ばかりで
国際線の大きな機材はRWY24Lからのテイクオフが多かった

AIRLINEの5月号でご紹介したように
ANAの005便成田行きを最大のターゲットにしていたので
これはもしやハズれたかと不安になった

下調べしてきてANAのB777-300ERは
RWY25Rからのテイクオフだと信じていたが
初めて来た撮影ポイントなので
現場でしか感じることや観察することができない
感覚的な部分の確信や予想が全くない

しかも、ANA便以外の国際線は皆全てRWY24Lへ向けたプッシュバックをしている

だが、思わず

「やったー!ありがとー!」

と叫んでしまい周りから笑われたのだが
005便は見事にRWY25Rからテイクオフしてくれた

20160303_ANA_NRT-LAX_0494

《NH B777-300ER JA780A》
【Nikon D4 80-400mm f/4.5-5.6 1/1250 f9 ISO100】

ちなみにその後のJAL便やその他のアジア便は
RWY24Lからテイクオフしていった

さてそれから夕方まで、トイレも行かず
買い込んだ食料と飲み物だけで
たっぷりと撮影を楽しんだ

SV_B777-300_HZ-AK18_LAX_20160303_0001

《SV B777-300 HZ_AK18》
【Nikon D4 80-400mm f/4.5-5.6 1/1000 f8 ISO100】

視程もそれほど良くなく
太陽もあまり出てくれなかったが
目まぐるしく動き回るヒコーキたちに釘付けとなった

日本では見ることができないサウジアラビア航空

LX_A340-300_HB-JMC_LAX_20160303_0001

《LX A340-300 HB-JMC》
【Nikon D4 80-400mm f/4.5-5.6 1/1250 f9 ISO100】

だが、夕方近くになると
太陽が顔を出してくれるタイミングもあり
とても嬉しくなった

AA_A321-200_N118NN_LAX_20160303_0001

《AA A321-200 N118NN》
【Nikon D4 80-400mm f/4.5-5.6 1/800 f8 ISO400】

まさに太陽に向かってのテイクオフ
クラターズ・パークは1週間ぐらい連続して狙ってみたくなる撮影ポイントだ

clutters-park_LAX_20160303_0005

clutters-park_LAX_20160303_0001

clutters-park_LAX_20160303_0002

子供達も夢中でヒコーキを見ていたり写真を撮ったり
おじさんが真剣にヒコーキを狙っていたり
ファーストフードを買い込んでクラターズ・パークのテーブルとベンチで食べていたりと
皆の憩いの場ともなっていた

20160303_ANA_NRT-LAX_0502

《NH B777-300ER JA733A》
【Nikon D4 24-70mm f2.8 1/100 f5.6 ISO800】

日も暮れかけ再びタクシーでターミナルビルへ戻った

国際線ターミナルとターミナル3の間で
羽田から到着して翼を休めているANAのB777-300ERを
望むことができた

空もマゼンタ色に染まり
とてもいい雰囲気だった

AIRLINE(月刊エアライン)5月号

201605_AIRLINE

フォトグラファーの深澤明です

3月30日発売のAIRLINE(月刊エアライン)5月号では

成田空港で記念セレモニーを挙行
SKYTRAXランキング「5スター」の4年連続獲得発表
おめでとう! ANA国際定期便30周年

2016.3.3 NRT→LAX006便
ANA歴代ユニフォーム着用CA乗務のスペシャルフライト

天草空路を泳ぐ親子イルカ
“NEW MIZOKA”デビュー

さよならDHC-8

今月の機内食

を担当させていただいております

是非ご覧ください!

AIRLINE(月刊エアライン)4月号

201604AIRLINE_01

2016年2月29日発売の
AIRLINE(月刊エアライン)4月号

表紙はダラス・フォートワース空港のランプエリアで
撮影させていただいたJALの787-8です

JL12便 成田=ダラス・フォートワース線フライトレポート
787で飛ぶダラス そして、その先へ

中央ヨーロッパと結ぶ翼、LOTポーランド航空日本乗り入れ!
成田→ワルシャワ初便 LOT80便に乗る。

日本トランスオーシャン航空 BOEING737-800
2月10日、那覇=福岡、那覇=宮古でデビュー!

ピーチ 羽田=ソウル・仁川線就航
羽田国際線第二弾も深夜早朝便でGO!

今年6月、ついに国際宇宙ステーションへと旅立つ
ANA767パイロットから宇宙へ!
大西卓哉 宇宙飛行士

今月の機内食

などを担当させていただいております

お手にとってご覧いただけますと幸いです

さて、ダラス・フォートワース空港の話題を少しだけ

20160125_JAL_DFWap_0009

JL12便がダラス・フォートワース空港に到着するのは夜明け前です

入国後ターミナルに隣接する駐車場へ行ってみると
見事な日の出を迎えることができました

日本で見る太陽とは少し違い
オレンジ色も濃かったのが印象に残っています

それにしても、ダラス・フォートワース空港はアメリカン航空だらけ!

当たり前か
アメリカン航空の本社がある同社のハブ空港ですからね

20160125_JAL_DFWap_0055

新塗装は「ザ・アメリカン」といった感じで好きですが
やはりボクのイメージはこのポリッシュ塗装がいまだに強烈です

20160125_JAL_DFWap_0219

20160125_JAL_DFWap_0259

JALの成田=ダラス・フォートワース線は
4月末発売の「航空旅行 VOL.17」のJAL特集でも
フライトレポートが掲載されます

現地ダラスやフォートワースの観光地のご紹介と
成田への帰り便も取材を敢行

こちらも合わせてご期待ください!

月刊エアライン9月号 中国国際航空747-8Iで、飛んだ!

AIRLINE_201509

7月30日に発売された月刊エアライン9月号

「中国国際空港747-8Iで、飛んだ!」
の写真と文を担当させていただきました

ジャンボ好きの方必見です
なんと、アジアで747-8Iに乗れる路線がありました!

羽田-北京線と合わせ渾身の6ページレポートです

他、特集のANA×JAL内でも
シートやラウンジ、新しい荷物預けシステムなど
写真が多数採用されております

是非ご一読ください

CA_B747-8I_PEK_20150613_001

月刊エアライン8月号

AIRLINE201508_01

いま発売中の月刊エアライン8月号

「JAL 787-9が切り拓く国際線の新たなシーン」
で、6月11日夕方成田に到着したJAL787-9初号機の
写真(小久保さん撮影分もあり)と文を担当させていただいております

AIRLINE201508_03

基本的には787-8と同じですがキャビンの様子も取材しております

また、「ANA 787-9国際線仕様機のエンタメがすごい!」
では実際に台北-羽田便に搭乗しマップの3D化やLIVETVサービスの様子を
取材し、写真と文を担当させていただいております

AIRLINE201508_04

そのほか、成田空港に日本で初めて登場した「エミレーツラウンジ」や
羽田特集のターミナルなどを撮影させていただいておりますので
ぜひチェックしてみてください!