撮りたいものは


「機体そのものですよね」

2タミのデッキで
最近よくバッタリ会う人生の先輩と
撮影をしながら話をしていた

雲と絡めるのもいい

様々な構造物と絡めるのもいい

でも、最終的には

「俺ってヒコーキそのものにしか興味ないんだなぁ」

って思いますよねと、笑い合った

ヒコーキをいかに格好良く撮るか

全体でも切り取りでもシルエットでも
そのことしか考えていない

白い塗装に空や他のヒコーキが映り込んでいる

どこを見て
何を感じ
どう撮りたいか

写真ってその人となりが
現れている気がしてならない

それは、興味深くもあり
怖くもある

そして、何よりも楽しくもある

所詮この世は
直線と曲線でしか成り立っていない

直線と曲線

それを何で描くかは
フォトグラファー次第でもある

深い洞察力と想像力
そして、それを意図通りに仕上げる技術力

難しく考えれば答えは見えないし
シンプルに考えれば、これまた答えが見えない

だからこそ、探究心に火がつき
日々写真と向き合うのだ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA