夏に撮りたいもの


NH_B777-200_JA712A_HND_20160729_0002

【Nikon D5 AF-S NIKKOR 80-400mm f/4.5-5.6G ED VR
1/2500 f8 ISO100 DxO OpticsPro11で現像】

夏の強い光だからこそ生み出される明暗差

写真の醍醐味は明暗差にあると断言して構わない
それがヒコーキ写真となればなおさら

白い塗装がメインの機体を狙うことにはなるが
特に夏の日没2時間前から1時間前にかけての
低い位置から強く照らす太陽の光

この光に当てられたヒコーキは光り輝き
独特の存在感を放つ

NH_B767-300_JA8670_HND_20160728_0002

【Nikon D5 AF-S NIKKOR 80-400mm f/4.5-5.6G ED VR
1/500 f8 ISO100 DxO OpticsPro11で現像】

気象条件の変化を捉える

房総半島方向に雲が発生しやすく
時に幕張あたりで夕立が降る

海の向こうは雨雲でやや暗く落ちる

しかし、ランプやRWY上のヒコーキには
しっかり低い位置から太陽の光が強く当たっている

この瞬間に出会うために
羽田に通っていると言ってもいい

BC_B737-800_JA73NJ_HND_20160728_0001

【Nikon D5 AF-S NIKKOR 80-400mm f/4.5-5.6G ED VR
1/500 f8 ISO100 DxO OpticsPro11で現像】

白基調の機体を浮かび上がらせるバックグラウンドとしての
海と空、それにかすかに見える幕張のビル群

主役であるヒコーキに
太陽の光が申し分なく注がれている

ひと昔の僕なら
もう一段ぐらい露出をアンダー目にしていただろうが
いまはこのぐらいの雰囲気が好きだ

JL_B767-300_JA8980_HND_20160728_0002

【Nikon D5 AF-S NIKKOR 80-400mm f/4.5-5.6G ED VR
1/800 f8 ISO100 DxO OpticsPro11で現像】

ヒコーキが主役
背景が引き立て役

その2役にそれぞれ分離してライティングするのが
スタジオでの理想的な撮影ワーク

だが、外でヒコーキを撮るとなると
自分自身でコントロールはできない

太陽光1発ライティングでどう撮るか

強くて芯のある光にライティングされたヒコーキ
夏に撮りたいのは、これだ

JL_B737-800_JA350J_HND_20160728_0001

【Nikon D5 AF-S NIKKOR 80-400mm f/4.5-5.6G ED VR
1/600 f8 ISO100 DxO OpticsPro11で現像】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA