安心感とインパクト

誰を対象に論じるかはよくわからず書きはじめるが、ご依頼を受け続けることはどういうことか。プロフェショナルの定義としては「写真を生業にしている」、「写真でお金を稼いでいる」、と単に写真とお金を結び受ける傾向にあるけれども写真とお金だけにテーマを絞って言えば、依頼主に「お金を払ってでもこの人に写真を撮ってもらいたい、取材に行ってもらいたい」と思ってもらえる存在であること。さらにはそういう存在であり続けること。

そこに尽きる気がしている。

私は23歳(1996年)で名古屋の広告写真スタジオに入社し、4年間のアシスタントを経て2000年にフォトグラファーに昇格。2007年にチーフフォトグラファーとなり2010年に独立をした。

広告写真スタジオは名古屋でも大きくて実力があり、カリスマ経営者と飛びっきり腕のいいフォトグラファーがいたから、厳しかったけれども運が良かった。

毎日誰よりも早く他の人が来る2時間前にはスタジオに出社し、毎日スタジオが保有する数台の車を洗い、ストロボヘッドのコードなどあらゆる機材を磨き、そしてコーヒーを入れて先輩方が出社するのを待つ。

とはいえ、東京のスタジオで有名フォトグラファーに見出されるためにレンタルスタジオで修行を積むのが当たり前であって、いくら頑張ったとはいえその人たちと比べたら結局はぬくぬくと温室育ちのようだったとも思うけれども、いわゆる下積みするべき時に、しっかりと下積みしておいてよかったと心底思う。

もうあの頃には戻れないからね。

下積みしたから凄いだろ、とか、こうあるべきなんだよ、なんてことが言いたいわけではなくって、あの頃やったことが結果的に自分自身の財産になっているんだなとこの歳(今年48歳)になって思うのね。

アシスタント時代、ただ単に早く出社していたわけではなくって、当時は100%フィルム時代だから納品箱にポジフィルムがファイリングされて入っているわけよ。

大手広告代理店や百貨店の撮影をしていたスタジオだから、写真にはめちゃくちゃ厳しい。先輩たちの写真のクオリティー、マジで半端なかったからね。

そのマジで半端ないクオリティーのポジフィルムを、一人で大きなビュアーで毎日見ていたの。

良い写真を見ているだけで、自分の撮影技術が上がったり写真がうまくなることはないんだけれど、意味のない時間では決してなかったと思うのよね(おネエぽく)。

その後もいろんな経験を積んできたから、ちょっとやそっとのことでは慌てないし、動じないのはあるかもしれない。

そこから生まれる安心感は、依頼する側としてはあるのかもしれないね。

あとはさ、インパクトなのよ。

航空写真家 深澤明 という名前の、インパクトなのよ(再びおネエっぽいけど、現実はそうではない、、、)。

今年はいろいろと展開しないとね。「深澤明」の名前が今まで以上に目に触れるように、仕掛けていこう。

最後まで読んでくれてありがとう。

環境大臣が育休中、誰がそのかわりをするのか、気になる深澤明が長々とブログを書きました。

About FUKAZAWA Akira_official

航空写真家 深澤 明 Aviation Photographer FUKAZAWA Akira 日本航空写真家協会 (JAAP) 正会員 日本広告写真家協会 (APA) 正会員 エースフォトグラファー株式会社所属
Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA