ポジフィルム的発色とトーン


_DSC1128

デジタルカメラになって
といってもフィルム時代は遥か昔の話の感もあるが
ずいぶんと高画質になり発色もよくなった

現像ソフトのパラメータによって
ハイライトを抑えシャドウを救う
いわゆるダイナミックレンジを広く使えるようになった

変な表現だが
コントラストが高いようで低い、低いようで高い
不思議な写真も作り出せる

ただ最近思うことは
ポジフィルムの現像が仕上がってきたときの
あの胸のときめきとワクワク感は
快感だったと

いやいや、ここで単なる思い出話をしようとしているのではない

_DSC1082

そこでポジフィルム的写真現像をしてみた

主に富士フィルムのポジフィルムを使っていたので
こんなトーンでこんな発色だったなと思い出しながら

当時はRDPIIやRVPを使用していた

色温度はいまのようにワンクリックで
ニュートラルを得る、なんて芸当はできず
LBBフィルタなどを使用して色温度を上げたりしていた

おそらくデジタルのみの感覚だと
シャドウ部をもっと出すだろうし
ミッドトーン(中間調)も少し明るくする

作品性を強く意識するなら
思いっきりシャドウ部をつぶして
高コントラストな写真に仕上げることもある

_DSC1282

いきなり結論めいたこと書くとすれば
デジタルになったからといって
あまり欲張らない方がいい

あれもこれも救っているうちに印象の弱い
人の心に響かない写真になりかねない

単にきれいな写真が
人の心に響く写真である
とは言い切れない

それは高画素や発色の良さだけでは
語りきれない部分なのだ

撮り手が飛行機の中でどこを見ていて
どこを一番捉えたかったのか

それを一番素直に示していたのが
ポジフィルムであったとすれば
デジタルにおける現像ソフトの扱いも
ある程度いじりまくって様々な写真を生み出したあとは
ある一定のやり方、表現の仕方に
固まってくるのではなかろうか

それが自分の中でフィルム化して
意識が撮る対象物へグッと傾き
写真本来の「何を撮ったか」に
行き着いていく気がしてならない

2 thoughts on “ポジフィルム的発色とトーン

  1. おめでとう!君も確実に歳を取った証拠だよ。

    人生も写真もアリのままに、が一番難しいが、いい!!!
    これからもいい歳を取りながらいい写真を撮って下さい。

    そしてかっこ良く生きていってね。

    クソ爺より

    • かざまさん

      いつもありがとうございます!
      ありのままに写真を撮っていきます。
      かっこ良く生きていきます!
      お会いできるのを楽しみにしております♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA