成田空港」カテゴリーアーカイブ

【2019.5.22】光の芯はどこだ

光の芯がどこにあり、どのぐらいの強さなのか。

写真は「光の明暗差が大事」と日頃から口にしているのだが、光の芯の位置と強さがわかっていると、そこを基準点にすることができる。

そこに露出を合わせたときに、それよりも暗い部分がどう写るのか。

頭で自然と考え、捉えていることなので理屈にしようとするとややムズカシイが、逆にいえば光の芯の位置と強ささえ捉えていれば、明暗差を活かして表現幅も広がるということ。

【2019.5.21】VNの色

オートホワイトバランス (白優先) で撮ると青っぽさが浮き出る(正確にはシアン)

VNの色は再現が難しい。光の当たり方によっても変化が大きいけれども、見た目と撮影した写真データとのギャップが大きい。

上の写真はNikon D5で白優先のオートホワイトバランスでJPG撮影したもの。

こんな色ではなかったなぁ。もっと濃い緑色の印象が強いなぁ。

そこで、ベトナム航空のウェブサイトを見てみると、、、

https://www.vietnamairlines.com/jp/ja/plan-book/our-fleets

おそらく写真だと再現性が難しかったんじゃないかな。イラストしかなかった。

その色を参考に「シアン系」の色相を回して見て色を探ってみる。

ウェブサイトのイラストには近くなった。でもね、現場ではもっと濃くて深い緑色を感じるんだよね。

イメージとしてはこのぐらいの印象。

これでもまだゴールではない気がするけれど、なかなか再現するのが難しい。

ウェブサイトでは ↑ の色味なんだけれど

印象は ↑ こっちの方が近い。

これよりは

こっちな気がする。

これね、いま予定があるわけではないのだけれど、もしVNのフライトレポートの仕事が入ったとき。もしくはVNが特集されるとき、印刷される写真データの追い込み方を想定しておかなければと思うのね。

深い青色、深い緑色は印刷領域として難しい部分だが、誤解のない色に仕上げないとと思う。

【2019.5.20】空の青さをそのままに

JAL B787-9 JA871J

空の青さをそのまま活かしたくて、所有しているレンズで1位2位を争う青空が綺麗に写るレンズで撮影をした。もちろん、撮りっぱなしのJPG写真だ。

レンズによって機体の白色、空の色、鶴丸の赤の色など微妙にそれぞれ違う。

色だけでなく、同じ露出設定にしても1/3段から1/2段、レンズによっては2/3段ぐらい違うものもある。

ぞれぞれの特徴を感覚的に理解しておくことも必要だ。

MAS A350-900XWB 9M-MAC

梅雨入り前の五月晴れは光線状態もよく、気持ちのいい写真が撮れる。何もせず撮りっぱなしで十分過ぎる綺麗さだ。

ALK A330-300 4R-ALO

空をやや濃くしたければC-PLフィルターを使用するのもアリだが、ストレートにいこう。

【2019.5.18】理想的な季節

朝の成田空港。RWY16運用時のヒコーキを1タミの展望デッキから撮影するときの光の当たり方は、今の季節が理想的な気がする。

ノーズ側へ理想的な角度で当たってくれて色温度も高く、白抜けがいい。

しかも陽炎が少ないときたものだから、願ったり叶ったり。取材前に関わらず夢中になって撮影していた。

さらに、雲がこのような濃淡のある背景を演出してくれて、さらに喜びが増す。

特にこの日はクリアな空気だったけどね。

すべてJPG撮影。

【2019.5.16】夕陽に輝く機体

この1機だけが、見事に夕陽に照らされて輝いてくれた。

こういうドラマティックな光景に出逢えたら、JPG撮影のデータで十分。

ちょうど濃度の濃い雲がバックになってくれて、ラッキーだった。

富士フィルムのベルビア50を思い出す発色だね。ISO64相当で撮影して、いつも1/2増感していた。

ベルビアだともう少しオレンジっぽく写るし、もう少しコントラストが高くなる。

ま、ベルビアを語ると思い出話になってしまうが、デジタルのJPG撮影でこの仕上がりなら、文句はない。

【2019.5.15】A350XWBの黒いコクピット窓

A350の特徴の一つ。黒いコクピット窓。怪傑ゾロにちなんで「ゾロマスク」などと呼ばれているそうだが、これってなんで黒いんだろうね。

このコクピット窓周辺を黒するのを正式には「シェイズ・リバリー」と呼ばれ、A330neoにも採用される。

デザイン的理由ではなく、航空力学に基づい効率化をさらに拡張するもの。

気流の流れを減少させる効果もあって、空気抵抗の軽減に繋がるんだとか。

また、窓を黒くすることで窓の温度調節が容易になるだけでなく、少しくぼんだ状態にすることでコクピットクルーの視界をよくするのも狙いなのだそうだ。

まあでも、サングラスをかけているように見えて、面白い特徴だよね。

【2019.5.14】久しぶりの飛んでいるハワイアン

飛んでいるハワイアンの機体を久しぶりに撮影した気がする。日没後のやわらかい光の中で捉えることができた。だいぶ陽も伸びたね。

A330はファイナルアプローチ中、機首を上げ気味なので対角線構図に収まりやすい。

成田のB滑走路 (RWY16L) 順光側のお気に入り撮影ポイントから、600mmに1.4倍テレコンをつけて840mm相当。立ち位置にもよるけれど、840mmがしっくりくる場合が多い。

【2019.5.13】さくらの山

日没直前のテイクオフシーンをさくらの山から

この日はドン曇りだったこともあり、撮影者も少なかった。

成田空港での取材を終えてターミナルの駐車場から空を見上げると、西側だけ雲が途切れていて妙に明るい。

そこで、さくらの山へ行ってみることにした。

狙っていたのは上の写真ではなく別アングル太陽からの直接の光は必要なかったのだが、日没直前にダイレクトに光が当たった。

いい角度から光が当たるね、この季節は。

ちなみにこれはJPG写真だ。

【2019.5.12】美しいのは一瞬

成田空港のA滑走路 (RWY16R) ファイナルアプローチ機を遠目から狙う

夕暮れ時、綺麗な色の空になるのはほんの一瞬。そのタイミングにヒコーキが来るかどうかは出逢いの瞬間でしかない。

成田空港の16運用の場合は比較的A滑走路への着陸機も多いのでチャンスは多いが、それでも綺麗な空と絡むのは数機かな。

これから梅雨に入っていくけれど、天気が一時的に回復したときなので夕暮れは驚くほど綺麗だったりするからこれからの季節は楽しみだな。

冬は朝から夕暮れまでの時間が短いから光の変化を短時間で楽しめる。これからの季節は朝から夕暮れまで長時間楽しめる。

まあ、結局一年中楽しいんだけどね。

【2019.5.11】ANA787ロゴ機

ANA B787-8 JA814A 2012年9月に機材登録

バッテリー改修なども含めて飛行していない期間があったとはいえ、機材登録されたのが2012年ということで重整備間近。この787ロゴ機が通常塗装になるのも時間の問題。

羽田や成田で787ロゴ機と遭遇する度にキレイに撮影しておこうと思う反面、頭の中では冷静に「長くは使えない写真だな」というのが本音。

このような青空の横位置写真は作品性はほぼないに等しいけれど、とても重要。

利用価値の高い写真なので、空抜けがいい日はこの撮影に徹するときもある。まさに昨日の朝がそれ。

朝は北風運用だったので、B滑走路 (RWY34R) への着陸機を、自分のお気に入りポイントからひたすら狙っていた。

ANA B787-9 JA873A 2015年9月に機材登録

国際線機材として世界中を飛び回っているR2-D2。遭遇率は高いが成田の朝の光で撮るならばRWY16運用の方がいい。なぜならば、ノーズのトーンが濃いから。そこに光を当てたい。

TGW B787-8 9V-OFG 2017年7月に機材登録

流れで他社の787も少し。スクートの黄色は補色の関係で青空に映える。LCCでWi-Fiが利用できるのは嬉しいよね。

LOT B787-9 SP-LSC 2018年6月に機材登録

LOTポーランドのこの機体はエア・リース・コーポレーション (ALC) からリースされている機材で、ポーランド独立100周年を記念した特別塗装機だ。

公開されている動画では、ポーランド空軍機が出迎えをしている光景などが収録されている。

「ポーランド独立100周年」というけれど、世界史に詳しくないけど、ちょっとだけ。

ポーランド自体は今年2019年で建国1053年を迎えている。ポーランド王国の源が誕生したのは西暦966年。つまり10世紀に誕生している。そして16世紀まではピャスト朝とヤギェウォ朝という2つの王朝が支えてヨーロッパでも大きな勢力を誇っていたそうだ。しかしながらドイツとロシアの間に位置していることから数々の苦難を強いられてきた国でもある。

と、ここで歴史を学びつつ執筆を進めると何のブログかわからなくなるので手短にするが、紆余曲折ありポーランドは衰退して1772年、ロシア、プロイセン、オーストリアの3国によって分割されてしまうことになる。その後国政改革を行い国家維持に努め、最後の国王はヨーロッパ初の憲法を制定する。ところが新憲法を嫌ったロシアが再び介入。2回目の分割を迫り、ポーランドはロシア軍と戦って激しく抵抗をする。ロシア軍の勢力は圧倒的で対抗できなかったが、ポーランドは分割への承認は沈黙を続けたそうだが、そのことで分割への同意と見なされてしまう。

そこからまた色々あって1795年、3度目の分割によってポーランドは完全に消滅し、以降123年、ポーランドは世界地図から姿を消す。

1918年にポーランドが独立することになるのだが、国が一つなくなって123年後に再び国が誕生するって、語りつくせないほどの壮絶な歴史だと思う。

我々日本人は歴史の教科書で、第二次世界大戦のきっかけとなった事実として「ポーランド侵攻」というワードを記憶していると思う。

消滅、独立、そして世界大戦と、壮絶な歴史を辿ってきたポーランド。

このポーランド独立100周年記念特別塗装機に込められた想い、壮絶な歴史に少し興味を持ってみるのもいいかもしれない。