巨匠 青木勝氏


昨夜、小さな頃から憧れていた
航空写真家の巨匠 青木勝氏と
初めてお会いすることができました

青木勝氏との写真・カメラ談義の一つ一つが
心に刻まれる幸せな時間でした

実は、青木勝氏と亡き父とは
写真短期大学時代の同期でした

その事実は私が学生時代の時に父から聞いていて
ずっとお会いしてみたいと思っておりました

しかしながら、心のどこかでは
いつか必ずお会いすべきタイミングがあるはず

そう確信していたのも事実

今年の6月に一度お会いできそうなチャンスが巡ってきましたが
私のノックスクートのバンコク取材をと重なり実現しませんでした

すると、今度は青木氏の方から
いつも大変お世話になっているN氏に

「資料を整理していたら
同窓会名簿に深澤敏明さんの名前を見つけました」
これは深澤くんのお父さんに違いない

と思ってくださったそうで

機会があれば学生時代の父のことを少しはお話できますよ

と連絡をくださったのです

航空写真家の道を歩んでいてよかった
一つ一つコツコツとやってきてよかった

人との繋がりからチャンスをいただき
航空写真家として今日まで頑張ってこられたのは
ひとえに皆さんのおかげなのです

おそらく天から見守っている父が

「そろそろ青木勝氏に会ってもいいぞ!」

と少しは認めてくれたのかもしれません

別れ際には青木勝氏と固い握手を交わさせていただきました

とても大きくて厚みのある
本物のカメラマンの手はこういう手を言うんだな
と思わせてくれる、温かい手でした

これからも青木勝氏のような深みがあり
人の心に響くヒコーキ写真を目指して
さらに航空写真家として精進してまいります

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA