日本トランスオーシャン航空」カテゴリーアーカイブ

【2019.6.1】スポット繰り

ある日の新石垣島空港でのワンシーン。

ANAの東京行きのトリプルがプッシュバックしつつエンジン始動。滑走路へ向けてタキシングを始める頃に、JTAの沖縄からの便の到着に備えて地上スタッフがスタンバイ。上手い具合にスポット繰りがなされているが、他社便であるこのトリプルが若干遅れたら、JTAは待つことになる。

大幅遅れならばスポット変更するだろうけれども、厄介なのがおそらく何らかの理由による若干の遅れ。定時運航をそれぞれ意識しているだろうから、きれいごとばかりでは済まないだろうことは想像がつくが、お互い様の精神もどこかにはあると信じたい。

ところで、石垣から話題を変えるけれども、羽田から那覇への航路で右側の窓側から見えるこの島をご存知だろうか。

沖縄最北端の有人島、「てるしの」の島、「伊平屋島(いへやじま)」だ。行ったことはないのだが、隠れた楽園とも呼ばれ沖縄の原風景に触れることができるのだとか。

「てるしの」とは太陽神を表す古語だそうで、天照大神が隠れたとされる岩戸伝説もあるそうだ。

ちなみに、ハブはいるみたい。

さらに那覇に近づくと、滑走路が並行している島の上を通過する。

これは「伊江島」だ。沖縄本島からフェリーで30分の離島だから日帰りも可能とのこと。

なんかやたら滑走路らしきものが見えるね。左下にかろうじて見えているのが伊江島空港で現在では緊急輸送のみに使用されているのだとか。手前から2本目の滑走路は米軍補助飛行場跡地。一番向こう側は米軍の演習場だそうだ。

南の島の空中散歩的風景はやはり楽しいね。

【2019.5.28】那覇空港国内線展望デッキ

JTA B737-800 JA04RK

早朝のSKY便で沖縄(那覇)入り。天気予報は曇りだったし、梅雨時期だからそれほど期待もしていなかったが、到着したら見事な晴れ。迷わず国内線の展望デッキへ。

撮影していたら休憩中だったJTAのディスパッチャーの方が声をかけてくださりしばしヒコーキ談義。

しかし、やっぱり沖縄の光は違うね!

一足先に到着したおかげで、羽田や大阪、福岡などからの到着便を次々と迎えることができた。

写真的には代わり映えのしないシーンだが、晴れ渡った日にこのデッキからの撮るのも何だか相当ご無沙汰な気がして、夢中になって撮影していた。

CAL B747-400 B-18215

ジャンボをド順光で撮影できるのも那覇の魅力だね。RWY18で良かった。存在感があるね、ジャンボは。FLYING HONUも沖縄の海に似合いそうだけど。

JAL B777-300 JA752J

JALが羽田から立て続けにB777-300が飛来してちょっとビックリ。那覇と新千歳は人気が高いね。

このワンワの着陸を撮って沖縄でのミッションの前哨戦は終了とした。暑くてそろそろ休憩モードでもあったし、なんたってお腹が空いちゃったから。カメラを片付けて空港食堂へ!!

三枚肉そばを食べた。もう一つぐらい食べられそうだったけど、腹6分目ぐらいで。

いざ出陣!!