フェデラルエクスプレス」カテゴリーアーカイブ

【2019.6.13】MD-11Fのうしろに

FedEx MD-11F N623FE

終日RWY34運用が続いていた成田空港。RWY34Lにラインナップするヒコーキを「さくらの丘」から狙う。

風が強く気温も低かったため、陽炎の悪影響は限りなく無いに等しい。ということでロクヨンに1.4倍テレコンを着けて840mmで撮影。

さて、RWYにせりあがってきたぞ!とファインダー越しにMD-11Fを狙っていると、なにやら背後に大きな目が。

うお!FLYING HONU1号機がトーイングされてきて絡んできた!!

(という驚きは確かにあったが、このタイミングを狙いすましていたという説が有力、笑)

特徴のあるヒコーキ同士が絡んでくれて、ちょっと嬉しかった。

FedEx MD-11F N618FE

これはFLYING HONUとのシーンの15分後に現れた別のMD-11F。

FedEx MD-11F N592FE

そして、これはFLYING HONUとのシーンの18分前に現れた別のMD-11F。

およそ30分の間に3機のMD-11Fに逢えるなんて、、シアワセ。

【2019.6.12】梅雨時期の気持ち

梅雨時期って撮影側の都合からすると、スッキリしない天気だなぁだけれど、時折太陽がヒコーキを明るく照らしてくれたり、曇天感満載だったり、雨が降ったり。

その変化量の大きさを楽しもう、という気持ちになっている。

梅雨の晴れ間は抜けが良いしね。

明日なんか、良いんじゃない?

FedEx MD-11F

MD-11Fの離着陸を日本国内で撮ろうと思えば
成田か関空の選択肢しかないかな

悪天候によるダイバード以外は

関空では展望ホールのオープン前に狙うとしたら
船上撮影が有効的だ

夏のこの青空の下で軽量なのか
成田へ向けて急上昇してクライムして行った

B767に匹敵する迎角の大きさといっていい

スクートやアエロメヒコのB787の
倍ぐらいの角度がないかな?
と思わせるほどの急上昇に見えた

とにかく運が良いね!

フェデックスは6月19日に、ボーイング767と777をそれぞれ12機ずつ
確定発注したとすでに報じられている通り
運行効率の良い機材への更新を進める

当然のことながら、MD-11Fの退役は時間の問題だが
フェデックスは今日現在で65機のMD-11Fを
世界中で飛ばしているようだから
案外もう少し長く飛んでくれているのでは?
なんて淡い期待を抱いているのだが

さて、どうなるか

Nikon D5 600mm
1/1250 f8 ISO160
JPG FINE 撮影
(3枚とも)

KIX 船上から

逆光側に立つ

_dsc1421-1

【Nikon D5 AF-S NIKKOR 600mm f/4G ED VR
1/1000 f8 ISO100 DxO OpticsPro11で現像】

日の出とともに出迎える着陸機を
どのポジションから狙うか

ボクは逆光側に立つことが多い

その心は

_dsc1422-1

【Nikon D5 AF-S NIKKOR 600mm f/4G ED VR
1/1000 f8 ISO100 DxO OpticsPro11で現像】

太陽の低い光を使って
ヒコーキにハイライトを入れたい

というのが根底にある

若い頃は広告写真スタジオ勤務だったので
しこたまライティングして写真を撮っていた

いわゆるブツ撮りだ

その際、ブツの立体感やツヤ感、メリハリ感を出すために
グリットおかまにハニカムをつけて(光を集光するもの)
逆光サイドからカツンと光を当てていた

そのライティングの感覚が
根底にある

_dsc1461-1

【Nikon D5 AF-S NIKKOR 600mm f/4G ED VR
1/1250 f8 ISO100 DxO OpticsPro11で現像】

これが本当のブツ撮りなら
手前からストロボを当てるか
レフ板で起こすのだが
ヒコーキはそのままが一番いい

ライティングするのは楽しかった
ただ、心の中では潔くない気もしていた

光を作ることはとてもクリエイティブなことだし
人と違う世界観を作り出せるもの事実

_dsc1464-1

【Nikon D5 AF-S NIKKOR 600mm f/4G ED VR
1/1250 f8 ISO100 DxO OpticsPro11で現像】

そこで行き着いた境地は
同じライティング下で写真を撮り
差が出る世界で勝負したい

一言でいえば、これに尽きる

狙いを明確にして
光を読み
立ち位置を決め
レンズを選択し
露出を合わせる

これほど言い訳できない
潔い世界が他にあるだろうか

もちろん被写体は
大好きなヒコーキで

もがきながらも
真剣にスタジオライティングをしてきたからこその
深澤らしいヒコーキの撮り方

逆光側に立つことの意味を考えるだけで
苦々しい思いと清々しい気持ちとが混ざり合う複雑さが
ボクの歪みにもなり素直さになり
チカラにもなっているんだと

最近ようやく気がついたところだ