【2019.5.7】映えの功績か、功罪か

インスタ映え、という言葉が当たり前になって久しいが、WEB上でのみ写真を楽しむことが増えた。

もっと言えば、スマホ上のみで写真をアップして、閲覧する習慣が激増している感覚がある。

見た目のインパクトを求めてあらかじめ用意されたフィルタでエフェクトを効かせて、写真、というか画像を楽しむことは決して悪いことではない。

ハイコントラスト、高彩度、HDRぽいものから、本格的なモノクローム調まで様々な楽しみ方があるのは、手軽さも含めて楽しさはある。

雑な言い方をすれば、いままでフォトレタッチャーが人を惹きつけるビジュアルを制作する為に、Photoshopなどのツールを駆使して写真をレタッチしてきた。

巷で出回る一流広告レベルまでにはほど遠いが、レタッチャー気分に浸る感覚さえも忘れるぐらいの手軽さで、容易にレタッチできる手段を手に入れた我々は、写真を遊び道具として楽しんでいる。

ところが、大袈裟に言えばその世界観を「写真道」に持ち込もうとすると、拒絶反応されるのがオチだ。

「オーバーコントロール」。「やりすぎ」。「写真ではない」。などと酷評を受ける。

アリか、ナシか、の振れ幅の大きな議論が始まってしまいそうだが、こう考えてみてはどうだろうか。

「一度は振り切ってみればいい」。

現像での悩みの中に「どこまでやっていいかわからない」というものも多く聞かれる。

いわゆる、「いい塩梅」、「よきところ」が明確になっていない。

それらは自ら築き上げていくしかないのだが、映え過ぎてもいいから、一度いくところまで行ってしまおう。

映えを否定して何もしないよりは一度振り切って戻ってきたときに、「このぐらいならいいかも」と気づいて見えてくることもあるかもしれない。

あえていうなら、「オーバーコントロール」を恐るな。気をつけてばかりいては、何も始まらないし、何も変わらない。

気をつけるのは、どこまでが「オーバーコントロール」なのかが、明確に理解してからのことだ。

結果ではなく、過程のことなので、慎重な部分の話ではあるけれども、これだけは言っておきたい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA