東京上空のヘリ空撮ができなくなる?!


2019年まではできるけれども
2020年には東京上空でのヘリコプターでの空撮が
(正確にはセスナも同様だが)
できなくなりそうだ

理由は、羽田空港のPCAができるからだ

※PCA Positive Controlled Airspace 特別管制区 

国土交通省のウェブサイトによれば
羽田空港へ北側からの16L、16Rへの着陸を
国際線の需要が集中する午後の時間
15:00〜19:00に限り運用するという着陸方式が
具体化へ向けて動いている

それに関する説明会がすでに複数回
ヘリコプター運航会社などへ行われているという

運用時間が15:00〜19:00に限り、とあるが
飛行禁止は終日に渡ると説明されているそうだ

つまりは、24時間
管制機関から許可された場合を除き
東京上空のVFRによる飛行が禁止されることを意味する

最近の報道では米軍の空域の通過と
日本の管制官による管制を要望している日本側の要求に
アメリカ側がNO!を突きつけている

日米間で目下交渉中だとは思うが
落としどころがいつ、どこになるのか
注目している

これらの写真たちが
貴重な1枚1枚となる日が
確実に近づいている、、、

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA