去りゆくものが尊いのか

こだわりとしては「超望遠で」とテーマに決めて撮っていた先日。朝の羽田から成田へ移動してBランの着陸機を狙っていた。

おお、来たね、R2-D2。

レンズを80-400mmに変えた。

そのまま超望遠(ロクヨンにテレコン付けて、840mmとか1200mmとか)でもいいのかもしれないけれど、どこか寂しく切なさを感じていたのだろうか。

思い入れはないと思っていても、大事に撮っておこうと思ったんだろうか。

自分のことなのに、言葉にできないなんて、大人じゃないか。

理由は、どうでもいいか。

そうしたらスーパードルフィンもね、きたよ。

そうだったね。成田でもドルフィン撮れるんだったね。

写真的なことを常に考えているんだけれど、単に綺麗な写真だなと思う。

でもそれだけのこの2枚。

ちょっとね、ループに入っちゃったんだよね。

ちょうど1年前に一時SNSを休止したんだけど、春前はこういう気分や状況に落ち入りやすいのか。

それも自分だと、受け入れているけどさ。

綺麗じゃなきゃいけないことはないし、綺麗なだけじゃつまらない。

欲張りで、自分に対するプライドが高いのだろう。

そして、去りゆくものが尊い、という気持ちは比較的うすい。

「終わりか、そうか。」

ところが、唯一といっていいぐらい切ない時があったんだよ、昔に。トライスターが鹿児島から羽田に向かって最後の離陸をしたとき、まるで天国のような撮影環境であったかつての展望デッキからポジフィルムで撮ったんだけれど、泣きながらシャッター切ってた。航空を学ぶ大学生の頃に。

ダイレクトプリントをiPhoneで複写した写真だけれど、その時の写真を貼っておこう。今でもこみ上げてくる思いがあるよ、この写真には。

RWY34の滑走路へ向かう時、管制官へパイロットの方が「ANAのトライスターは今日でラストフライトを迎えます。22年間どうもありがとうございました。」っていったんだ。それをエアバンドで聴いていたボクは、急に涙がこみ上げて来てしまって。その後、どうやってファインダーを覗いてシャッターを切っていたのか。ただ、泣いていたのはよく覚えている。

「22年間本当にお疲れ様でした。」と男性の管制官が応えて、見事に離陸していった。時折雲がかかる微妙な天気だったけれど、日が当たるのを信じて露出も固定して撮った。

右旋回して霧島連山の近くを飛び、宮崎方面へ点になって見えなくなるまで眺めてた。

生まれて初めて9歳の時に乗ったヒコーキがトライスターだった。羽田から函館へ飛んだんだよね。興奮した。あの瞬間から始まったんだろう。

トライスターは、尊く感じたな。

見慣れたのか、それとも。。

ルフトハンザの新塗装。目にする機会は増えたが、見慣れたのだろうか。

それとも、洗練されたイケてるデザインなのか。

この機体を撮ったとき、旧デザインよりこっちの新しい塗装の方がカッコいいと思った。

垂直尾翼からの流れで機体胴体へ同一カラーでペイントされているデザイン自体は、カンタスにも採用されているデザインだから目新しいわけではないけどね。

機体のデザインは黄色をなくしてブランドカラーをプレミアム感を象徴する「ルフトハンザブルー」一色にしたとはいえ、先だってフランクフルトで経由した際に見た空港のカウンターやチケット、LOUNGEへの動線や自動チェックイン機などには「イエロー」が効果的に使われているように見えた。

デザインのリニューアルに関するビジュアルを見ると、上の写真の左から2番目のカウンター前面の板は、「ルフトハンザブルー」に順次変更されていくみたいだし、いまは過渡期。

何でも新しいものの方が見慣れてくるせいか、旧ロゴや旧デザインよりもカッコいいなと思うことの方が多い。

ヒコーキの形状も同じで、確かにB747-400やMD-11Fは好きな機体だけれど、B787やエアバスA350XWBの方が洗練されている感はある。

好みの問題もあるけれど、主翼形状にしろ、ウィングレットにしろ、当然キャビン内にしろ、新しい方がカッコいい。

トヨタのエスティマにしても、最終形が一番カッコいいなとも思うし。

アンティークや古き良きモノを愛する人たちもいるけれども、あくまでも私感としては新しいモノ好きだ。

そこをベースに考えても、強引に話を転換すれば、青木勝さんの写真は色褪せないし、今でもココロにグッとくるものがあった。

あの印象に残る感じは、なんなのだろうか。

さらにヒコーキ写真の奥深さに魅了されたし、あくなき意欲も生まれてきた。

あの日からオートホワイトバランスで撮るのをやめたしね、私。

かつては「一つでも変動要素を少なくしたい」という考えから、オートホワイトバランスは使わず晴天モードで撮っていたのだが、機体の白色にこだわり試行錯誤した結果、NikonのD5になってから「白色を優先する」Auto0というオートホワイトバランスが思いほか優秀で、それを突き詰めていた。

「機体の白にこだわるよりも大事なこと」

に意識がいくようになっていたので再び晴天モードに変えた。

このタイミングで青木勝さんのお話をお聞きしようと思ったのには、きっと大きな意味があったのだろうと思う。

「これで良し」「このスタイルで完成だ」

というのは一生ないだろうと思うほど、写真だけに限らず芸術の世界は奥が深い。

写真への飽きることのない探究と同時に、新しいことへの挑戦もしたい。

誰に批判されようが、皮肉を言われようが構わない。

動画だって撮るし、編集だってする。まだまだ素人のヨチヨチ状態だけれど、コツコツと積み上げていきたい気持ちしかない。

持っている情報やスキルだけでは価値がなく、行動量の多さが価値を生み出す。そんな時代だからこそ、いろいろとやりたいね。

青木勝さんといえば

ジャンボですよね。明日のド本気講座新春特別企画では、ジャンボの魅力をいっぱい語り合いたいです。あとは、お互いニコンユーザーですからね。カメラやレンズの話も盛り上げていきたいです。

朝は雪になるのかしら。

参加される皆さま、くれぐれもお気をつけておいでください。

ん〜〜〜〜〜、あと1番違い。。。

あ、独り言です。

スマホ普及率80%時代の写真発信について

写真のトーンが渋くても派手やかでも同じ。ブログやSNS含めてPC画面で見る方も多いけれども、日本でのスマホ普及率80%時代には圧倒的にスマホ画面で目にすることが多いと考えて良いと思う。

さらにツッコんで書けば、スマホ画面を意識した写真のトーン作りをする必要があるし、そこを意識しないのは極端なことをいえば大多数の閲覧者の存在を無視していることとも言える。

ド本気講座でよく伝えている写真の最適化に通ずる話なんだけど、PC画面だけでなくスマホ画面での「映え」はしっかりと意識すべき時代なのね。

「オフィシャルの写真で、これか、、」と愕然とするワケですよ。あまりにSNSでの発信を軽く考えてはいないかい?と。そのビジュアルがブランド力の向上、見る者への期待感の創造となっていれば良いのだけれど、明らかに低クオリティーな写真を堂々と掲載されちゃうと、それこそ「ボディーブロー じわじわとは効かない説」と一緒で、一発KOなんていうダメージにもなりかねないと思うの。悶々、悶絶状態よ、マジで。

その立場になってもいないのに偉そうなことを言うでない、と叱られても嫌われてもいいの。良いものは良い、悪いものは悪い、と言えないとこれからはダメ。誰が撮った、ではないのよ、もはや。

撮りっぱなしJPGでも良い。RAWから現像するでも良い。それはポリシーだしスタイルだからそれぞれで良いの。いずれにせよ、少なくとも万人のOKラインは超えていないとねってこと。

これは航空写真家として生きている自分への戒めの意味で書いているんだけどね。

機材を信じて、メーカーの色作りを信じて撮っていることは誰でも同じ。でもね、最低限のトーン調整はしても良いと思うし、するべきだと思う。

みんなはどう見ているんだろ。本当に聞いて回ってみたい。

雨にも負けず

皆さまこんにちは!航空写真家の深澤明です。

ヒコーキ写真について。

すべてにおいてシャープでなければいけない、なんてことはないと思っています。

味。テイスト。タッチ。

個性は大事にしたいところです。

今日はフォトグラファー人生においての、いや、単に人生においての恩人の方と久しぶりにお会いすることができました。

プロフェッショナルフォトグラファーとは、好き勝手思い通りに撮りながらお金をいただいてる人のことではありません。

必ず、要望、要求があり、それに真摯に写真で応え続ける人のことを言います。

さらには「お金を払ってでもこの人に撮ってもらいたい」と思ってもらえる人のことです。

そういった基本中の基本といいますか、写真の世界で仕事をしていくための基礎部分を叩き込まれたお相手なのです。

いまの私があるのは、この恩人の方のおかげです。お袈裟ではなく。

そして「深澤さんのインタビューは面白い」と言っていただくことが少なくないのですが、このインタビュー手法は何を隠そう、この恩人の方のインタビューを横で8年間聴き続けてきたことによって培われた、私の財産のようなものなのです。

真剣に写真を撮りながら、横で真剣に聴いていたことが、私の脳と身体にしみつきました。

その恩人の方は今ごろ、新幹線に乗って西へ向かっていることでしょう。

またお会いできる日まで、私も精一杯生きていきます。

【告知です】ルーク・オザワ氏をお招きしてのトークイベント

ド本気講座 特別編 航空写真家ヒコーキ写真対談企画

深澤明 × ルーク・オザワ 開催決定 !!

2019年8月31日土曜日 成田にあるマロウドインターナショナルホテル成田にて

ド本気講座特別編 航空写真家ヒコーキ写真対談企画 

深澤明 × ルーク・オザワ を開催することが決定いたしました !


ゲストにヒコーキ写真の第一人者ルーク・オザワ氏をお招きしてヒコーキ写真について語り尽くします。


ヒコーキと風景をシンクロさせる神業を持つルーク・オザワ氏と光をいかに捉えてヒコーキのカッコ良さに迫るかを追求する深澤明が対談しどういう化学反応を見せるか。


使用カメラもCANONとNIKON、生み出される作品たちも含めて一見すると対極に位置する航空写真家同士が語るヒコーキ写真の世界とは。


ざっくばらんな本音トークになること間違いなし。これは見逃せません !! 聴き逃せません !!


実はルークさんも深澤も、当の本人たちがこの対談を一番楽しみにしております。
夏の終わりに成田の地で、熱い熱いヒコーキ写真談義で盛り上がりましょう !!

【開催概要】


・ド本気講座 特別編 航空写真家ヒコーキ写真対談

深澤明 × ルーク・オザワ

ゲスト : ルーク・オザワ氏


・日時 : 2019年8月31日土曜日 13:00~16:30 〈12:20受付開始〉


・場所 : マロウドインターナショナルホテル成田 1階宴会場   

(各自シャトルバスなどでお越しください)     https://www.marroad.jp/narita/access/index.htm

・内容 :  ヒコーキ撮影で一番大切にしていること/こだわりを語り尽くす/いい写真とは何か/質疑応答 など


・受講料 : 8,000- (税込)  〈お申し込み後指定口座へお振込ください〉

なお、当日受付にて直接お支払いいただくことも可能です。その場合は、受講料が9,000-(税込)となりますのでご注意くださいませ。


・主催 : エースフォトグラファー株式会社


・お申し込みはこちらのフォームからお願いいたします

PC用 https://www.secure-cloud.jp/sf/1561289768iKPsIOOO

スマホ用 https://www.secure-cloud.jp/sf/sp/1561289768iKPsIOOO

皆さまのお申し込みを心からお待ちいたしております!!

【2019.6.20】成田はシャッターチャンスの宝庫

Nikon D5 AF-S NIKKOR 600mm f/4E FL ED VR
AF-S TELECONVERTER TC-14E III
1/1250 f8 ISO100
JPGFINE

ある意味、成田って気が抜けないんだよね。昼ごはんどきがないっていうか(笑)。

いつでもどこかしらにシャッターチャンスがあるイメージ。

こんなに楽しい空港は、他にないなぁと。

最近はそう思っている。

Nikon D5 AF-S NIKKOR 600mm f/4E FL ED VR
AF-S TELECONVERTER TC-14E III
1/1250 f8 ISO100
JPGFINE

【2019.6.19】明暗差を楽しむ

Nikon D5 AF-S NIKKOR 80-400mm f/4.5-5.6G ED VR (80mm)
1/160 f9 ISO100 WB Auto0 C-PL Filter
JPGFINE

雲が多くて視程が良いとき。これは最高にワクワクする状況だ。

明るいか、暗いか。ではなく、明暗差がどれだけあるか。

通常の撮影も、そこしか考えていない。

【2019.6.18】FLYING HONU RWY34L

Nikon D5 AF-S NIKKOR 80-400mm f/4.5-5.6G ED VR (230mm)
1/160 f9 ISO100 WB Auto0 C-PL Filter
JPGFINE

ホノルルからの帰り便。明るい時間におりてきてくれるのは本当に嬉しい。

この日はさくらの丘から狙った。