【2019.5.23】深呼吸しながら

城南島の朝は気持ち良すぎた。

やや冷んやりとした空気が穏やかな風となって頬をかすめていく。

ロクヨンはもちろん手元にあったが、一度も使わなかった。

心身ともにニュートラルにキャリブレーションされた感じ。

そんなに機械的人間ではないけれど、色んな意味で、いい間が取れた気がした。

【2019.5.22】光の芯はどこだ

光の芯がどこにあり、どのぐらいの強さなのか。

写真は「光の明暗差が大事」と日頃から口にしているのだが、光の芯の位置と強さがわかっていると、そこを基準点にすることができる。

そこに露出を合わせたときに、それよりも暗い部分がどう写るのか。

頭で自然と考え、捉えていることなので理屈にしようとするとややムズカシイが、逆にいえば光の芯の位置と強ささえ捉えていれば、明暗差を活かして表現幅も広がるということ。

【2019.5.21】VNの色

オートホワイトバランス (白優先) で撮ると青っぽさが浮き出る(正確にはシアン)

VNの色は再現が難しい。光の当たり方によっても変化が大きいけれども、見た目と撮影した写真データとのギャップが大きい。

上の写真はNikon D5で白優先のオートホワイトバランスでJPG撮影したもの。

こんな色ではなかったなぁ。もっと濃い緑色の印象が強いなぁ。

そこで、ベトナム航空のウェブサイトを見てみると、、、

https://www.vietnamairlines.com/jp/ja/plan-book/our-fleets

おそらく写真だと再現性が難しかったんじゃないかな。イラストしかなかった。

その色を参考に「シアン系」の色相を回して見て色を探ってみる。

ウェブサイトのイラストには近くなった。でもね、現場ではもっと濃くて深い緑色を感じるんだよね。

イメージとしてはこのぐらいの印象。

これでもまだゴールではない気がするけれど、なかなか再現するのが難しい。

ウェブサイトでは ↑ の色味なんだけれど

印象は ↑ こっちの方が近い。

これよりは

こっちな気がする。

これね、いま予定があるわけではないのだけれど、もしVNのフライトレポートの仕事が入ったとき。もしくはVNが特集されるとき、印刷される写真データの追い込み方を想定しておかなければと思うのね。

深い青色、深い緑色は印刷領域として難しい部分だが、誤解のない色に仕上げないとと思う。

【2019.5.20】空の青さをそのままに

JAL B787-9 JA871J

空の青さをそのまま活かしたくて、所有しているレンズで1位2位を争う青空が綺麗に写るレンズで撮影をした。もちろん、撮りっぱなしのJPG写真だ。

レンズによって機体の白色、空の色、鶴丸の赤の色など微妙にそれぞれ違う。

色だけでなく、同じ露出設定にしても1/3段から1/2段、レンズによっては2/3段ぐらい違うものもある。

ぞれぞれの特徴を感覚的に理解しておくことも必要だ。

MAS A350-900XWB 9M-MAC

梅雨入り前の五月晴れは光線状態もよく、気持ちのいい写真が撮れる。何もせず撮りっぱなしで十分過ぎる綺麗さだ。

ALK A330-300 4R-ALO

空をやや濃くしたければC-PLフィルターを使用するのもアリだが、ストレートにいこう。

【2019.5.19】オフショット

HND RWY16L 離陸の1機前はANAのB777-300だった

この日羽田の天気は小雨まじりの曇天だったが、目的地は晴れているという情報だった。フライト中も取材だが、ちょっとしたオフショットを楽しんでいる。

普段見られないアングルからヒコーキを見るのは、いつでも楽しいものだ。

国際線用のターミナルもだいぶ出来上がってきている

早朝便ということもあって、スポットに駐機中のヒコーキが多めだ。離陸が早かったこともあり、空撮感満載のショットとなった。

現地では助手席に座っていたので、車の窓からいい景色を見つけては気ままに撮っていた。最終日には見事な光芒が現れ、夢中になってシャッターを切っていた。

走行中の車からなので、シャッター速度は速めに設定。ブレ感がないようにした。

【2019.5.18】理想的な季節

朝の成田空港。RWY16運用時のヒコーキを1タミの展望デッキから撮影するときの光の当たり方は、今の季節が理想的な気がする。

ノーズ側へ理想的な角度で当たってくれて色温度も高く、白抜けがいい。

しかも陽炎が少ないときたものだから、願ったり叶ったり。取材前に関わらず夢中になって撮影していた。

さらに、雲がこのような濃淡のある背景を演出してくれて、さらに喜びが増す。

特にこの日はクリアな空気だったけどね。

すべてJPG撮影。

【2019.5.17】エゴコロ

エゴコロって、鍛えることができるのだろうか。

写真にセンスの有無は確実にある。エゴコロもそう。元々兼ね備えているような人って必ずいる。

どのレベルの話をするかを規定しないのは若干危険だが、頑張ればなんとかなるものなのかな。

なんとか、なるといいな。

【2019.5.16】夕陽に輝く機体

この1機だけが、見事に夕陽に照らされて輝いてくれた。

こういうドラマティックな光景に出逢えたら、JPG撮影のデータで十分。

ちょうど濃度の濃い雲がバックになってくれて、ラッキーだった。

富士フィルムのベルビア50を思い出す発色だね。ISO64相当で撮影して、いつも1/2増感していた。

ベルビアだともう少しオレンジっぽく写るし、もう少しコントラストが高くなる。

ま、ベルビアを語ると思い出話になってしまうが、デジタルのJPG撮影でこの仕上がりなら、文句はない。

【2019.5.15】A350XWBの黒いコクピット窓

A350の特徴の一つ。黒いコクピット窓。怪傑ゾロにちなんで「ゾロマスク」などと呼ばれているそうだが、これってなんで黒いんだろうね。

このコクピット窓周辺を黒するのを正式には「シェイズ・リバリー」と呼ばれ、A330neoにも採用される。

デザイン的理由ではなく、航空力学に基づい効率化をさらに拡張するもの。

気流の流れを減少させる効果もあって、空気抵抗の軽減に繋がるんだとか。

また、窓を黒くすることで窓の温度調節が容易になるだけでなく、少しくぼんだ状態にすることでコクピットクルーの視界をよくするのも狙いなのだそうだ。

まあでも、サングラスをかけているように見えて、面白い特徴だよね。

【2019.5.14】久しぶりの飛んでいるハワイアン

飛んでいるハワイアンの機体を久しぶりに撮影した気がする。日没後のやわらかい光の中で捉えることができた。だいぶ陽も伸びたね。

A330はファイナルアプローチ中、機首を上げ気味なので対角線構図に収まりやすい。

成田のB滑走路 (RWY16L) 順光側のお気に入り撮影ポイントから、600mmに1.4倍テレコンをつけて840mm相当。立ち位置にもよるけれど、840mmがしっくりくる場合が多い。